動画視聴時に暗い部分を明るくするガンマ補正ソフト「Gauss」

動画の視聴時などにモニターの暗い部分を明るく調整できるWindows用のフリーソフト「Gauss」の紹介&設定覚え書き記事です。

先日、Windows10のバージョンを1809から1909に更新したところ、長年お世話になったモニターのガンマ調整ソフト「簡易ガンマ値設定ツール」がデュアルモニター環境で使用できなくなるトラブルが発生!

ガンマ値の調整はWindowsやビデオカードのグラフィックプロパティからも変更はできるものの、プロファイルの読み込みに手間が掛かって素早く変更できないため、ショートカットから一発で変更が可能な類似ソフトを試しました。

自分としては映像が暗い映画・ドラマなどの動画を見る時の必須アイテムなため、なかなか便利なソフトでした!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「Gauss」の概要

Gaussの全体ガンマ調整UI

「Gauss」はガンマ値を変更してモニター画面の明るさを変更できるWindows用のフリーソフト(アプリケーション)。

主な特徴
  • モニターのガンマ値をスライダーで簡単に調整
  • モニター個別に設定が可能
  • キーボードショートカットを設定して変更可能
  • 設定を保存したショートカットを作成して一発で変更も可
WindowsPCで動画・画像を視聴する際に補正をかけて見やすくするソフトです。動画・画像などの編集ソフトではないのでご注意を。

最終更新は2011年と古くなっていますが、Windows10のバージョン1909でも使えました。
モニターやグラフィックボードによってはガンマ値の変更ができない場合もあるのでちょっと注意かもです。

ガンマ補正について

ガンマ補正のデモ

ざっくり言えば、ガンマ補正をかけると暗い部分が明るくなって見えやすくなる。ディスプレイモニターのバックライト(明るさ)の強さは変わらない。

極端に画面の一部分~大部分が真っ暗で何が映っているのかよく分からない映画・ドラマを視聴する際に便利。暗い部分が見えにくいタイプのゲームでも利用できる。

主に映像が暗すぎる動画の視聴時に活用しています。ホラー作品とかは素のままだと暗すぎて、何が映ってるのかさっぱり分からないものもありますからね~。

基本的な使い方

Gaussのタスクトレイメニュー

ダウンロードしたzipファイルを解凍してフォルダ内にある「Gauss.exe」を起動すればOK!

ソフトを起動するとタスクトレイに常駐。右クリックメニューで「モニター別/全体のガンマ調整」、「リセット(デフォルトに戻す)」、「キーボードショートカット設定」などが可能。

トレイアイコンを左クリックすると「全体調整」のメインウィンドウが開くようになっている。

あとはスライダーを左右に動かしてガンマ値を調整してOKボタンを押すだけ。一番上を動かすと「RGB(赤緑青)全体」、RGB別に調整することもできる。

設定を元に戻したい時は「デフォルト(リセット)」ボタン、その設定でショートカットを作りたい場合は「ショートカット作成」ボタンをクリック(※デスクトップに作成される)。

キー設定について

Gaussのキー設定

トレイアイコンの右クリックメニューで表示される「キー設定」からキーボードショートカットを設定可能。

種類は3つで「明るくする」「暗くする」「リセット(デフォルト戻す)」。

自分のデュアルモニター環境ではメインモニター側しか操作できなかったので使ってません。シングルモニターなら正常動作してました。

ショートカットの作成

ショートカットの設定

ショートカットを作っておくと、ソフトを起動していなくても一発で設定を適用できるので便利。

ただ、このショートカット機能は、デュアルモニターの自分の環境ではちょっと手を加えないと上手く動作しなかった(シングルモニターにすると通常設定で正常に動作)。

Windowsの画面表示設定でいうところの「拡張」にあたるデュアルモニター環境だと、以下の不具合があった(モニター/グラフィック環境の影響?或いはWindowsの仕様?)。

  1. 全体調整用のショートカットがそのままだと機能しない
  2. モニター個別調整用のショートカットで片方に補正をかけると、もう片方の補正がデフォルトにリセットされてしまう
どちらの問題もショートカットに両モニター用の引数(パラメータ)を入力で解決。

ガンマ値の設定パラメータは、↓が基本型。

-monitor-gammaRGB Monitor番号=○.○:○.○:○.○

例えば、デュアルモニターで1番目(メイン)のモニターはデフォルト設定、2番目(サブ)のモニターは「RGB:2.0」にする場合は、ショートカットのプロパティのリンク先を以下のようにする。

C:\フォルダ名\Gauss.exe -monitor-gammaRGB Monitor1=1.0:1.0:1.0 -monitor-gammaRGB Monitor2=2.0:2.0:2.0
パラメータ間のスペースは「半角スペース」。

とりあえず上記の設定で動作してくれました。

まとめ

ショートカットを適当に10個くらい作って名前も変更。愛用しているランチャーソフト「Claunch」に突っ込んでいつでもパッとガンマ補正を変えられるようにしました。

モニターのどちらかに動画・画像を表示していることが多いので、片方だけガンマ補正で明るくするショートカットと、両方のモニターを同時にデフォルトに戻したり明るくするものも作っています。

簡易ガンマ値設定ツール」がデュアルモニターで使えなくなって困っていましたが、何とか元に近い状態に戻れて良かったです、作者さんに感謝!(シングルモニターでは普通に使えるようです)

それにしてもWindows10のバージョンを更新すると何かしらトラブルが起きるのは本当に勘弁してほしいです(;´д`)トホホ…

コメント