艦これE-218冬イベ「捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(後篇)」

E2ボスマスでドロップチャンスのある「国後、松輪」をメインに、おまけの「葛城」も狙って、中型艦主体の栗田艦隊編成で掘り周回をお試し!

艦これ2018冬イベントE2甲掘り周回 マップ鳥海


スポンサーリンク

関連記事:2018冬イベント

海域攻略

最終海域:E-7

レア艦掘り

その他

イベント概要

艦これ2018冬イベント 公式バナー
引用元:艦隊これくしょん -艦これ- - オンラインゲーム - DMM GAMES

ざっくり概要

  • タイトル:【捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(後篇)】
  • モチーフ:レイテ沖海戦
  • 開催期間:2018年2月17日~3月23日(金)午前11時までの予定
  • 後段作戦は2月22日(木)に開放
  • 作戦海域数:全7マップ(前段作戦4、拡張作戦3)
  • 難易度:甲・乙・丙・丁の4段階難易度から選択
  • 出撃制限:識別札は全5種類
  • 新艦娘:全7隻(前段作戦4、拡張作戦3)
  • 7隻編成「遊撃部隊(第三艦隊)」と「警戒陣」が復活
  • 一部海域のボス夜戦でNPC友軍艦隊が来援

作戦海域モチーフ&お札

  • E1:パラワン水道(札:警戒部隊)
  • E2:シブヤン海海戦(札:栗田艦隊、西村艦隊)
  • E3:第一次エンガノ岬海戦(札:小沢艦隊)
  • E4:サマール沖海戦(札:栗田艦隊、西村艦隊)
  • E5:多号作戦(札:志摩艦隊)
  • E6:レイテ沖機動反撃作戦(札:志摩艦隊、栗田艦隊)
  • E7:第二次エンガノ岬海戦(札:なし、全艦出撃可)

※「甲・乙」で海域攻略中だとE7到達までは「西村艦隊」「志摩艦隊」のお札が付いた艦娘は「連合艦隊」編成が不可となる模様。

大淀さんからの作戦説明

E1で掘れる「占守、択捉」などと同時に使用することで耐久値強化用の近代化改修素材になる「国後、松輪」をメインターゲットに、ボスZマスを掘り周回!ついでに葛城ドロップも狙っていく!

E2では、基地航空隊を1部隊運用(出撃)可能で、空襲は発生しない。

艦これ2018冬イベントE2甲 大淀さんからの作戦説明

史実艦

E2上ルートの史実艦は「栗田(鈴木)艦隊」となっていて、難易度「甲」だと最短ルート進行に8隻以上が必要となる。

史実艦による特効ダメージは、「キャップ後1.1倍以上(?)」くらいあるらしい!

栗田艦隊(第一遊撃部隊:第一部隊)

  • 戦艦:大和、武蔵、長門
  • 重巡洋艦:愛宕、高雄、摩耶、鳥海、妙高、羽黒
  • 軽巡洋艦:能代
  • 駆逐:島風、早霜、秋霜、岸波、沖波、朝霜、長波、浜波、藤波

鈴木艦隊(第一遊撃部隊:第二部隊)

第二部隊も「栗田艦隊」として扱われる模様。

  • 戦艦:金剛、榛名
  • 重巡洋艦(航巡):鈴谷、熊野、利根、筑摩
  • 軽巡洋艦:矢矧
  • 駆逐:浦風、磯風、雪風、浜風、清霜、野分

海域情報

艦これ2018冬イベントE2甲 海域バナー

  • 海域名:シブヤン海
  • 作戦名:威風堂々 出撃!栗田艦隊(シブヤン海海戦)
  • 作戦内容:第一遊撃部隊第一部隊及び同第二部隊水上打撃部隊「栗田艦隊」抜錨せよ!同第三部隊「西村艦隊」も援護に出撃!
  • 編成条件:通常艦隊・遊撃部隊・連合艦隊などで編成(Zマス掘りだと連合編成)
  • 艦種制限:特になし
  • 識別札:進行ルートにより「栗田艦隊」「西村艦隊」の札が付く。「栗田艦隊」札付きはE1・E3・E5の「甲・乙」に出撃不可。「西村艦隊」札付きは、「甲・乙」のE1・E3・E5・E6への出撃と、攻略中の難易度が「甲・乙」の場合にE7到達まで連合艦隊編成不可。
  • 参考:捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(後篇) - 艦隊これくしょん -艦これ- 攻略 Wiki*

マップ・ルート

水上打撃部隊を編成し最短の全5戦ルート[2-L-P-Q-T-U-V-W-Z]を進行、ボスZマスでのレアドロップを狙っていく(≧∇≦)/

安定周回&燃費もそれなりに抑えるために、巡洋艦クラスを主体とした中量級艦隊にガチガチ対空&開幕雷撃を仕込んでの編成を試してみた。

艦これ2018冬イベントE2甲 マップ「シブヤン海」

ポイント

  • B/D/L/P/Q:戦闘なし
  • A/E/F/G/H:潜水マス(弾薬消費なし)
  • C/I:水上艦&潜水艦の混成艦隊
  • K/M/R/T/U:空襲戦マス
  • V/W:通常戦
  • S:夜戦PTマス
  • X:夜戦マス(水雷&PT)
  • Y:払暁戦マス(夜戦→昼戦)

ルート制御

連合艦隊「水上打撃部隊」で編成すると「2」、それ以外の編成だと「1」からスタートの模様。

難易度「甲」だと、栗田艦隊の史実艦8隻以上&速力高速統一で最短ルート。低速艦が混じっていると[Q→R]逸れ。

レアドロップ率

poiを参考としたボスZマスでの主なレア艦ドロップ率は以下のとおり(※母数の関係で丙・丁やA勝利分は割りと誤差があるかも)。

難易度「甲」のS勝利だと国後と松輪は「約6%」、葛城も「3%+」でのドロップが見込めそうな雰囲気(≧∇≦)b

S勝利

国後6.3%6.6%5.6%4.7%
松輪6.3%6.4%5.3%3.3%
葛城3.7%1.8%1.9%2.0%

A勝利

国後3.1%3.9%1.8%3.3%
松輪3.2%1.4%2.0%2.3%
葛城0.0%0.0%0.0%0.0%

編成・装備


スポンサーリンク

ルート制御&特効ダメージのために「栗田(鈴木)艦隊」8隻を組み込んだ水上打撃部隊を編成。道中戦での被害軽減とボスS勝利安定のために、対空装備と先制火力用の開幕雷撃をたっぷり仕込んでいった。

制空値

本隊制空値は「462~603」あたりに調整。道中で航空均衡~制空権確保、ボス戦では基地航空隊の制空支援を受けて主に航空優勢を狙った。

道中を均衡~優勢でいくなら「450+」、優勢~確保狙いなら「580+」くらいが目安になる感じ。ボスZマスは、制空値「600+」スタートだと、基地航空隊の調子次第で制空権確保をたまに取れそうな気配。

制空ボーダー(前哨戦)

  • Tマス(高):確保: 876 / 優勢: 438 / 均衡: 195 / 劣勢: 98
  • Tマス(低):確保: 669 / 優勢: 335 / 均衡: 149 / 劣勢: 75
  • Uマス(高):確保: 1008 / 優勢: 504 / 均衡: 225 / 劣勢: 113
  • Uマス(低):確保: 864 / 優勢: 432 / 均衡: 193 / 劣勢: 97
  • Wマス:確保: 558 / 優勢: 279 / 均衡: 125 / 劣勢: 63
  • ボスZマス:確保: 864 / 優勢: 432 / 均衡: 193 / 劣勢: 97

参考:制空権計算機 - 艦これ計算機

第一艦隊:[重巡2+航巡2+軽空2]

第一艦隊には「栗田艦隊」組を6隻投入。弾着観測射撃の重巡・航巡を主戦力に、制空要員の軽空を採用。

戦力補強をする際は金剛or榛名の1隻を重巡・航巡と交替していた。下記画像の制空装備構成だとボス前Wマスで制空権確保。

※クリックで大画像
艦これ2018冬イベントE2甲掘り周回 第一艦隊編成1 小

彩雲&道中均衡~優勢構成

ボス戦T字不利を回避するための彩雲&道中で均衡~優勢を狙う際の構成。軽空の艦戦を1スロ減らし、航巡の水戦を「対空噴進弾幕」用の「12cm30連装噴進砲改二」などに変更していた。

※クリックで大画像
艦これ2018冬イベントE2甲掘り周回 第一艦隊編成2 小

戦艦・重巡・航巡:金剛、榛名、高雄型、妙高、羽黒、利根、筑摩

[主砲×2+水偵+徹甲弾/水戦/艦隊司令部施設]などで弾着観測射撃&護衛退避など。

摩耶様には対空カットインの発動率重視で[主砲×2+特殊高角砲+水偵+(特殊機銃)]で、連撃&副砲カットイン&特殊対空カットインを仕込んだりもした。特効ダメージと敵が大して堅くないのもあって副砲CIもそこそこ使える感じ!

軽空:鈴谷、熊野

[艦戦+彩雲]で制空&ボス戦T字不利防止。第二艦隊を史実艦2隻で組めるように、制空要員にも栗田艦隊の鈴谷と熊野を投入!

艦攻・艦爆を積むこともできるだろうが、生存性があまり高くなさそうなのと、ボーキサイト消費節約のために艦戦キャリアーにしていた。

第二艦隊:[軽巡1+駆逐2+雷巡3]

道中突破&先制火力確保のために[開幕雷撃×4、対空カットイン×2]を仕込んで編成。史実艦は、栗田艦隊の駆逐艦2隻を投入。

キラキラ維持のために旗艦は軽巡・雷巡を中心にローテーションしていた。片割れの駆逐艦が大破すると護衛退避できなくなるリスクはあるけれど、駆逐艦を旗艦にするのも良いかもなあ。

※クリックで大画像
艦これ2018冬イベントE2甲掘り周回 第二艦隊編成 小

駆逐:栗田組

[秋月砲×2+対空電探]で夜戦連撃&対空カットイン。史実艦特効があり、ボス艦隊には高装甲の敵もいないので、適当な栗田艦隊の駆逐艦で良さそう!

軽巡・雷巡:阿武隈、北上、大井、木曽

[甲標的+(魚雷/高角砲/対空電探)×2]で開幕雷撃&対空補助。ボス夜戦よりも昼戦を優先して、対空と開幕雷撃用の装備を積んでいった。

艦隊防空的にも対空カットインの発動率が重要なので、北上・大井には[秋月砲+対空電探]での汎用対空カットインを使うこともあった。

支援艦隊

支援艦隊は節約のために使わなかった。

基地航空隊

E2では1部隊を運用(出撃)可能で、空襲は発生しない。

主なポイントへの到達に必要な戦闘行動半径は、[ボスZマス:10、Wマス:9、Vマス:9、Uマス:8、Tマス:7]となっている模様。

参考:基地航空隊 - 艦隊これくしょん -艦これ- 攻略 Wiki*

編成・運用

ボス戦での制空・火力支援のために、[二式大艇+陸戦2+陸攻1]の部隊をボスZマスに集中出撃させていた。

火力支援重視ならば、[二式大艇+陸戦1+陸攻2]の航空劣勢×2でぶつけるのも手になりそう!

  • 第一:[二式大艇1+陸戦2+陸攻1]ボスZマス集中(制空値196~均衡×2)

艦これ2018冬イベントE2甲掘り周回 基地航空隊 編成&ポイント

道中戦

初戦:T空襲戦マス

初戦は、黒艦載機の「空母棲姫」を旗艦とする機動部隊相手の空襲戦。陣形選択:輪形陣「第三警戒航行序列(輪形陣)」。

航空優勢&高角砲たっぷり&対空カットインを組み合わせても、ある程度は事故るのが厄介なところ。航巡や軽空は可能であれば対空噴進弾幕を使うのも有効そう。

艦これ2018冬イベントE2甲掘り周回 初戦T空襲戦マス

2戦目:U空襲戦マス

2戦目も黒艦載機の「軽母ヌ級改flagship」を旗艦とする空襲戦マス。陣形選択:輪形陣「第三警戒航行序列(輪形陣)」。

ハズレ編成だと随伴空母が赤オーラタコ焼きの「軽母ヌ級flagship」×2隻となるが、初戦の「空母棲姫」よりかは幾分ましな印象(;´∀`)

艦これ2018冬イベントE2甲掘り周回 2戦目U空襲戦マス

3戦目:Vマス

3戦目の敵は、単縦陣or複縦陣の水雷戦隊。陣形選択:単縦陣「第四警戒航行序列(戦闘隊形)」。

開幕雷撃と第一艦隊の弾着観測射撃で楽に突破できることが多かったけど、たまに撃ち漏らして第二艦隊の砲雷撃戦までもつれ込む事があったので、火力補強に金剛・榛名の投入も有効ぽかった。

艦これ2018冬イベントE2甲掘り周回 3戦目Vマス開幕雷撃

4戦目:Wマス

ボス前のWマスは赤オーラタコ焼きの「軽母ヌ級flagship」×2&「戦艦ル級flagship」×1隻を主力とする護衛空母部隊。陣形選択:単縦陣「第四警戒航行序列(戦闘隊形)」。

敵の陣形は単縦陣/複縦陣/輪形陣の3パターンとなるが、単縦・複縦だと砲撃戦での中大破が起きやすいので、開幕雷撃が上手くばらけて刺さるのを祈る!

艦これ2018冬イベントE2甲掘り周回 4戦目Wマス砲撃戦 摩耶

ボス戦


スポンサーリンク

ボス編成

ボス艦隊は、黒艦載機の「軽母ヌ級改flagship」を旗艦とする単縦陣の連合艦隊。陣形選択:単縦陣「第四警戒航行序列(戦闘隊形)」。

基地航空隊の制空支援があれば航空優勢は安定して取れるので、対空カットインを絡めて敵空母の艦載機(艦攻・艦爆)の全滅を狙いたい。特にフラヌ改は高火力&命中なので、棒立ちにさせることができれば被害軽減効果が大きい!

艦これ2018冬イベントE2甲掘り周回 ボスZマス航空戦

砲撃戦

史実艦特効ダメージを持つ重巡・航巡クラスの弾着観測射撃が結構良いダメージを出してくれるので、道中損傷が大きくなければ、ボス戦での火力は概ね事足りる印象だった。

ただ、反航戦・T字不利で噛合せが悪かった場合を想定すると火力不足もあるかもしれないので、念のために金剛か榛名を1隻入れておくと安定性が増しそう!

とりあえず12周したところだと昼戦で全てS勝利を取れていたが、保険として夜戦連撃艦を2~3隻くらい組み込んでおくと安心かな?

艦これ2018冬イベントE2甲掘り周回 ボスZマス砲撃戦 鳥海

動画:周回風景

自分的周回難易度:★★☆☆☆

戦績

  • 出撃:12回(ボスS12)
  • 備考:護衛退避1、バケツ23

まだ周回数が少なくて掴みきれないところもあるが、史実艦と開幕雷撃を組み込んでおくと中量級の編成でもそこそこ安定して周れそうな印象だった。バケツは1周あたり2~3個は使う感じかなあ。

ボスマスでも制空権確保を高確率で取るために、第二艦隊の軽巡枠に由良改二あたりを入れて開幕雷撃をさせながら水戦で追加の制空値を稼ぐのも面白そうだった。二隻目の由良さんが欲しい!

開幕雷撃は「×4」だと狙いが重なってオーバーキルになることも珍しくないので、「×3」体制で編成の幅を広げるのも良さげ!

補給

基地航空隊も含めた1周あたりの補給・出撃コストは、[燃料400、弾薬500、ボーキサイト150~200]くらいになっていた。

艦これ2018冬イベントE2甲掘り周回 補給

艦載機の被撃墜数

艦攻・艦爆・水上爆撃機は積まなかったので、艦載機の全滅・熟練度減少は無し。

航巡1隻を水戦キャリアーにすれば、鈴谷・熊野の搭載15スロに艦攻・爆戦系などを載せてボス前Wマスでも制空権確保が狙えるので、ボーキ消費を増やして安定性を補強するのも強そう!

所要時間&疲労管理

補給・再編成など諸々含めた1周あたりの所要時間は、ながらプレイで10~12分くらいになっていた。

全5戦ルートで周回時間が長めなのと、そこそこバケツを使うことになりそうなので、撤退がなければ3~4周くらいは休憩無しでも大丈夫ぽかった。疲労対策に第一・第二艦隊共に旗艦ローテーションを使うのも有効ぽい!

レアドロップ

ボスS勝利で「高雄1 藤波1 陸奥1 鬼怒1 野分1 能代2 最上1 夕雲1 金剛1 伊勢1 利根1」がドロップ。まだレアなし(ノ∀`)アチャー

国後・松輪・葛城のドロップ率を合わせると、当たりドロップ率は「約15%」と高めなので期待はできそう!


耐久値強化用の素材として、E1の「占守、択捉」と同時使用するための「国後、松輪」をメインターゲットに周回してみましたが、難易度はあまり高くない印象でした。

やたらとコスパが良くて美味しいE1での掘り周回に比べると、さすがに時間・資源消費は重いですが、耐久値強化用の素材集めとして割り切って周るなら悪くなさそうでもありました。

長期戦だった18冬イベも終盤に差し掛かってきましたが、残り期間はレア掘りを満喫したいと思います(≧∇≦)/


スポンサーリンク

この記事をシェア

関連コンテンツ

関連記事
関連記事
コメント 0
コメントはありません。
コメントフォーム
※迷惑コメント対策のため画像認証・承認後表示・本文中URL不可となっています。
※書込みの際は「当サイトについて」を一読の上、節度・マナーを守ってご利用ください。