【艦これ第二期】5-4クォータリー任務『精鋭「三一駆」、鉄底海域に突入せよ!』の攻略編成・装備

出撃時のゴトランド

5-4クォータリー出撃任務『精鋭「三一駆」、鉄底海域に突入せよ!』攻略用の編成・装備などをまとめたプレイ記事です。

「戦闘詳報」や「新型砲熕兵装資材」を定期的に入手できる貴重な任務となっています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

任務情報

バナー

任務名精鋭「三一駆」、鉄底海域に突入せよ!
任務種別3ヶ月に一度受けられる定期季節任務。3、6、9、12月の1日午前5時にリセット
任務内容強行東京急行任務:精鋭「三一駆」第一小隊を護衛戦力とした突入艦隊を編成、南方サーモン海域に投入。鉄底海峡に突入し、同海域に展開する敵艦艇を実力で排除、強行鼠輸送作戦を反復完遂せよ!
任務海域南方海域 5-4「サーモン海域」
編成条件「長波改二」+「高波改/沖波改/朝霜改から1隻」+自由枠4隻
達成条件ボス戦でS勝利×2回
基本報酬燃料・弾薬・ボーキサイト×各310
選択報酬1「13号対空電探×2」or「22号水上電探×2」or「戦闘詳報×1」
選択報酬2「新型砲熕兵装資材×1」or「プレゼント箱×1」
実装2017年12月27日
開放トリガークォータリー任務「北方海域警備を実施せよ!」
単発編成任務『精鋭「三一駆」第一小隊、抜錨準備!』達成後

マップ・ルート

艦これ第二期5-4「サーモン海域」のマップ

任務海域は5-4「サーモン海域」。主な進行ルートは上下3種類。

  • 上4戦[B-C-G-L-P]
  • 下4戦[B-(D)-E-H-I-J-M-P]
  • 下4戦[A-D-E-H-I-J-M-P]

上ルートは最悪「軽巡ツ級elite/無印」と×4戦することになり敵編成も割りと強い。下ルートは夜戦マス(特にHマス)の突破で手こずることがあったりする。

上下ルートのどちらでも現実的に攻略可能で、道中支援艦隊を使うと安定性が増す。

編成・装備例

  • 上4戦:[B-C-G-L-P]
    • [正規空母系2隻+(戦艦系+軽空+巡洋艦)2+駆逐2]
    • 正規空母/装甲空母は2隻まで
  • 下4戦(うずしお回避):[B-E-H-I-J-M-P]
    • [(戦艦系+巡洋艦)2+軽巡1+駆逐3]&「高速統一」
    • [(戦艦系+巡洋艦)2+駆逐4]&「高速統一」
    • 「低速戦艦/航空戦艦」は高速化しても1隻以下
  • 下4戦(うずしお経由):[A-D-E-H-I-J-M-P]
    • [戦艦系2+巡洋艦2+駆逐2]
    • 戦艦系枠は「低速戦艦1隻以下(※改装航空戦艦は除く)」
  • 制空値の目安
    • 上ルート
      • 「320+」で道中優勢以上、ボス確保
    • 下ルート
      • 「150+」でボス優勢
      • 「65+」でボス均衡
上ルートは「ツ級」がやたらと出てくるので、被撃墜で制空値が下がりやすい爆戦系・瑞雲系などの運用時は少し注意。

下ルート編成(うずしお回避)

D燃料うずしおを回避して[B-E-H-I-J-M-P]を進行する編成。

うずしおを回避することでH夜戦マスで燃料残量による回避低下が発生しない。

ただし、「軽巡1+駆逐3」or「駆逐4」が必要となるため、対ボス戦火力&マップ索敵値が少し厳しくなる。

下ルート軽量編成1

[高速戦艦1+高速化航戦1+軽巡1+駆逐3]

下ルート軽量ネルソンタッチ編成

[高速化戦艦1+航巡1+軽巡1+駆逐3]ネルソンタッチ

昼夜メイン火力の戦艦系はマップ索敵値稼ぎ兼ねて[主砲2+水偵/水爆+α]の弾着連撃連撃構成。

巡洋艦枠は、制空に便利な水上戦闘機を持ち込める航巡や一部軽巡が使いやすい。

駆逐艦には[主砲2+α]の夜戦連撃構成や、[水上電探+見張員]の夜戦回避シナジー構成も面白い。

下ルート編成

[イタリア戦艦2+軽巡1+駆逐3]

下ルート編成3

[高速戦艦2+軽巡1+駆逐3]

戦艦系枠にネルソンを入れての対Hマス用ネルソンタッチや、艦戦を持ち込める伊勢改二/日向改二も高速化して使える。

ボス戦はあまり難しくないので、道中突破に寄せて夜戦支援装備の「照明弾」を持ち込むのがおすすめ。

渦潮を回避できるため回避に期待がもてます。
窮屈な装備構成と制空値・マップ索敵値の確保に苦労します。

下ルート編成(うずしお経由)

Dうずしおマスを経由する下4戦ルート[A-D-E-H-I-J-M-P]用の編成。

低速戦艦系は1隻まで(※改装航空戦艦「伊勢改二/日向改二」は除く)の[戦艦系2+巡洋艦2+駆逐2]で組む形となる。

編成条件がかなり緩くなるのでボス戦での制空・火力の確保が容易。ただし、燃料うずしおを踏むので「電探装備艦×3隻以上」は欲しい。

ビッグセブンタッチ編成

[戦艦1+航戦1+航巡2+駆逐2]

艦これ5-4Q任務『精鋭「三一駆」、鉄底海域に突入せよ!』の下ルート編成4

[戦艦1+航戦1+重巡1+航巡1+駆逐2]

  • ネルソンタッチ
    • 3・5番艦に「15.5cm」&「20.3cm」のダブルフィット構成の鈴谷/熊野改二を配置して命中率を重視。
  • ながむつタッチ
    • H夜戦マスでのタッチに必要なのは「手数」で「火力」はさほど必要ないため、2番艦は伊勢改二でも問題なし。

ネルソン/長門改二/陸奥改二などのビッグセブンによる特殊攻撃に対応させた[ビッグセブン1+航戦1+巡洋艦2+駆逐2]編成。

D夜戦マスでネルソンタッチなら複縦陣、ながむつタッチなら梯形陣を選択して特殊攻撃発動を狙う。

大幅な戦力補強が可能で低速戦艦系も入れられる。
うずしおを踏むため夜戦マスでやや回避が低下、対策の電探も必要。

上ルート編成

空母系を1隻以上組み込むことで上側4戦ルート[B-C-G-L-P]を進行する編成。

ルート制御のために正規空母系(正規空母・装甲空母)は「2隻以下」にする必要がある。

初戦Cマスで出てくる可能性がある単縦陣or梯形陣の「潜水カ級elite」×0~2隻、2戦目Gマスの赤オーラ艦載機「空母ヲ級flagship」×2隻などの対策も重要となる。

敵対空射撃回避補正の実装で上ルートも使いやすくなりました。
上ルート編成1

[航戦1+空母2+軽空1+駆逐2]

上ルート編成2

[航戦1+空母2+雷巡1+駆逐2]

上ルート編成

[航戦2+空母2+駆逐2]

 

空母系には、敵対空射撃回避補正のある艦攻・艦爆・噴爆・水爆を積んで全滅対策。

初戦Cマスで単縦陣の「潜水カ級elite」×2隻が出てくる可能性があるため、先制対潜を×2隻に組み込んでおくと安心。長波/朝霜や日向改二、護衛空母の神鷹などを使うのもあり。

敵の航空戦での攻撃もなかなか激しいので、対空装備や対空カットインもあると安定しやすい。

強力な戦力を投入可能&対空射撃回避補正で艦載機の生存性UP
艦攻・艦爆の被害(ボーキサイト消費&熟練度減少)が大きく、道中戦の難易度もやや高い。

支援艦隊編成

上下ルート共に道中大破撤退がそれなりに発生しやすいため、前衛支援艦隊が有効(※夜戦マスにも支援射撃が有効)。ボス決戦支援の必要性は低め。

前衛支援艦隊

前衛支援を使う場合は、基本的に[駆逐2+空母系1+戦艦3]の全キラ支援射撃が安定。

下ルートは柔らかい敵が多いので燃費の良い航戦・重巡・軽空などを使うことで節約できそうです。

道中戦について

道中の敵編成と肝となるポイントをチェック!

下ルート

5-4「サーモン海域」のEFHJ編成

F/H/Jマスが「夜戦マス」となるが、重量級編成で踏むことになるFマスはかなり危険なので回避するのが無難。

ルート制御してFマスを回避した場合の下ルート鬼門は「重巡リ級flagship/elite」が主力の2戦目Hマスとなる。

下ルートHマス戦

支援艦隊・夜戦支援装備・ネルソンタッチなどを活用すれば突破しやすくなるけれど、いずれも確定で発動するわけではないため運要素が強い。

支援射撃&ネルソンタッチが発動すれば、敵旗艦フラリの砲雷カットインが発動する前に撃沈できるチャンスも結構あります。

上ルート

5-4「サーモン海域」のBGLマス編成

初戦Cマスは運が悪いと「潜水カ級elite」×2隻の単縦陣となり、味方の駆逐や中型艦に開幕雷撃での被害が出ることもあるので先制対潜を仕込んでおきたい。

2戦目Gマスの「空母ヲ級flagship」2隻は両方とも赤オーラ付きの艦載機で航空戦火力&砲撃火力も高め。

3戦目には「戦艦タ級flagship」×1~2隻が単縦/複縦/輪形/梯形陣などで出てきて砲撃戦で事故りやすい。

上ルートGマス戦

2019年3月に一部艦載機の対空射撃回避能力が実装。
関連記事2019年3月22日プチアップデートまとめ
2戦目Gマスのハズレ編成には「軽巡ツ級」も入っていて、艦攻・艦爆が枯れやすいため厄介です。

ボス戦について

ボス艦隊の編成や戦闘内容をチェック!

ボス昼戦

ボス艦隊は、旗艦「輸送ワ級flagship」に「戦艦タ/ル級flagship」「軽母ヌ級flagship(赤)」などが随伴する輪形陣の編成。

ボス昼戦

フラヌは赤オーラ艦載機となっていてそれなりに航空戦被害も出やすいため、対空装備・カットインなどを組み込んで被ダメージを抑えたい。

ボス艦隊は総合的には対して強くないので、上ルート編成や弾着下ルート編成だと、昼戦でS勝利を取れることも珍しくなさそうだった。

ボス夜戦

ボス夜戦

比較的夜戦が必要になりやすい下ルート編成は、ボスマス到達時点で弾薬残量による与ダメージ低下が発生しない。

長波改二や高波/沖波/朝霜改の夜戦連撃でも充分なダメージを出せるので、ボスマスに到達しさえすれば任務条件のS勝利は概ね安泰な雰囲気。

報酬選択

報酬選択1

1回目の報酬選択は、「13号対空電探×2」or「22号水上電探×2」or「戦闘詳報×1」の3択。

13号や22号は夕雲型などのちょいレアな「改」駆逐艦の持参装備になっている事も多いので、基本的には「戦闘詳報」を貰っておけば良さげ。

報酬選択2

2回目の選択は、「新型砲熕兵装資材×1」or「プレゼント箱×1」の2択。

こちらも基本は「新型砲熕兵装資材」をチョイスするのが無難だろうけど、在庫が余っているようならプレゼント箱でも良さげ。

プレイ動画

【艦これ第二期】5-4クォータリー任務『精鋭「三一駆」、鉄底海域に突入せよ!』
【艦これ】5-4クォータリー任務『精鋭「三一駆」、鉄底海域に突入せよ!』(2019年3月)

まとめ

自分的攻略難易度:★★★☆☆

精鋭「三一駆」、鉄底海域に突入せよ!』は、第一期の頃は簡単な部類の任務でしたが、第二期リニューアルで5-4難易度が上がって油断できなくなりました。

ただ、上下ルートの選択が可能で、支援艦隊を惜しまず使えば総合的な難易度はあまり高くない印象でもあります。

装備更新や艦娘改装時に必要となる「戦闘詳報」&「新型砲熕兵装資材」の定期的な入手手段として、3ヶ月一度しっかり消化したいところですな。

コメント