【艦これ第二期】EO4-5「カレー洋リランカ島沖」を攻略!

艦これ第二期4-5「カレー洋リランカ島沖」に出撃時のサラトガ

艦これ第二期でリニューアルされた西方海域の第五海域4-5「カレー洋リランカ島沖」を再攻略しました。マップ構造が複雑化してルート分岐も増えましたが、色々な編成で攻略できる面白そうなEO海域になっていました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

海域情報

艦これ第二期4-5「カレー洋リランカ島沖」の海域バナー

難易度★11
海域方面西方海域
海域名カレー洋リランカ島沖(#4-5)
作戦名深海東洋艦隊漸減作戦
作戦内容我が艦隊により大打撃を受けた敵東洋艦隊がリランカ島の港湾に再集結しつつある。遊撃部隊を編成し、敵増援を撃滅せよ!
突破条件ボス艦隊旗艦「港湾棲姫」を5回撃沈(破壊)でゲージ破壊
報酬勲章×1、戦果ボーナス+180
提督経験値道中戦:200、ボス戦:2900
備考拡張作戦(Extra Operation)。攻略タイムリミットは月末の23時59分まで。リミット後に再ログインでゲージリセット
4-5の開放には「4-4」と「5-1」のクリアが必要。
【艦これ第二期】4-4「カスガダマ島」を攻略!
艦これ第二期実装に伴いリニューアルされた西方海域の第四海域4-4「カスガダマ島」を再攻略しました!旧マップの面影を強く残していて、ウィークリー任務「敵東方中枢艦隊を撃破せよ!」も変わらず達成しやすいようです。
【艦これ第二期】5-1「南方海域前面」を攻略!
艦これ第二期でリニューアルされた南方海域の第一海域5-1「南方海域前面」を再攻略しました!総合的な難易度に大きな変化はないようですが、一部の定期任務では戦術の変更が必要になりそうでした。

マップ・ルート

艦これ第二期4-5「カレー洋リランカ島沖」のマップ

4-5はリニューアルでマップ構造が大きく変化。ポイント数が増加して、分岐・ルートが複雑化した。

しかし、一部の敵編成は強化されているものの、自艦隊編成による柔軟なルート制御が可能なようで、総合的な難易度には大きな差がないように思えた。

攻略に無理なく使えそうな進行ルートは、大別すると4種類ほどあるようだった。

  • 3戦ルート:[A/C-D-H-T]
  • 4戦ルート:[A/C-D-H-K-T]
  • 4戦ルート:[C-F-I-G/J-H-T]
  • 4戦ルート:[A-B-E-M-(R)-N-T]

いずれのルートも最初の戦闘は潜水マス(消費:燃料8%?、弾薬0%)のため、4戦ルートであればボス戦に弾薬残量によるダメージ低下なしで挑むことが可能。

ポイントルート分岐条件/補足
始点A編成が重いとA寄り?もしくはランダム?
C
A 能動分岐
B ※潜水マス
CF能動分岐
D
DH固定 ※潜水マス
EK 
M
F ※潜水マス
GD 
H
HT「軽巡1+駆逐3」を含むとT?
「全艦速力が高速+/最速」+「戦艦系+空母系4隻以下」でT?
「G/Jマスからの到達」+「軽巡1+駆逐2」+「低速艦なし」でT?
その他はK?
K
IG能動分岐
J
KL※索敵エフェクトあり
「(戦艦系+正規空母系)3隻以下」でT?
M
T
MN低速なしの「(戦艦系+正規空母系)1隻以下」+「軽巡1+駆逐2」でN?
低速なしの「戦艦系1+軽空母2+軽巡1+駆逐2」でN?
R
NO 
Q
T
O ※潜水マス
QO 
P
R 燃料うずしお

特殊な条件を満たさない場合は、「戦艦系+空母系4隻以上」などの重量級編成だと、スタート地点の右上から時計回りにマップをグルッと遠回りさせられる全6~7戦ルートなどもあるようだった。

分岐の条件は主に「戦艦系+空母系の数」「軽巡+駆逐の数」「艦隊の速力(低速艦の有無や、高速+/最速など)」で決まるようだった(一部マップ索敵値も必要ぽい)。

ポイントと分岐の多さで面食らいますが、能動分岐や消費の軽い潜水マスのおかげで見た目ほどヤバくはないようでした。

敵艦隊情報

場所強編成陣形制空値経験値補足
B潜水ソ級elite*1、潜水ヨ級elite*2、潜水カ級*2梯形/単横 230 
D潜水ヨ級flagship*2、潜水カ級*3梯形/単横 210 
E重巡リ級改flagship、重巡リ級flagship*2、軽巡ツ級elite、駆逐イ級後期型*2単縦/複縦 190 
F潜水ヨ級elite*3、潜水カ級*2梯形/単横 210 
G重巡リ級改flagship、重巡リ級flagship*2、軽巡ツ級elite、駆逐イ級後期型*2単縦/複縦 200 
H重巡リ級改flagship、戦艦タ級elite*2、重巡ネ級elite、軽巡ツ級elite、駆逐イ級後期型単縦/複縦 250 
J雷巡チ級flagship*3、軽巡ツ級、駆逐ロ級後期型単縦 220 
K軽巡棲鬼、空母ヲ級flagship(白)*2、戦艦ル級改flagship*2、軽巡ヘ級flagship輪形168350 
N輸送ワ級flagship、輸送ワ級elite*2、軽巡ホ級flagship、駆逐ロ級後期型*2輪形 450 
O潜水ソ級elite*2、潜水カ級*3梯形/単横 260 
S軽空ヌ級flagship、戦艦タ級flagship、重巡ネ級elite、軽巡ツ級elite、駆逐ハ級後期型*2複縦23320 
ボスT(前哨)港湾棲姫、護衛要塞*2、戦艦ル級改flagship、駆逐ハ級後期型*2単縦138440 
ボスT(最終)港湾棲姫、護衛要塞*2、戦艦ル級改flagship、重巡ネ級elite、輸送ワ級flagship単縦111480 

ボスTマスの編成は、前哨戦・最終形態共に旧4-5と同じ模様。また、ゲージ破壊後のボス編成は前哨戦状態になるようだった。

4-5掘り周回(!?)や、ゲージ破壊後の新任務を警戒しなくて良くなるのは嬉しいですね。
どのルートを通る際も、潜水マスと単縦陣/複縦陣の「重巡リ級改flagship」艦隊と当たるので、パワーで押し切るなり、装甲で耐えるなり、回避をお祈りするなり対策を打っておきたいところ。

制空値ボーダー

Kマスを経由しない場合はボス艦隊の制空値ボーダーが基準になる。

ボスTマス(前哨戦)

  • 制空権確保:414
  • 航空優勢:207
  • 航空均衡:93
  • 航空劣勢:47

港湾棲姫を4回撃破後の最終形態になるとボス制空値は少し低下。

ボスTマス(最終形態)

  • 制空権確保:333
  • 航空優勢:167
  • 航空均衡:75
  • 航空劣勢:38

Kマスを経由するルートでは、ボーダーが上昇するので注意したい。

Kマス

  • 制空権確保:504
  • 航空優勢:252
  • 航空均衡:113
  • 航空劣勢:57

ボス旗艦「港湾棲姫」

艦これ第二期4-5「カレー洋リランカ島沖」のボス旗艦「港湾棲姫」最終形態

港湾棲姫耐久火力雷装対空装甲備考
前哨戦38023312150135中破・艦載機全滅で砲撃不可
最終形態49040613170183夜戦連撃

旧4-5から続投の陸上型(地上型)ボス旗艦「港湾棲姫」の主な特性は以下。

  • 「三式弾>WG42>徹甲弾」で特効ダメージ有り
  • 攻撃力に雷装値が適用されない
  • 開幕雷撃・雷撃戦で攻撃できない
  • 艦上爆撃機(噴式含む)を装備した空母艦娘は港湾棲姫に砲撃不可(夜間航空攻撃は可)
  • 潜水艦娘は「特二式内火艇」を装備することで港湾棲姫に砲撃可能

港湾棲姫に対しては、特に「三式弾」が有効なため、戦艦系・重巡系に積極的に積んでいきたい。

参考 ダメージ計算機 – 艦これ計算機

前哨戦modeでは空母系の特性も加わって、中破するか艦攻・艦爆全滅で砲撃戦能力が失われて棒立ちになる(夜戦では動く)。

最終形態では装備構成や空母特性消えて戦艦的なマッチョ特性になり、昼夜戦ともに強力な砲撃を仕掛けてくるので注意したい。

また、空母系艦娘に艦爆・噴爆を積むことで港湾棲姫を砲撃できないようにして、随伴艦を優先的に処理させることも可能なため活用したい。

編成・装備例

編成・装備構成の幅は随分と広そうだが、とりあえずは進行ルート&編成の重さ別に4種類の編成を組んでみた。

軽量編成

最短3戦ルート制御のために[軽巡1+駆逐3]を組み込んだ[(戦艦系+空母系)2+軽巡1+駆逐3]の編成。制空値「240~」で道中確保、ボス航空優勢を狙った。

水雷系4隻を含む比較的軽量な編成なので、道中戦がヒヤヒヤものだが意外と回避が可能。

前哨戦でもボス戦での火力に不安があるため、対最終形態よりは前哨戦での低燃費ゲージ削りに向いた編成になりそう。

編成1編成2進行ルート

ゲージ削り前哨戦を想定した[航戦1+空母1+軽巡1+駆逐3]の軽量6隻編成。

艦これ第二期4-5「カレー洋リランカ島沖」の軽量編成1

主力艦を空母2隻にした[空母2+軽巡1+駆逐3]の編成。

サラトガの夜間戦闘機を1スロ増やしての夜戦火力UPと、増強空母の艦攻・艦爆で開幕火力を補強してみた。

艦これ第二期EO4-5の軽量テスト編成1809-1

進行ルートは最短3戦ルート[A/C-D-H-T]となるようだった([A-B-E-M-N-T]も行けるかも?)。

艦これ第二期4-5「カレー洋リランカ島沖」の暫定最短ルート

戦艦系

[主砲×2+艦戦+瑞雲+徹甲弾/三式弾]の伊勢改二で制空値と砲撃火力を補強。

制空値を調整して徹甲弾と三式弾を同時に積む特効構成の[主砲×2+水偵/水爆+三式弾+徹甲弾]も手になりそうだった。

「軽巡1+駆逐3」だと低速艦の伊勢改二がいてもボス前で逸れない模様。

空母系

昼夜戦のメイン火力として、[夜攻+岩井爆戦+夜間戦闘+彩雲]で戦爆連合カットイン&夜襲カットインのサラトガMk.II。

空母系2隻で編成する場合は、装甲空母に[艦攻+艦爆+艦戦]などで戦爆連合CIでのボス随伴艦処理を担当してもらった。

軽巡/駆逐

対「港湾棲姫」火力を確保するために、大淀さんとタシュケントに[主砲×2+WG42×3]の対地特効ダブルロケラン夜戦連撃構成。

大淀さんに補強増設スロットがあるなら[主砲+増設スロ副砲+WG42×3]でトリプルロケランも可能。

トリプルだと最終形態の港湾棲姫にも小破未満の夜戦連撃で一発あたり「30~140」くらいのダメージを狙えるようだった。

残り2枠には[秋月砲×2+ソナー]で夜戦連撃&先制対潜の綾波や、[秋月砲(×2)+対空電探/探照灯]などで対空カットイン&夜戦支援の秋月型を投入した。

レア度の高いWG42が不足する場合は、前哨戦でも戦艦系に三式弾を積んだほうが安定しそうだった。

中量編成

A/C両外側の4戦ルートを進行する[(戦艦系+空母系)3+軽巡1+駆逐2]の速力高速統一な中量級編成。

Kマスを回避できるため前哨戦では制空値「240~」、最終形態では「180~」で道中確保・ボス優勢を狙う。

そこそこの戦力を持ち込めるため投入する艦娘・装備次第では前哨戦・最終形態どちらでも使えそうだったが、やや前哨戦向きな印象。

編成1編成2編成3進行ルート

[戦艦1+空母2+軽巡1+駆逐2]で低速艦なしの高速編成。

制空値は「240~」に調整して前哨戦を想定。

艦これ第二期4-5「カレー洋リランカ島沖」の中量級編成

対最終形態を想定した[高速戦艦2+空母1+軽巡1+駆逐2]の高速編成。制空値は、ギリギリの「172」でボス航空優勢、彩雲は制空値の関係で諦めた。

三式弾戦艦×2隻と、ダブルロケランの軽巡&駆逐×2隻で本気mode「港湾棲姫」の撃破を目指す。

艦これ第二期EO4-5の中量級テスト編成1809-1

対前哨戦を想定して軽量化した[戦艦1+軽空2+軽巡1+駆逐2]の高速編成。制空値「255~」でボス優勢狙い。

正規空母を軽空母に置き換えるので基礎的な戦力は下がるが、下ルート進行時にRうずしおマスを回避可能で、潜水マスでの戦闘も多少は楽になるかも。

艦これ第二期EO4-5中量編成テスト4

 

進行ルートは[C-F-I-G/J-H-T]or[A-B-E-M-R-N-T]。始点分岐はランダム?

始点のランダム羅針盤でC側に進んだ際の能動分岐では、まず遠回りになるが[C→F]を選択(※Dに進むとH分岐でKに逸れる模様)。

その後のIマス能動分岐では、「雷巡チ級flagship」×3隻が基幹のJマスを選択。Gマスには「重巡リ級改flagship」がいるので避けるのが無難。

A側ルートに進んだ時に備えて、Rマス燃料うずしお対策の電探×1~3あたりも組み込んでおきたい(※正規空母系を軽空母に置換えた編成ではRうずしおマスを回避可能)。

艦これ第二期4-5「カレー洋リランカ島沖」の中量級4戦ルート

戦艦系

[主砲×2+水偵+三式弾/徹甲弾]の高速戦艦を投入。アイオワ、ビスマルク、金剛型、伊戦艦などが使えそうだった。

前哨戦で僚艦の対「港湾棲姫」火力が充分なら、徹甲弾を持たせて道中戦やボス昼戦火力を優先するのも有効ぽかった。

空母系

対「港湾棲姫」要員でもある戦爆連合&夜襲カットインのSaratogaが使いやすい。戦爆連合カットインで敵随伴艦を担当する装甲空母も加えて戦力・制空値を補強した。

軽空母を組み込む際は、速力高速で対潜先制爆雷攻撃も可能な瑞鳳改二乙あたりも使いやすそう。

軽巡・駆逐

夜襲空母と三式弾戦艦に加えて、対「港湾棲姫」要員としてダブルロケランのタシュケントや大淀を採用。

ボス夜戦での割合ダメージ削りや撃ち漏らしの随伴艦処理を任せるべく、高夜戦火力の駆逐艦に「秋月砲×2+対空電探」で夜戦連撃&対空カットインや、先制火力を補強するために[甲標的+対空電探+ソナー]で開幕雷撃&先制対潜の阿武隈改二も投入。

軽量編成に比べると燃費は悪化するけど安定性は高そうでした。

重量編成

旧4-5の下ルートにもいた「軽巡棲鬼」を旗艦とする手強いKマス艦隊を相手にする4戦ルート進行となるが、従来と同じ様な[(戦艦系+正規空母系)3+(軽空+重巡+航巡+雷巡)3]で組める重量級編成。

対Kマス制空のために制空値「280~」くらいに調整して、ボスTマスとKマスで航空優勢、その他は制空権確保。

戦力的に充分なため、対ボス最終形態にも向いていそうだった。

編成1編成2編成3編成4進行ルート

[空母3+重巡1+航巡1+雷巡1]で開幕火力を補強した道中突破重視の構成。

艦これ第二期4-5「カレー洋リランカ島沖」の重量級編成2

ボス戦での夜戦火力に寄せた[空母3+重巡2+航巡1]編成。

三式弾装備の重巡/航巡を3隻に増やして、対最終形態も含めたボス夜戦火力を補強した。

艦これ第二期4-5「カレー洋リランカ島沖」の重量級編成1

対最終形態用に対ボス戦火力を重視した[戦艦1+空母2+軽空1+重巡1+航巡1]の編成。

三式弾&徹甲弾積みの武蔵改二&伊勢改二や、[主砲+増設副砲+三式弾+WG42+水偵]で夜戦重視の鈴谷改二などを投入。

艦これ第二期EO4-5重量編成テスト6

対ボス最終形態用にネルソンタッチを組み込んだ[戦艦2+空母1+軽空1+重巡1+航巡1]の編成。

ボス「港湾棲姫」に特効ダメージのある装備を積んだ艦を1・3・5番に配置してゲージ破壊時の決定力を重視。

艦これ第二期EO4-5重量編成テスト5

進行ルートは全4戦[A/C-D-H-K-T]。D潜水マスでの消費が少ないため、ボス戦で弾薬残量による与ダメージのマイナス補正は発生しない。

Kマスからの分岐では索敵エフェクトがあるため、ルート逸れが発生した場合は索敵値のチェックも必要かも?

艦これ第二期4-5「カレー洋リランカ島沖」の暫定重量級ルート

基本となる装備構成は軽量級や中量級編成と同じだが、白艦載機の「空母ヲ級flagship」×2隻と「戦艦ル級改flagship」×2隻が含まれるKマス対策に、対空&先制火力の強化を意識した。

「艦攻×2~5、艦爆×2~3、開幕雷撃×0~1」に「対空カットイン×1~2」も仕込んだ。

ボス戦火力については、三式弾の重巡/航巡×2~3隻と、夜襲カットインのサラトガでも間に合いそうだったが、最終形態ではさらに追加しておくと安心。

素の火力が高い空母なら熟練クリティカルで港湾棲姫に砲撃戦で100+ダメージも可能なため、艦爆を積まずに艦攻だけ積むのも有効。
補給は重くなりますが従来編成もなかなか強力で有効そうでした。

「高速+/最速」編成

全艦の速力を「高速+/最速」にすることで、「(戦艦系+空母系)4隻」を組み込んで最短3戦ルートを通れるようにした癖の強い編成[(戦艦系+空母系)4+(重巡+航巡+雷巡)2]。

編成1編成2進行ルート

前哨戦向けに道中開幕火力と対潜を加えた[戦艦2+空母2+重巡1+雷巡1]の編成。

制空値は「217~」あたりに調整してボス航空優勢。

艦これ第二期4-5「カレー洋リランカ島沖」の最速編成1

対最終形態用に「高速+」化した武蔵改二を組み込んで戦力補強を行った[戦艦2+空母2+重巡2]編成。

制空値は「217~」でボス航空優勢狙い。

艦これ第二期4-5「カレー洋リランカ島沖」の対最終形態用最速編成2

進行ルートは[A/C-D-H-T]の最短3戦ルート。

艦これ第二期4-5「カレー洋リランカ島沖」の暫定最短ルート

「高速+/最速」化のために最低でも「タービン1+缶1」が必要で2スロットを埋めてしまうため、戦艦・重巡・航巡は弾着観測射撃を捨てて[主砲×2+三式弾+缶+タービン]で特効夜戦連撃。

空母系には、何とか戦爆連合カットインを仕込んだが、ボス戦T字不利防止の彩雲は妥協してみた。

最短3戦ルート進行だとボスマス到達時点の燃料・弾薬残量は[燃料:72%~75%?、弾薬80%]となるため、燃料による回避低下も極僅かor無しとなる。

キャップがあるとはいえ、タービン+缶の効果で回避も上がるだろうし、キラキラも付けていけば生存性は結構高そうだった。

戦闘

B/D/F潜水マス

どのルートでも初戦は全て潜水マス。敵編成的には「D>B>F」の順に強い。

艦これ第二期4-5「カレー洋リランカ島沖」の潜水マス戦闘

中量級編成や高速+編成で対潜艦がいない場合はD敗北するし、軽巡・駆逐入り編成だと「潜水ヨ級flagship」「潜水ソ級elite」の開幕雷撃が脅威になる。

回避にも期待できるけど、1スロのソナーでちょこっと被害軽減を狙うのも手になりそうだった。

E/G/J/H/Nマス

2~3戦目で戦うことになるE/G/J/H/Nマス艦隊の主な編成。

艦これ第二期4-5「カレー洋リランカ島沖」の敵egjhn編成

4戦ルートの2戦目で戦うE/G/Jマスは、単縦陣/複縦陣の地味に強力な巡洋艦隊。ただし、Jマスは「雷巡チ級flagship」が主力で雷撃戦前に仕留めることができるなら比較的楽に突破可能。

マップ右側のボス前Hマスは、強編成だと旗艦「重巡リ級改flagship」に「戦艦タ級elite」×2隻が随伴する単縦陣/複縦陣の手強い艦隊。

下側ルートから大回りして燃料うずしおを踏んだ後のボス前Nマスは、「輸送ワ級elite」旗艦の易しい艦隊。うずしお対策の電探を積んでおけば下ルートも悪くない感じ!

Kマス

重量級編成でのボス前ポイントとなるKマスは、旧4-5のHマスと同じゴツい艦隊。

艦これ第二期4-5「カレー洋リランカ島沖」のKマス戦闘

旗艦「軽巡棲鬼」に「空母ヲ級flagship(白)」×2、「戦艦ル級改flagship」×2が随伴する輪形陣のゴリマッチョ艦隊。

砲撃戦向きではない輪形陣とはいえ、フラル改に殴られると空母や巡洋艦は普通に中大破してしまうので、先手必勝で攻めるのがおすすめ!

フラヲの艦載機を枯らし、フラル改は「航空攻撃→開幕雷撃→先攻空母砲撃」のコンボで仕留めたい。

ボスTマス

前哨戦

ボス艦隊は前哨戦・最終形態ともに旧4-5と同じ編成の模様(ゲージ破壊後の編成のみ違う?)。

艦これ第二期4-5「カレー洋リランカ島沖」のTマス戦闘前哨戦

前哨戦のボス編成は、単縦陣で旗艦「港湾棲姫」に「護衛要塞」×2、「戦艦ル級(改)flagship」×1、「駆逐イ/ハ級後期型」の布陣。

リニューアル前と同じように対「港湾棲姫」用の特効装備を持ち込んでいれば、前哨戦はかなり楽に勝利が可能。

三式弾連撃が刺さると昼戦でサクッと終わることも多いですね。

最終形態

前哨戦でゲージを4回削ると、ボス艦隊が最終形態に移行。「港湾棲姫」と随伴艦が強化される。

艦これ第二期4-5「カレー洋リランカ島沖」のボスTマス戦闘最終形態

最終形態の「港湾棲姫」は装甲が強化されて、昼砲撃火力キャップに届いている三式弾の弾着連撃でも一発あたり[割合ダメ(5~10%)~100]くらいしかダメージが出なくなる。

昼戦で中途半端に「港湾棲姫」に砲撃を吸われて敵随伴艦が残ると、本命の夜戦で的が増えて不味いため、随伴艦の処理に特化した艦爆積みの空母系も活用したいところ。

ボス夜戦(最終形態)

艦これ第二期4-5「カレー洋リランカ島沖」のボスTマス夜戦最終形態

夜戦では3~4戦ルートだと弾薬残量によるダメージマイナス補正を受けることがないため、三式弾を積んだ戦艦系・重巡系なら夜戦火力キャップで連撃一発あたり[60~180]くらいのダメージを狙える(※重巡系は中破するとキャップに届かないので注意)。

因みに、トリプルロケランの大淀さん[主砲+副砲+WG42×3]の夜戦連撃だと小破以下で一発あたり[通常:34~143、クリティカル:170~279]くらいを出せるらしい。

また、[夜攻+岩井爆戦+夜間戦闘機×2]などを積んだ白サラトガ改二でも、熟練クリティカルで200~300程度のダメージを出してくれることがある。

リニューアル後に初となる2018年8月の4-5攻略には「高速+」編成を使ってみましたが、敵の攻撃をギュンギュン避けてくれて、なんだか面白かったです(≧∇≦)b
旧4-5で使えたデコイ潜水戦術もワンチャンあるんでしょうかね?

まとめ

新しくなった4-5は、選択するルートや編成の組み合わせが多数あるようで、すごく面白そうなマップでした。こういう色々と弄くり回して工夫できそうなマップは楽しくて好きです。

とりあえず試したいくつかの編成は、資源・バケツ・安定性をトレードするようなもので、どれも一長一短でしたが、どのルートや編成でも現実的に攻略できるバランスでした。

敵編成はやや強化された程度という印象ですが、有効な艦娘・装備などの要件は結構シビアぽいので、採れる戦術が限定されて難易度が上がるケースはありそうでした。

下側ルートで燃料うずしおを回避する[M-N]ルートなど、まだ他にも使える編成・装備構成がありそうな気配なのでぼちぼち試していきたいと思います!

コメント

  1. みなづき より:

    着任して1年半、こちらのブログを参考にさせて頂き、初めて4-5を破壊出来ました。
    空母3、重巡3の短めルートを通っていたのですが、何度やっても破壊することができず悔しくて調べていたらこちらにたどり着きました。
    アイオワもビスコちゃんもいる鎮守府なので、思い切って戦艦二隻の編成で行ったところ、すんなり撃破できました。
    何度も繰り返した道中撤退が嘘のようで、本当に嬉しかったです。
    諦めず調べて良かった。
    様々な可能性を踏まえた編成を書いていて下さったお陰です。
    これで、ひと月に1枚設計図を手に入れられるようになりました。
    すごく嬉しいです。
    本当にありがとうございました。

    • donpappa donpappa より:

      初攻略おめでとうございます!

      新4-5は、相変わらず難易度高めなので苦戦する月もありそうですが、編成や進行ルートの選択肢が色々あるので工夫しながら攻略していけそうです。
      EO海域を安定攻略できるようになると要設計図の改二艦などを揃えやすくなって艦隊戦力がどんどん充実していくので楽しみですね~。