当サイトには広告が含まれます
スポンサーリンク
Android

ステータスバーで音量確認&通知領域で音量調整ができるAndroidアプリ『音量調整 in ステータスバー』

『音量調整 in ステータスバー(VolumeIcon)』 の概要

ステータスバー(通知領域)で音量の確認&調整ができるAndroidアプリ『音量調整 in ステータスバー(VolumeIcon)』の使い方・設定記事です。

『音量調整 in ステータスバー(VolumeIcon)』の主な機能
  • ステータスバーに4種類の音量を表示できる(メディア音量・アラーム音量・着信音量・通話音量・通知音量・システム音量の中から4種類)
  • 通知領域(&ロック画面)に6種類の音量を表示、1~4種類の音量を調整できる
  • 音量変更のログを記録できる
この記事の内容

『音量調整 in ステータスバー(VolumeIcon)』の基本的な使い方・設定方法を画像付きで説明しています。ちょっとした不具合(端末との相性問題かも?)に関する情報もあります。

どんぱっぱ
どんぱっぱ

ステータスバーで各種音量設定状態を手軽に確認できるのと、通知領域やロック画面から音量を調整・変更できるのが便利です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

基本情報

『音量調整 in ステータスバー(VolumeIcon)』は、Android OSで使用できる基本無料のアプリです。

主な機能は、ステータスバーに表示されるアイコンから音量の設定状態を確認したり、通知領域・ロック画面に表示されるアイコン(ボタン)から各種音量を調整・変更できるというもの。

確認・調整できる音量の種類

メディア音量、アラーム音量、着信音量、通話音量、通知音量、システム音量

Android OSの「設定」→「音とバイブレーション」を介さずに各種音量の確認と調整ができるのと、端末の物理的な音量ボタンを使わずに済むのもポイントです。

アプリ名音量調整 in ステータスバー(VolumeIcon)
バージョン0.7.11
最終更新日:2022/08/12
確認日:2024/06/20
提供元FeeeeeLog
Android要件5.0以上
インストールサイズ約24MB(※端末による)
価格無料(広告あり)

基本的な使い方

アプリ機能の起動方法

アプリの起動時に「マナーモードへのアクセス権限」、アプリ機能の起動時に「電話と発信の管理」の許可が求められるので許可してください。

アプリをインストールしたら、まずはアプリの機能を起動する必要があります。

アプリを開いて画面左上のメニューアイコン(ハンバーガーボタン、≡)をタップします。

スライドメニューが表示されたら、「起動」の右側にあるトグルスイッチをタップして有効にすることで、ステータスバーや通知領域にアプリのアイコンが表示され、機能を使えるようになります。

設定画面の表示方法

スライドメニューの「起動」は、アプリ機能の起動に関する設定画面へのアクセスボタンになっています。このメニューデザインはちょっとわかりにくいと思いました。

ちなみに、上図のメイン画面からも直接音量の変更・Muteが可能です。

ステータスバーで音量を確認する

アプリ機能を起動すると、ステータスバーに音量アイコンが表示されます。

ステータスデーの表示

ステータスバーに表示される音量は、アプリのメイン画面の上から4種類の音量が左側から順に表示されます。

ステータスバーに表示される音量の種類と並び順を変えたい場合は、アプリのメイン画面右上のメニューボタンをタップして表示される矢印ボタン(⇅)で変更できます。

メイン画面と並び順

通知領域で音量を調整する

ステータスバーを下にスワイプして表示される「通知領域」に表示されるアイコン・ボタンから各種音量の確認と調整ができます。

通知領域で確認できる音量は6種類、調整できる音量は1~4種類です。

音量の調整は、対象のアイコンをタップして選択状態(アンダーバーが表示された状態)にしてから、右側にある「Mute、マイナス(-)、プラス(+)」のボタンで変更します。

通知領域での表示

一番左側にある6種類の音量を表示するアイコンをタップすることで、アプリのメイン画面を起動することもできます。

ロック画面に表示する

ロック画面にも通知領域のアイコン・ボタンを表示して音量確認&調整が可能です。

ロック画面に通知を表示するには、まずアプリの「メイン画面」→「メニューボタン(≡)」→「起動」→「ロック画面の表示」を有効にします。

次に、Android OSの「設定」→「プライバシー」→「ロック画面上の通知」→「すべての通知内容を表示する」を選択すればOKです(※端末やAndroidバージョンによって違いがあります)。

設定について

起動設定

起動に関する設定の画面には、アプリの「メイン画面」→「メニューボタン(≡)」→「起動」からアクセス。

以下の設定を任意で変更できます。

  • 端末起動時に起動
  • アプリ更新時に起動
  • 音量ボタン表示数(1~4)
  • メディア音量の増減量(1~10)
  • 音量変更ボタンの並び順
  • 通知の優先順位(Max~Minの5段階)
  • ロック画面の表示
  • 旧アイコン方式を使用
設定画面

メディア音量の増減量設定は、通知領域とロック画面でボタンを連打する回数を減らせるので、使用する端末によっては役立ちます。

通知領域とロック画面ではボタンを長押しての音量の連続変更はできないので(通知そのもののON/OFF設定画面が開いてしまう)。

その他

通知領域のカラーテーマを、ダークとホワイトから選択できます。

アイコン表示

また、ログ機能を有効にしておくと音量変更のログも確認できるようです(使ってないので未確認)。

備考

メモリ使用量

音量調整 in ステータスバー(VolumeIcon)の基本的な動作は軽快でした。

ログ機能無効で常駐している際のメモリ使用量は20MB前後。音量を調整・変更した際には一時的に200MB前後になるようですが、すぐに20MB前後に戻っていました。

メモリ使用量

アラーム音量調整の不具合

moto g50 5g(Androidバージョン:12、ソフトウェアバージョン:S1RSS32.38-20-12-9)』で、下記の不具合があった。

ここでは「アプリ=『音量調整 in ステータスバー』」。

  • アプリでアラーム音量を「3/7」から下げることができない
    • 3/7~7/7の範囲では調整できる
    • アプリのメイン画面から下げられない
    • アプリの通知領域とロック画面からも下げられない
  • 上記と同様にアプリからアラーム音量をMuteにできない
  • Android OSの設定ではアラーム音量を正常に調整・変更できる
    • Android OS側で設定後にアプリ側でアラーム音量を変更すると、最小でも「3/7」となる
  • Fire 8 HD Plus(2020年の第10世代)』では同不具合は確認できなかった

あとがき

『音量調整 in ステータスバー(VolumeIcon)』、なかなか便利なアプリで助かってます👍

アプリを閉じたり、端末の物理音量ボタンを使わずに、音量の確認・調整ができて便利です!

アラーム音量に関する動作の不具合がちょっとあったのですが、概ね便利に使えています。

「Android端末の各種音量の確認・調整を手軽にしたい!」、「物理音量ボタン以外で音量調整する手段がほしい!」という場合に使ってみるといいんじゃないでしょうか。

コメントの通知/購読設定
受け取る通知
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
タイトルとURLをコピーしました