雑記フリーソフト

お手軽簡単なツールを使ってWindows7のインストールUSBメモリを作成!


スポンサーリンク


スポンサーリンク


スポンサーリンク

Windows7 USB DVD ダウンロードツール

以前作ったインストールUSBメモリを1年くらい放置していたので作り直すことにした。マイクロソフトが運営するオープンソースの開発プロジェクト支援サイト「CodePlex」にあるツールを使用。Windows7のインストールDVDからイメージファイル(ISO)を作成して、ツールを使いUSBメモリに書き込む。

リストの「Windows7-USB-DVD-Download-Tool-Installer-ja-JP.exe」を選択。

・ダウンロード:CodePlex Windows USB/DVD Download Tool - Download: 1.0

GizmoDriveでwidnows7のインストールDVDからISOファイルを作成

今回はDVDからISOファイルを作成するソフトに「Gizmo Drive」を使用。記憶が曖昧だけど、前回作成時「DaemonToolLite」で作成したISOファイルだと「Windows7-USB-DVD-ダウンロードツール」でエラーが出てうまくいかなかったと思う。

・ダウンロード:Gizmo Drive -- Mount ISOs, encrypted hard drive images to a virtual drive

GizmoDriveのインストール時は他の機能が必要なければ「Central」と「Drive」だけでも可。インストール後にOS再起動が必要。サービスやスタートアップにGizmo関連が追加されるので、常用しないのなら「システム構成(msconfig)」からサービスやスタートアップを外したほうがいいかも。

GizmoDrive インストール選択

「GizmoManager」を開き、最初のスタートページにある「Create ISO from disc」を選択。後はインストールDVDの選択と、作成するISOファイルの保存場所を選べばOK。Windows7Home32bitでISOファイルの容量は2.5GBくらいだった。

GizmoDrive ディスクからISOを作成

ISOファイルをツールを使ってUSBメモリに書き込む

使用するUSBメモリは8GBの「UHYBS-008G」、ついでに「CrystalDiskMark」で転送速度を測定。

UHYBS-008G 転送速度測定

インストールした「Windows7 USB DVD ダウンロードツール」を起動、ISOファイルを選択。

Windows7 USB DVD ダウンロードツール ISOファイルを選択

USBメモリにコピーするので「USBデバイス」を選択。

Windows7 USB DVD ダウンロードツール メディアの種類を選択

使用するUSBメモリを選んで「コピー開始」。

Windows7 USB DVD ダウンロードツール インストールするUSBを選択

コピーが終わるまで10分ちょい掛かったが、無事に作成完了。作成したインストールUSBメモリ使用の際は、BIOS設定でUSBドライブの起動順位を上げて使う。

Windows7 USB DVD ダウンロードツール 作成完了

バックアップ!

再インストールするような事にならないのが一番だろうけど、DVDと合わせてバックアップ手段が増えるのは安心感が増して( ´∀`)bグッ!

USBメモリの容量は4GBでも足りそうな感じもするが、どうだろうなあ。windows7のエディションによっても違うかもしれないので何とも言えないか。

USBメモリは長期間放置するとデータが自然に蒸発してしまうらしいので、また来年あたりにでも作り直しますかな~。


スポンサーリンク

この記事をシェア

関連コンテンツ

関連記事
関連記事
コメント 0
コメントはありません。
コメントフォーム
※迷惑コメント対策のため画像認証・承認後表示・本文中URL不可となっています。
※書込みの際は「当サイトについて」を一読の上、節度・マナーを守ってご利用ください。