ミステリー

本・読書感想

【読書感想】長編小説『少し変わった子あります』 著:森博嗣

森博嗣の長編小説『少し変わった子あります』の読書感想・紹介・レビュー記事です。 主人公は行方不明になっている後輩から勧められた料理店を訪れる。そこは一人で訪れる決まりで、場所・料理・相伴の相手も二度同じことはないという不思議な決まりの店だった。
0
本・読書感想

【読書感想/紹介】ホラーなミステリ短編小説集『赤い部屋異聞』 著:法月綸太郎

法月綸太郎の短編小説集『赤い部屋異聞』の読書感想・紹介・レビュー記事です。タイトルにも含まれている江戸川乱歩の著作『赤い部屋』を筆頭に、ホラーやオカルト系のミステリー作品をオマージュした短編が9つ収録されています。
0
本・読書感想

【読書感想/紹介】名作SF小説『幼年期の終わり』 著:アーサー・C・クラーク

アーサー・C・クラークの長編SF小説『幼年期の終わり』(光文社古典新訳文庫版)の読書感想・紹介・レビュー記事です。 未熟な時期を終えて新たな一歩を踏み出そうとする地球と人類。その進化と結末を壮大なスケールで描いた名作SF小説です。
2021.01.20 0
本・読書感想

【読書感想/紹介】長編推理小説『改訂完全版 斜め屋敷の犯罪』 著:島田荘司

島田荘司の長編推理小説『斜め屋敷の犯罪』の読書感想・紹介・レビュー記事です。 人里離れた極寒の地に斜めに傾けて作られた奇妙な館。そこで起きる密室殺人事件に探偵・御手洗潔が挑むシリーズ第二弾。
0
本・読書感想

【読書感想/紹介】『ZOKU』 著:森博嗣

森博嗣の変わり種なミステリー(?)短編集『ZOKU』の読書感想・紹介・レビュー記事です。 昭和時代の子供向けアニメに出てきそうな「正義と悪の組織」の戦いを、ちょっぴり現実的で、いささか不思議で、意外に面白くて、充分に楽しく描いた、フワフワ・サクサクな読感の怪作でした。
0
本・読書感想

【読書感想/紹介】長編本格ミステリー『占星術殺人事件 改訂完全版』 著:島田荘司

島田荘司の長編本格推理小説『占星術殺人事件 改訂完全版』 の読書感想・紹介・レビュー記事です。 迷宮入りから40数年が経った猟奇的事件の謎に名探偵・御手洗潔が挑む「御手洗シリーズ」の1作目です。
0
本・読書感想

【読書感想】推理小説『神様が殺してくれる』 著:森博嗣

森博嗣の長編推理小説『神様が殺してくれる』の読書感想・レビュー・紹介記事です。 しばらく森先生のミステリー作品から遠ざかっていましたが、久しぶりに読んだ本作は「しっかり推理モノ」&「どこか神秘的なミステリ」でもあって、お気に入りの一冊になりました!
2020.11.23 0
本・読書感想

【読書感想/紹介】本格ミステリ短編集『犯罪ホロスコープI 六人の女王の問題』著:法月綸太郎

著者と同名の探偵作家「法月綸太郎」が登場する本格ミステリ短編集『犯罪ホロスコープI 六人の女王の問題』の読書感想・紹介・レビュー記事です。 星座とギリシャ神話にまつわる事件を描いた6つの短編が収録されています。
2020.11.23 0
本・読書感想

【読書感想/紹介】青春×ミステリー×サスペンス『もえない』 著:森博嗣

森博嗣の長編ミステリー『もえない』の読書感想・紹介・レビュー記事です。 亡くなったクラスメートが残した遺品と手紙の謎を探る少年の物語。「青春×ミステリー×サスペンス」な雰囲気を楽しめる一冊でした。
0
本・読書感想

【読書感想/紹介】本格ミステリ短編集『犯罪ホロスコープII 三人の女神の問題』 著:法月綸太郎

著者と同名で探偵作家の主人公「法月綸太郎」が登場する本格ミステリ短編集『犯罪ホロスコープII 三人の女神の問題』の読書感想・紹介・レビュー記事です。 黄道十二星座とギリシャ神話をモチーフとした6つの短編が収録されています。
0
本・読書感想

【読書感想/紹介】長編推理小説『駆け出し探偵フランシス・ベアードの冒険』著:レジナルド・ライト・カウフマン

1906年に発表されたレジナルド・ライト・カウフマンの長編推理小説『駆け出し探偵フランシス・ベアードの冒険』の読書感想・紹介・レビュー記事です。 舞台は19世紀末のニューヨーク。「ヘマして、泣いて、恋をして、毒づいて、事件を解決する」へっぽこ美女探偵フランシス・ベアードの冒険譚です。
2020.10.13 0
本・読書感想

【読書感想/紹介】本格推理短編集『法月綸太郎の功績』 著:法月綸太郎

著者と同名の探偵作家「法月綸太郎」が登場する本格ミステリ短編集『法月綸太郎の功績』の読書感想・紹介・レビュー記事です。 5つの中短編を収録。丁寧な論理で事件を解決する構成が面白い作品でした。
0
本・読書感想

【読書感想/紹介】『星を継ぐもの』 著:ジェイムズ・P・ホーガン

ジェイムズ・P・ホーガンの長編SF小説『星を継ぐもの』の読書感想・紹介・レビュー記事です。 地球・宇宙を舞台に「5万年以上前に月で死んだ人間の謎を解く」、科学・技術成分のアイデアが特濃の名作ハードSFです。
2020.10.03 2
本・読書感想

【読書感想/紹介】ミステリー短編集『法月綸太郎の新冒険』 著:法月綸太郎

著者と同名の探偵作家「法月綸太郎」が登場する本格ミステリ短編集『法月綸太郎の新冒険』の読書感想・紹介・レビュー記事です。 5つの短編が収録されていて、まあまあ面白い作品でした。
2020.09.27 0
本・読書感想

【読書感想/紹介】ミステリー中短編集『法月綸太郎の消息』 著:法月綸太郎

法月綸太郎のミステリー小説『法月綸太郎の消息』の読書感想・紹介・レビュー記事です。 シャーロック・ホームズ作品/エルキュール・ポアロ作品の謎に迫る2編、法月親子が自宅でしっぽり事件を推理する安楽椅子探偵もの2編が収録された中短編集となっています。
0
本・読書感想

【読書感想/紹介】『質屋探偵ヘイガー・スタンリーの事件簿』 著:ファーガス・ヒューム

1898年に出版されたファーガス・ヒュームのミステリー小説『質屋探偵ヘイガー・スタンリーの事件簿』の読書感想・紹介・レビュー記事です。 19世紀末、イギリスはロンドンの貧民街ランベスで質屋の主となったジプシーの娘「ヘイガー・スタンリー」の冒険談が描かれた連作短編作品です。
0
本・読書感想

【読書感想/レビュー】長編小説『白昼の死角』 著:高木彬光

高木彬光の長編小説『白昼の死角』の読書感想・レビュー記事です(特にネタバレはありません)。
2019.10.29 0
本・読書感想

【読書感想/レビュー】倒叙推理小説『福家警部補の挨拶』 著:大倉崇裕

「大倉崇裕」の倒叙形式ミステリー小説『福家警部補の挨拶』の読書感想/レビュー記事です。一見すると頼りなくて舐められやすい主人公の女刑事「福家警部補」が、完全犯罪を目論む犯人をじりじりと追い詰めていく、『刑事コロンボ』リスペクトな作風を楽しめました!
0
この記事をシェアする
タイトルとURLをコピーしました