ブログでリンクを作成するときに重宝しているFirefoxの拡張機能「MakeLink」。

MakeLink 11.03


スポンサーリンク


スポンサーリンク


スポンサーリンク

MakeLink 11.03

インストール

使い方

MakeLinkをインストールすると右クリックメニュー(コンテキストメニュー)に「Make Link」の項目が追加される。ウェブページの空白箇所やリンクを右クリックして、好みのリンク形式を選ぶとクリップボードに選択した形式のHTMLやテキストの状態でコピーされるので、後は貼り付ければOK!

MakeLink コンテキストメニュー

設定

設定の項目からリンク形式の新規作成・編集・削除ができる。

MakeLink 設定1

「変更」ボタンでリンク形式の編集が可能。ヘルプは使える書式について見ることができる(英語)。

MakeLink 設定2

使ってみた書式

%text%
リンクを選択した場合は対象のテキストが、リンクを選択しない場合はページのタイトルが代入。

%url%
リンクを選択した場合は対象のurlが、リンクを選択しない場合はページのurlが代入。

%imgurl%
画像のURLが代入。

その他「%text_n%,%text_br%」「%title%」「%input%」「%tinyurl%」等の書式も使えるぽい。

実際に使った感じ

・HTML フォーマット

<a href="%url%">%text%</a>

このブログのトップページの余白部分で「HTML」を選択した場合、このような形でクリップボードにコピーされ、

<a href="//tonahazana.com/">となはざな</a>

ブログの記事編集で貼り付ければこんな感じのハイパーリンクを作成できる。

となはざな

・HTML(title) フォーマット

<a href="%url%" title="%text%">%text%</a>

同じくブログのトップページで、投稿した記事のリンクを右クリックしてツールチップ付きの「HTML(title)」を選んだ場合は、このようにコピーされ

<a href="//tonahazana.com/blog-entry-71.html" title="【艦これ】桃の節句イベント 菱餅集め途中経過">【艦これ】桃の節句イベント 菱餅集め途中経過</a>

ブラウザ上はこんな感じになる。マウスオーバーでツールチップ表示。

【艦これ】桃の節句イベント 菱餅集め途中経過

・画像リンク(title+text) フォーマット

<a href="%url%"><img src="%imgurl%" alt="%text%" title="%text%" border="0"/><br />%text%</a>

//tonahazana.com/blog-entry-69.htmlの画像の上で右クリックして「画像リンク(title+text)」を選ぶと、このようにコピーされ

<a href="//tonahazana.com/blog-entry-69.html"><img src="http://blog-imgs-73-origin.fc2.com/n/i/k/nikki789/WS002934-vert.jpg" alt="【艦これ】菱餅ドロップ狙いで主に3-3アルフォンシーノ周回【桃の節句イベント】 - となはざな" title="【艦これ】菱餅ドロップ狙いで主に3-3アルフォンシーノ周回【桃の節句イベント】 - となはざな" border="0"/><br />【艦これ】菱餅ドロップ狙いで主に3-3アルフォンシーノ周回【桃の節句イベント】 - となはざな</a>

こんな感じに表示される。画像+テキストのツールチップ付きリンクになった。おもしろいなあ。

【艦これ】菱餅ドロップ狙いで主に3-3アルフォンシーノ周回【桃の節句イベント】 - となはざな
【艦これ】菱餅ドロップ狙いで主に3-3アルフォンシーノ周回【桃の節句イベント】 - となはざな

使うのはほとんど「HTML」

最初から設定されている「HTML」が一番使う機会が多く、他のは実際ほとんど使わなかったりする。使っていない書式もあるし設定の仕方次第ではもっと色んな使い方ができそう。「%input%」を使えば任意のテキストを入力できて良いかもなあ。何にせよMakeLinkはブログ書くときのリンク作成にかなり便利で、ありがたい限りです。


スポンサーリンク

この記事をシェア

関連コンテンツ

関連記事
関連記事
コメント 0
コメントはありません。
コメントフォーム
※迷惑コメント対策のため画像認証・承認後表示・本文中URL不可となっています。
※書込みの際は「当サイトについて」を一読の上、節度・マナーを守ってご利用ください。