【艦これ第二期】1-5「鎮守府近海」を攻略!

出撃時の文月改二

鎮守府海域(#1-5)「鎮守府近海」の海域情報・艦隊編成・装備構成などをまとめた攻略記事です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

海域基本情報

海域バナー

難易度★5
海域方面鎮守府海域
海域名鎮守府近海(Extra Operation 1-5)
作戦名鎮守府近海対潜哨戒
作戦内容なるべく小編成の対潜哨戒部隊を編成し、鎮守府近海に出没する敵潜水艦を捜索。これを捕捉制圧、近海の安全な航行を実現せよ!
突破条件ボス艦隊旗艦を4回撃沈でゲージ破壊
提督経験値道中:80、ボス:1060
報酬勲章×1、戦果ボーナス+75
備考攻略タイムリミットは月末の23時59分まで。リミット後に再ログインでゲージリセット
参考鎮守府海域 – 艦隊これくしょん -艦これ- 攻略 Wiki*

マップ・ルート

マップ

B/G:戦闘なし、A/D/E/F:対潜マス(消費:燃料8%、弾薬0%)

主な進行ルートは全4戦[A-D-E-J]or[A-D-F-G-J]の2つ。

ボスマスやお仕置きマスを覗いた戦闘ポイントは全て対潜マスとなるので燃料・弾薬消費の軽い低燃費周回が可能。

ルート分岐条件

ポイントルート分岐条件(※上優先)
CB海防艦のみの編成でJ
空母系を含むとB
その他もB?
J
DE海防艦のみの編成でE
補給艦を含むとE
5隻以上の編成でランダム
F
EC5隻以上の編成でC
補給艦を含むとC
その他4隻以下の編成でJ
J
FG航戦を除いた戦艦系/正規空母系/潜水艦系/を含むとI
軽巡3以上/軽空2以上を含むとI
その他はG
I
GH5隻以上の編成でH
4隻以下の編成でJ
J

レアドロップについて

「明石未所持」&「司令部レベル40以上(?)」の場合、ボスJマスS勝利で工作艦「明石」のドロップチャンスがある模様。

対潜戦マスの資源消費について

4戦後の補給

1-5を1周したあとの補給

艦これ第二期の海域リニューアルによって、いわゆる「潜水艦マス/対潜戦マス」の資源消費がイベント仕様の[燃料8%、弾薬0%]に変更された。

他の海域も同じ様に対潜マス消費が軽くなった。ただし、一部の海域ポイントや、水上艦との混成編成のポイントでは通常消費となっている。
1-5の4戦ルートでの資源消費(補給)は1周あたり「燃料44%、弾薬20%」
3戦撤退でのキラ付けや、普通にボス攻略での周回でも低燃費周回できるようになりましたな。

敵艦隊情報

おおまかな敵編成

場所強編成陣形制空値経験値補足
A潜水カ級elite、潜水カ級*2梯形 75対潜戦
C軽巡ヘ級flagship、雷巡チ級flagship*2、駆逐イ級後期型*3単縦 180 
D潜水ヨ級elite、潜水ヨ級*2梯形 100対潜戦
E潜水ヨ級elite、潜水カ級elite*2梯形 110対潜戦
F潜水ヨ級elite、潜水カ級elite*3梯形 140対潜戦
H軽巡ヘ級flagship、雷巡チ級flagship*2、駆逐イ級後期型*3単縦 180 
I空母ヲ級flagship、軽巡ヘ級flagship*2、駆逐イ級後期型*2輪形 180 
J潜水ソ級flagship、潜水ヨ級elite*2、潜水カ級梯形 220ボス

編成・装備例

  • [(軽巡級+駆逐艦+海防艦+軽空+航戦)4]
    • 軽巡は2隻まで、軽空は1隻まで

軽量編成

対潜先制爆雷攻撃×4隻を組み込んだ水雷編成。装備は基本的に[ソナー+爆雷投射機+爆雷]の対潜3種シナジー構成。

無条件の先制対潜能力を持つ「五十鈴改二、龍田改二、Jervis改、Samuel B.Roberts改、Johnston」なども活躍してくれる。

駆逐4編成

軽量編成(海防艦のみ)

低燃費で安定周回が可能な海防艦4隻の編成。

海防艦4編成

航戦入り編成

対潜装備の不足や、先制対潜艦がいない・足りない場合に使える航空戦艦入りの[航戦1+軽巡0~2+駆逐1~3]編成。

砲撃戦を二巡させることができるので、ボス戦での対潜火力も充分に確保できる。

航戦入り編成

キラ付け編成

ボスマスまで行くことを前提として、キラ付け対象の旗艦がなるべくMVPを取れるように射程と随伴対潜火力を調整した[キラ付け旗艦+α3]の編成。

4隻全艦で先制対潜を行うことで被害を軽減。旗艦の射程を「中」以上に調整して最初に攻撃&随伴艦の対潜火力を落とすことで、旗艦MVPの安定を図る。

素で射程が「中」以上且つ先制対潜が可能な「護衛空母、軽巡、雷巡、練巡、一部駆逐」は調整しやすい。

キラ付け編成

全戦で旗艦MVP&A勝利以上を取れば、1周で旗艦キラ付け艦のコンディション値を通常出撃による事実上のMAX値「85」にできる。

キラ付け編成(バイト艦)

適当なLv1バイト艦3隻を随伴に付けて旗艦にキラ付けをする[キラ付け旗艦+バイト艦3]の編成。

キラ付け旗艦が先制対潜可能ならばバイト艦を盾にしながら4戦しやすい。3戦撤退でのキラ付けならば弾薬消費なし。

バイト艦キラ付け編成

バイト艦は大破・轟沈してもかまわず進撃し、生き残った場合も修復・補給せずに運用。

ボスまで行って4戦しても無補給で3回まで出撃が可能。使用後は解体or近代化改修素材に。

戦闘について

1-5戦闘は、ボスルートだと敵は全て潜水艦。ルートが逸れると水上艦の待つお仕置きマスに送られる。

お仕置きマス

Hお仕置きマス雷撃戦

5隻以上や重量級の編成でルートが逸れると水上艦のいるお仕置きマス行きなので注意!

海防艦5~6隻編成ならCマス経由で一応ボスマスに到達は可能だけれど、Cマスで酷い目にあってしまうため、兎にも角にも1-4では「4隻編成」が基本。

対潜戦闘について

ボス戦「潜水ソ級flagship」入り

道中・ボス戦の敵潜水艦隊は全て4隻以下の編成となっているため、自艦隊の4隻全てに「対潜先制爆雷攻撃」能力を持たせておけば、攻撃をミスしない限り完封も可能。

ボスJマス艦隊は強編成パターンだと旗艦「潜水ソ級flagship」となり開幕雷撃が強力なため、可能な限り対潜先制爆雷攻撃で先手を打って被害を減らしたい。

まとめ

1-5は通常のボスルートならば道中戦は全て対潜マスとなるので、弾薬消費を抑えながら周回できるのが嬉しいです。

先制対潜要員が揃えば、潜水艦狩りの定期任務消化やキラ付け、戦果稼ぎの補助にも一応は使えるので便利な海域になりました。

1-5ゲージの攻略・破壊は、1-6を毎月開放するためのトリガーにもなっているため、任務消化・キラ付け・戦果稼ぎ・レベリングのついでにでも攻略しておくと良さそうです。

コメント