当サイトには広告が含まれます。
スポンサーリンク
食品・飲料

【レビュー】乾燥白えんどう豆『神戸アールティー ホワイトピース』

4.0
4.0

ネットショップ『神戸スパイス』で購入して食べてみた乾燥ホワイトピース(白えんどう豆)のレビュー・感想・紹介記事です。

うちでは「乾燥大豆」が常備食材で、蒸し大豆にしてよく食べています。栄養・味・価格・調理の手間・保存期間など総合的にバランスが良く使いやすいため重宝しています。

他にも何か良さげな乾燥豆がないかなと探してみたところ、手頃な価格で「白えんどう豆」が販売されていたので試してみました。

すると、なかなか良い感じだったので気に入りました。ということで備忘録&紹介です!

【最終更新:2024年2月】
ECモール各店(Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング)のラインナップが値上がりしていたので、1~2割安い公式ショップサイト情報を追加しました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

基本情報

ホワイトピース(白えんどう豆)。
参考までにグリーンピース(青えんどう豆)。

ホワイトピース(white peas)は、食べる部分の種子が白~黄色のえんどう豆。白えんどう、黄えんどう、トラッパーピースなどとも呼ばれるそう。

購入したのはネットショップ『神戸スパイス』の「神戸アールティー ホワイトピース」(乾物の白えんどう豆)。

基本的には10kg~20kgのまとめ買いでコスパが光る商品。20kgなら1kgあたり実質300円(※2023年7月時点のAmazon価格)。

名称乾燥豆
原材料名ホワイトピース
原産国インド、カナダ
(※入荷時期によって産地が変わる場合あり)
生産年不明(未記載)
内容量1kg包装×購入量による
賞味期限730日(2年)
保存方法直射日光、高温多湿を避けて保存
加工者株式会社アールティージャパン
備考1本品製造場所では、卵、乳、小麦、落花生、えび、かに、いか、大豆、鶏肉、クルミ、ごま、カシューナッツを含む製品を生産している。
備考2原料品のため、夾雑物が混入している場合がある。

ショップ『神戸スパイス』は、神戸にあるインドカレー・料理の専門店『神戸アールティー』の関連会社が運営している模様。

2023年3月に『神戸スパイス』のAmazon店で購入時の価格は、10kgが送料・税込みで「3,780円」だった。

白えんどう豆を自分で買って食べるのは初めてでした😆

10kg以上のまとめ買い前提になりますが、1kgあたり300円台なのは食品価格が高騰している昨今助かります。

梱包・包装

無地の段ボール箱だった。
開封した段ボール箱。チラシ兼注意書きも1枚入っていた。

注文から4日で到着。配送業者は佐川急便。

梱包は無地のダンボール箱。箱の状態は凹みや汚れもなく良好、テープでしっかり固定されていた。商品は大きな隙間なく詰められていて詰め方も問題なし。

大袋が個包装を包んでいた。
箱から出した個包装

個包装は1kg。袋は表面に食品表示のラベルが貼られているシンプルな透明ポリ袋。空気が抜かれぴっちりしていて、脱酸素剤が封入されている。

パッケージの表面と裏面。
食品表示のラベル。

届いたものはカナダ産だった。インド産の場合もあるらしい。

賞味期限は2年(おそらく包装から2年)。2023年3月に注文して、2025年3月1日までの商品が届いた。

原料の生産年は未記載で不明。乾燥豆は適切に管理した環境なら5年~10年と普通に持つのであまり気にしないことにする。

梱包・包装ともに問題ありませんでした。

追加購入分(20kg)

2023年7月にAmazonで20kgを追加購入。送料無料で6300円だった。

出荷・配送・梱包・賞味期限など諸々問題なく良好だった👍

品質について

粒の状態と品質

乾燥状態の豆粒
1円玉との大きさ比較。左:乾燥、中:浸水10時間後

大きさは乾燥状態だと直径7~8mm程度。水に浸けて戻すと1cmくらいに膨らむ。

乾燥状態の粒色は「白~薄黄色」といった感じ。水で戻すと黄色に近づく。

割れ欠け変色などした粒の割合は1~2%か、それより少ないくらいな感じでほとんど気にならないレベル。水に付けた時に浮く粒は、約3kgを消費した時点だと確認できなかった。

大きく傷んだ粒や変な味のする粒には当たっていません。
品質は概ね良いんじゃないかな、という印象です。

夾雑物について

ちょくちょく混じっているグリーンピース。
大豆(?)らしきものも1粒発見した。

商品表示ラベルにも注意書きされている夾雑物(きょうざつぶつ)について。

グリーンピースがちょくちょく混じっていて、0.5~1%くらいは含まれているのかなという印象(※正確に数えてないので大凡です)。他に確認できたものだと、大豆らしき粒も1粒見つけた。

約11kgを消費した時点では、食べられない類の異物(石・ゴミ・虫など)は確認できなかった。

グリーンピースは緑色が目立つので分かりやすいです。

調理方法

浸水直後。
浸水12時間後。膨らんで黄色っぽくなる。

乾燥豆の基本的な調理法に従い「水で戻して→加熱調理」となる。

下ごしらえ
  • ホワイトピースをボールで水洗いする。水を換えて計2回。
  • 乾燥重量の3倍以上の水に浸けて6~12時間吸水させる(水温などによると思われるが概ね6~8時間くらいでOKぽい)。

しっかり水を吸ったホワイトピースは、乾燥時の2倍弱くらいの重量になっていた。

充分に吸水させたホワイトピース。
蒸しあがったホワイトピース。
炊飯器で蒸す
  • 炊飯器の内釜に乾燥重量200g分のホワイトピースと水80~100mlを入れる。
  • 白米のふつうモードで炊く(蒸す)。

専ら炊飯器で調理しています。ポチッとボタン押してお任せだから楽ちんです。

普段は大豆と一緒に1対1で炊飯器で炊いて、蒸し豆にして食べています。

味・食感

蒸しホワイトピース。そのまま食べてもホクホクでおいしい!
炊飯器で一緒に蒸したホワイトピースと大豆と人参。

炊飯器で蒸したホワイトピースは、ホクホクとしたやわらかい食感に、自然な甘みがありながらあっさりとした味わいで美味しい。

風味や食感の特徴は、青えんどう豆とほぼ同じという印象。実際は品種によって味に違いがあると思われるが、見た目の色が与える印象ほどの差はないように思えた。

煮物・スープの具。
焼きめしの具。

蒸しホワイトピースはそのまま食べても美味しいのだけど、風味や食感に特別強い癖がないので色々な料理にも合わせやすい。

スープ、煮物、焼きめし、豆ご飯、カレー、サラダ、スムージーなどなど。

味は青えんどう豆と似ていてホクホク感があります。

ホワイトピースは煮込むと溶け込みやすいようで、カレーに入れるととろみが付きルーも美味しかったです。

まとめ

4.0

『神戸スパイス』で購入したホワイトピース良かったです。価格・品質・味ともに良くて満足度の高い買い物でした👍

水で戻すのに時間は掛かりますが、調理自体は簡単なのがうれしい!常温で日持ちして、食べやすく、手軽にたんぱく質を摂れる点も良し!うちの常備食材のレギュラーメンバー入りしました。

欠点を上げるとしたら、まとめ買いしないと送料などで割高になってしまう点でしょうか。これは通販商品の宿命でしょう。

味は青えんどう豆と大して変わらないので、豆ご飯とかグリーンピースが好きならおいしく食べられるのではないかと思います。

2023年7月時点でのホワイトピースの商品ラインナップは、「500g、1kg、3kg、5kg、10kg、20kg」でした。

【2024年2月追記】
Amazon店、楽天市場店、Yahoo!ショッピング店での価格が、約半年前の2023年7月頃に比べて1.4倍くらい値上がりしていました。
神戸アールティーと神戸スパイスが自社運営している公式ショップサイトの方がECモールの品より1~2割安いのでそちらがおすすめです。
以下の商品リンクに両サイトのボタンを追加しています。

500g
1kg
3kg
5kg
10kg
20kg

余談、グリーンピース

『食べもんぢから。』で購入したマローファットピース。
乾燥状態だとくすんだ薄緑色、水に浸けると緑色が鮮明に!

ホワイトピースを買うきっかけになった青えんどう豆『マローファットピース(表記ゆれ:マローハットピース)』。

いつも乾燥大豆を買っているお気に入りのショップ『食べもんぢから。』で購入。こちらも美味しかったです。

コメントの通知/購読設定
受け取る通知
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
タイトルとURLをコピーしました