【艦これ/鎮守府秋刀魚&鰯祭り】「鎮守府海域」周回用の編成・装備

艦これ2019『鎮守府秋刀魚&鰯祭り』での「鎮守府海域」周回用の艦隊編成・装備構成をまとめた攻略記事です。

鎮守府海域は、全作戦海域で秋刀魚&鰯のドロップチャンスがあり、難易度も低いため手軽な秋刀魚・鰯掘りに向いています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1-1「鎮守府正面海域」

艦これ第二期1-1「鎮守府正面海域」マップ

秋刀魚・鰯のドロップポイントは、BマスボスCマスの2箇所。

過去の例から考えるとドロップ率はあまり高くないと思われるが、特効装備盛々で簡単に周回できるので、キラ付けのついでにでも周ってみると良いかも!

1-1編成

キラ付け兼用編成 漁装備×10

キラ付けのついでなら、旗艦や随伴艦に秋刀魚・鰯用の装備を適当に積めばOK!

ガッツリ漁をする場合は、6隻編成でたっぷりと特効装備を積んでいく感じ。

1-2「南西諸島沖」

艦これ第二期1-2「南西諸島沖」のマップ

ドロップポイントは、EマスボスCマスの2箇所。

1-2もあまりドロップ率は高くないようだけど、周回しやすいので他の海域が枯れたときには使える。

  • キラ付け兼用2戦ルート
    • [駆逐4+駆逐以外の高速艦1]
  • 漁特化ルート
    • 速力高速統一(あとは何でもOK)
1-2編成

キラ付け兼用編成 漁装備×15

キラ付けや短時間周回なら[駆逐4+駆逐/海防以外の高速艦1]で組めばボス2戦ルートを固定可能。

秋刀魚・鰯特化なら3戦ルートを避けるために低速艦無しの「高速統一」編成を組めばいい。

1-3「製油所地帯沿岸」

艦これ第二期1-3「製油所地帯沿岸」のマップ

秋刀魚・鰯のドロップポイントはボスJマス

  • うずしお回避
    •  [駆逐4+自由枠2]
    • 自由枠は「正規空母系/低速戦艦(航戦は可)」以外
    • 水母入りだと高確率でD燃料マス経由
  • うずしお経由
    • 「水母1以上」
    •  [軽巡1+駆逐2+自由枠3]
    • 補給艦を含むとG逸れ

うずしおを回避してボスマスに到達したいので駆逐4隻をベースに軽空/水母などで先制火力&砲撃戦火力を補強して編成。

艦攻・艦爆・水爆・開幕雷撃などをしっかり組み込んでおけば、先制火力で敵を殲滅して被害を減らせる。

1-3編成

うずしお回避編成 漁装備×17

ボス艦隊は旗艦「戦艦ル級」の単縦陣/複縦陣となっているので、砲撃戦二巡目を考慮して旗艦には軽空母などの砲撃火力が高い艦を配置。

全3戦以下のルートなら補強増設に「戦闘糧食/秋刀魚の缶詰」などの特効装備を積むのも有り。

1-4「南西諸島防衛線」

艦これ第二期1-4「南西諸島防衛線」のマップ

秋刀魚・鰯のドロップポイントは、ボス前のH/I/JマスボスLマス

一回の出撃でドロップチャンスが2回あるので漁に最適!ボスLマスでは期間限定ドロップで「対馬、八丈、朝霜」も狙えるもよう。

  • 上3戦ルート編成
    • 大鯨入りで下ルート「D→G」を回避
    • [(駆逐+海防)3+大鯨+自由枠2」
  • 上下ランダム3戦ルート編成
    • (駆逐+海防)4隻以上で「J→K」逸れを防止
    • [(駆逐+海防)4以上+自由枠2]
    • 潜水艦0
  • 制空値の目安
    • 「30+」で全マス優勢以上
    • 「60+」で全マス制空権確保

4戦ルート化を防ぎつつ、「J→K」逸れを防げればいいので、[(駆逐+海防)4+自由枠2(潜水艦以外)]か[(駆逐+海防)3+大鯨+自由枠2]で組めばOK!

自由枠は先制火力・砲撃火力を補いやすい軽空母あたりが最適と思われる。

1-4大鯨編成

下ルート回避編成 漁装備×9

下ルートに進むと「戦艦ル級」で地味に事故りそうなので大鯨入りでの上ルート編成も試した。

搭載数が17機以下のスロットで制空権確保を取り、敵対空射撃回避の艦攻・艦爆・水爆を使えば、ボーキ消費を最小限に抑えて周回できる。

自艦隊に戦艦系を組み込まない場合は、ボス艦隊を砲撃戦で仕留めきれないこともあるので、駆逐枠には高火力&高雷装の改二組を入れて昼S勝利を安定させるのも吉。

1-4はお手軽なメイン漁場になりそうでした( ´∀`)bグッ!

1-5「鎮守府近海」

艦これ第二期1-5「鎮守府近海」のマップ

秋刀魚・鰯のドロップポイントはH/IマスボスJマス

基本的にS勝利を取ったほうがドロップ率も良いと思われるため、バイト艦戦術は使いにくい。

  • [A-D-F-G-J]ルート
    •  [(軽巡級+駆逐艦+海防艦+軽空+航戦)4]
    • 軽巡2隻以下、軽空1隻以下
  • [A-D-E-J]ルート
    • [海防艦4]

適当な4隻で編成。先制対潜艦×4隻で固めておけばボス到達&S勝利がそこそこ安定する。

1-5編成

キラ付け兼用編成 漁装備×12

キラ付けを兼ねて随伴艦の対潜火力を落としていると、ボス戦でS勝利を逃すこともあるので若干リスキー。

また、ボス戦でT字不利を引いた場合もS勝利が怪しくなるので、護衛空母や伊勢型改二に彩雲を積んでいくのも良い感じ!

1-6「鎮守府近海航路」

1-6マップ

秋刀魚・鰯のドロップポイントは「D、I(?)、J」マスの3箇所。

資源を回収しながらドロップチャンスも2回あるので悪くない。ただし、Kマスでハズレ編成を引くと比較的大破撤退が起きやすい。

  • 上側Jマスルート
    • [(航戦+軽空+重巡級)2+軽巡級1+駆逐3]
  • 制空値の目安
    • 「180+」でJマス優勢以上
    • 「210+」で全マス優勢以上

IマスルートはしんどいのでJマスルートを進行。戦力的には[(航戦+軽空)2+軽巡級1+駆逐3]が安定しやすいと思う。

伊勢型姉妹を投入した[航戦2+軽巡1+駆逐3]で編成。制空値は「210+」で全マス優勢以上、瑞雲の生存性を重視。

1-6編成

Jマスルート編成 漁装備×7

初戦の潜水マス対策に先制対潜艦×3~4隻、航空戦対策に対空カットイン艦×2隻、Dマスでの夜戦用に全艦夜戦連撃の装備構成とした。

K&Dマス用の先制火力として軽空母の艦攻が欲しいけれど、Dマス用の夜戦要員が減ってしまうのは怖いので悩ましいところ。夜攻やソードフィッシュは枯れやすいし何とも微妙!

D航空戦マスでは基本夜戦になるので、陣形は夜戦重視で単縦陣or複縦陣を選択していました。
追加対策で、命中補助&漁装備を兼ねた夜間触接の夜偵も積んで安定性UP狙い!

まとめ

10回以下程度の軽い周回数で、それなりの漁用装備を積んでいると、1-3~1-6の秋刀魚・鰯ドロップ率は高いようでした(95%でどちらかがドロップしていました)。

秋刀魚と鰯のドロップ率に関しては、ドロップ制限の詳細な仕様が謎なので何とも言えませんが、お手軽・簡単に掘るなら鎮守府海域だけでも相当数を集められそうですな~。

コメント