雑記感想フリーソフトアプリ

最近使い始めたフリーソフトのボタン型デスクトップランチャー「CLaunch(クランチ)」が便利だったので感想とメモ。

CLaunch01


スポンサーリンク


スポンサーリンク


スポンサーリンク

CLaunch Version 3.24 対応OS Windows 98/ME/2000/XP/Vista/7/8

14年のサポート切れまで長く使っていたWindowsXPから、Windows7に切り換え使い始めてからは割りと標準のタスクバーとデスクトップのショートカットとかで間に合ってた感があったけど、やっぱりなんか不便な感じもしたので数年前に使っていた画面左下にマウスポインタを持ってくと現れ、外すと隠れるL字型をしたデスクトップランチャーに似たようなソフトがないかなと、探してみて見つけたのが「CLaunch」だった。以前使っていたソフトは名前を完全に忘れてしまったうえ、検索しても見つけられなかった。

ウェブブラウザとかソフトを複数同時に開いていると、デスクトップのショートカットは画面右下の「デスクトップの表示」とかソフトの最小化をしないと使い辛く、windows7標準のタスクバーもいまいち機能やカスタマイズ性がしょっぱいので、以前使っていたソフトの使い心地の再現を目指した。

なんかあっさりと以前使っていたランチャーっぽい使い心地を再現できた!

さっそくインストールしてオプション設定を開くと「ギャー、タブがイッパイー」って感じだったけど、設定タブを一つずつ見ていくとそれっぽいのがすぐ見つかった。画面の左下にマウスポインタを持っていった時だけニョキッと出てきて、マウスポインタが離れるとスッと消えるように設定する。

とりあえず、「マウスポインタがウィンドウ外へ出たら非表示化」にチェックを入れる。次にディスプレイっぽい絵の左下角の部分をクリック。

CLaunch オプション エッジ

出てきた「CLaunch表示」をチェック。これであっさり完了だった。

CLaunch オプション エッジ02

使い方が直感的で簡単!ランチャーの幅や表示は色々カスタマイズできちゃうみたい

アプリの登録方法とかは簡単でいて直感的。表示されたCLaunchの枠の中にアプリのアイコンをドラッグ&ドロップしたり、好みの枠の中で右クリックして適当に登録すればいいだけ。並び替えもドラッグ&ドロップでOK!

ウィンドウの端を掴んで伸ばせば上下左右斜めにびよーんと伸ばしたり縮めたりして好みのサイズに調節も可能。

CLaunch サイズ調整1

CLaunch サイズ調整2

ウィンドウの特に何もないところを右クリックして出てくるメニューから「表示モード2」を選ぶと小さめのアイコン+アプリなどの登録名の表示でも使える。

CLaunch 表示モード2

任意のウェブブラウザで任意のURLを開くショートカットを作る

自分はFirefoxが既定のウェブブラウザだけど、艦これはGoogleChromeでプレイしているので、艦これのページをchromeで一発で開くショートカットを作ってみた。

まずはドラッグ&ドロップでも右クリからの登録でもいいのでGoogleChromeをCLaunchの空いてる枠に登録する。登録されたGoogleChromeのアイコンを右クリックして「プロパティ」を選択して開く。後は「パラメータ」の部分にURLをコピペするなり、直接打ち込んでOKすればショートカットの完成。

「名前」と「ツールチップ」が同じだと見分けにくいのでお好みで編集するといいかも。アイコンも好きなのに変更できるのでお好みで、今回はブログに載せてる赤城さん画像をアイコン化して登録した。

CLaunch ボタンのプロパティ2

CLaunch01

メモリ使用量とセキュリティソフト対策

タスクマネージャーで見るとメモリ使用量はウィンドウが隠れてる時で400~1000KBくらい、ウィンドウを表示したときで1000~1500KBくらいだった。windows7home32bit機で一ヶ月ほど使ってみてエラーや強制終了もなく、動作は軽く安定している。スタートアップに登録して常用中。

自分はセキュリティソフトにCOMODO internet securityを使っているけれど、インストールしたCLaunchフォルダにある「CLHook.dll」がHIPS機能に引っかかり「CLaunch.exe」と合わせて、例外設定や許可設定しないと使えなかったので、他のセキュリティソフトでもそういった対処が必要になるかもしれない。

あるアプリを経由して別のアプリを起動させるという挙動は、セキュリティソフト的には要監視対象なのでしょう。

もう手放せない

他にも語り尽くせないほどに機能が満載で色々なことができてしまうみたいだけれど、基本的には直感的かつシンプルな操作感&使用感で、すごく使い勝手が良く、もう手放せないソフトになりました。

何より自分が思い描いた使用感を簡単に実現できたのが嬉しかったです。作者さんに感謝!


スポンサーリンク

この記事をシェア

関連コンテンツ

関連記事
関連記事
コメント 0
コメントはありません。
コメントフォーム
※迷惑コメント対策のため画像認証・承認後表示・本文中URL不可となっています。
※書込みの際は「当サイトについて」を一読の上、節度・マナーを守ってご利用ください。