当サイトには広告が含まれます
レビュー

【レビュー】歯科専用の歯ブラシ『タフト24(tuft24)』

4.0

袋に入れられた10本のタフト24

4.0

歯科専用の歯ブラシ『タフト24(tuft24)』の使用感想・レビュー・紹介記事です。

掛かりつけの歯医者さんに勧められて使い始めてから7年以上使っている歯ブラシ『タフト24』。通販で定期的にまとめ買いしていることも含めてご紹介!

【最終更新:2022年3月】
パッケージリニューアルについて追記しました。

『タフト24』とは?

tuft(タフト)24 ミディアムソフト

『タフト24(tuft24)』は、株式会社オーラルケア(OralCare)が製造している歯科専用の歯ブラシ。主な特徴は以下。

  • 歯科専用だけど1本あたり100円ちょいのお手頃価格
  • お口の状態に合わせて選べる6種類のかたさ
  • 歯・歯肉を傷つけない滑らかな毛先
  • 一つ一つの密度が高い毛束
  • ナイロンより長持ちする耐久性とコシがあるPBT毛材
  • 比較的コンパクトで奥まで磨きやすいヘッド

タフト24の仕様

メーカーオーラルケア
かたさ6種類(ESS/SS/S/MS/M/MH)
カラー6種類(レッド/オレンジ/イエロー/グリーン/ブルー/ホワイト)
素材毛:PBT、柄:PP
全長170mm
ブラシ縦:25mm、横:9mm
毛材毛束:3列×8、毛:8.5~11mm
キャップあり/なし(2バージョン)
製造国日本
ブラシの毛の太さと長さは、「かたさ」によって少しずつ違うようです。柔らかいものほど細くて長い、硬いものほど太くて短い。

通販での購入

タフト24は、医療機関向け専売品のため歯科医院などに置かれていることが多いらしく、ドラッグストアなど一般的な小売店ではあまり見かけない。

リアルで購入する場合は歯科医院などで購入する形となるが、インターネット通販でなら医療関係者でない一般人でも普通に購入可能。

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングなどでのまとめ買い、ヨドバシ.comでの単品購入も選択肢になる。

キャップなしを10本まとめ買いした場合の価格は、2022年3月時点だとメール便送料無料で「1,200円(税込)」前後となっていた。

記事更新時点だと、1本あたりの価格は110~120円くらいとなっているようです(まとめ買い数・色指定・キャップ有無などの条件で差があります)。

アイテムチェック

メール便の封筒と中身の商品

封筒と中身

袋に入れられた10本のタフト24

袋に入っているだけの簡易包装

2015年に『いいもん 楽天市場店』で購入したものは、メール便にて注文から5日後くらいに郵便受けに投函されて到着した。

包装は簡易なもので、封筒の中は無地の透明なビニール袋だけだった(歯ブラシ自体は個別包装されている)。

タフト24の個別包装表

個別包装の正面

タフト24の個別包装裏

個別包装の裏面

タフト24自体の個別包装はポリプロピレンの袋。紙が使われたブリスターパックのようにはなっていない。

全体像

全体像

ブラシ部分

ブラシ部分

柄の部分は凹凸のない平らな形状。先端には穴が開いている。

ブラシの毛先は「平型(毛・各毛束の長さが同じ)」、毛束は「3列×8」「長さ8.5~11mm(かたさにより少しずつ違う)」。

パッケージリニューアル

新しいパッケージの正面

2022年に確認した新パッケージの正面

新しいパッケージの裏面

新しいパッケージの裏面

2021年の10月上旬から個別包装のデザインが新しいものに変わった模様。メーカー公式サイトによると歯ブラシ本体や価格に変更はないとのこと。

ネット通販でまとめ買いする場合、在庫の状態によって新旧パッケージどちらの可能性もあると思われる(順次新しいものになっていくと思われる)。

使用感

かたさ「MS(ミディアムソフト)」での感想になります。

使い心地

タフト24 ホワイト

磨きやすさ・持ちやすさは、取り立てて悪いところもなくて良い印象。

柄の部分は平なのだけど、凹凸のある歯ブラシと比べても、持ちやすさ・握りやすさに大きな差はない。

ブラシ部分は比較的コンパクトで奥歯にも届きやすい。ヘッドの大きな歯ブラシは、奥歯の奥側の面を磨くとき等に難儀するので、小さめなのは使いやすい。

かたさ「MS(ミディアムソフト)」は、コシのある適度なかたさの毛で磨き心地良好!プラークがしっかり取れてる感がある。

以前、掛かりつけの歯医者さんで歯垢を染め出してのブラッシング指導を受けた際にもタフト24を使いました。

耐久性・寿命

タフト24 ブラシヘッド部分のアップ

1日1~2回、1回あたり約4~5分の使用頻度だと寿命は大体2ヶ月。それくらい使うと、一部の毛に角度が付いて毛束からはみ出してしまい(根の部分から曲がる感じ)、実用的に使えなくなることが多い。

「ナイロンより4.2倍長持ち毛材」が実際どうなのかはよく分からないが、これまで使ってきた歯ブラシと比べると、1ヶ月~2ヶ月ある程度使っていっても毛先は広がりにくい方だと思う。

電動歯ブラシと併用しているので、使用回数は1日1~2回です。
耐久性に関しては使い方(使用頻度・磨き方)に依るところが大きいと思われます。毛のヘタりにくさに関しては結構違いがわかりやすいのですが。

硬さの選び方

ラインナップされている毛の硬さは6種類。歯や歯肉などお口の状態に合わせて選ぶ。

歯医者さんで診察・指導を受けて選んでもらうのが一番だと思うが、自分で選ぶ場合はいつも選んでいる歯ブラシの硬さより一段回柔らかいものを選ぶと合いやすいかもしれない。

と言うのも、タフト24は「毛束の密度が高い」+「毛のコシが強い」影響で、市販の一般的な歯ブラシに比べると全体的にやや硬めな使用感になるため。

  • ESS(エクストラスーパーソフト)
    重度の知覚過敏、抜歯後・手術後向け
  • SS(スーパーソフト)
    歯根露出、歯肉に炎症がある人向け
  • S(ソフト)
    歯肉が健康で、ブラッシング圧が強い人向け
  • MS(ミディアムソフト)
    歯肉が健康で、かための歯ブラシが好みの人向け
  • M(ミディアム)
    歯肉が健康で、ネバネバのプラークがある人向け
  • MH(ミディアムハード)
    歯肉が健康で、頑固なプラークがある人向け
M/MHは、ブラッシング圧を適切にコントロール出来ていることが要確認事項になっています。強く磨き過ぎてしまう人が硬いブラシを使うと歯と歯肉の双方に良くないため。

私は掛かりつけの歯医者さんで選んでもらったMSを使っています。
イメージとして「S(ソフト)=やや柔らかめの普通」「MS(ミディアムソフト)=やや硬めの普通」って感じです。

まとめ

4.0
  • 110~120円程度の手頃な価格
  • 歯科医院でも販売される性能
  • 高めの耐久性

価格は、市販の最安値帯である50円くらいの歯ブラシに比べると高いですが、全体の平均で見れば「安い~普通」くらい。毛先が開きにくい&ヘタりにくい点を含めればコスパは良い方でしょう。

ブラッシング性能についても、巷の歯医者さんでも広く扱われている品で、信頼性は高いと思います。

コスパが良くて使いやすい歯ブラシを探しているなら、『タフト24』は一度試してみる価値があると思います。

コメントの通知/購読設定
受け取る通知
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
タイトルとURLをコピーしました