【読書感想/レビュー】『グラーフ・ツェッペリン 夏の飛行』 著:高野史緒

高野史緒の中短編SF小説『グラーフ・ツェッペリン 夏の飛行』の読書感想・レビュー記事です。

時間と世界が入り混じる不思議な感覚を、テンポよく楽しめるSF作品でした(ネタバレはありません)。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

作品の基本情報

『グラーフ・ツェッペリン 夏の飛行』は、2018年にKindleSingleから出版された「高野史緒」の中短編SF小説。

  • タイトル:グラーフ・ツェッペリン 夏の飛行
  • 著者:高野史緒
  • 出版社:Amazon Publishing
  • 初版発行年:2018年
  • ページ数:50ページ
  • メディア:電子書籍(Kindle Single)
  • 価格:199円
  • ジャンル:SF、歴史、中編小説

2018年のSF短編を集めた短編集『年刊日本SF傑作選 おうむの夢と操り人形』にも収録されている。

1時間くらいでサクッと読める中~短編の青春SF小説です。

あらすじ

女子高校生・夏紀は、母親の生まれ故郷である土浦を訪れた。約90年前の1929年8月、当時、世界最大の飛行船だった「グラーフ・ツェッペリン号」は史上初の世界一周飛行の途中、ここ土浦にある霞ヶ浦海軍航空隊基地に寄港した。

ところが、夏紀には小学生の頃、祖母の葬儀のために来た当地で、確かに巨大な飛行船を見た記憶があった。

その話を聞いた従兄の登志夫は、量子コンピュータに接続した拡張現実装置を夏紀に装着させ、もう一度現れるはずのツェッペリン号を追跡しようとするが……

出典:グラーフ・ツェッペリン 夏の飛行 (Kindle Single) | 高野 史緒 | Kindleストア | Amazon

90年以上前の出来事を目撃した記憶を持つ主人公「夏紀」は、量子コンピュータに接続されたAR(拡張現実装置)ゴーグル&グローブを装着。過去の町並みを再現しながら「グラーフ・ツェッペリン」を追いかけます!

感想(ネタバレなし)

1929年8月、霞ヶ浦航空隊基地に来た「LZ127 Graf Zeppelin」

あからさまなネタバレはありませんが、推測は可能かもしれないので、気になる方はご注意を。

「主人公はなぜ90年以上前のありえない記憶を持っているのか?」という謎をベースに、時間の流れやその繋がりについて、可能性に満ちた刺激的なお話になっていて楽しかった。

量子コンピュータを用いて記憶・記録の断片を処理・統合して過去を再現・反映するという拡張現実技術はすごく魅力的。

特に、ある人が実際に見て感じた情景まで再現できるとしたら、良くも悪くも素晴らしいだろうなあ。

拡張現実から派生・或いは延長線上に存在するかもしれない様々な現象については、「可能性が否定できない」という作中の台詞が味噌になっていると思う。

(この本が出版された2018年時点では)量子化学など研究・開発途上の未知があるからこそ、楽しい想像が可能な余地が残されている。

作中のAR描写にはアニメ「電脳コイル」を連想しました。その先の現象は「攻殻機動隊」の”ネット”に通じるような気も。
大正・昭和初期も生きた祖父母の記憶をもしも追体験できるとしたら…、ちょっぴり怖いけど興味津々!

まとめ

4

『グラーフ・ツェッペリン 夏の飛行』は、ノスタルジーと未来の多様な可能性を予感させてくれる楽しいSF小説でした。

長すぎず短すぎず、テンポよく読めるので、内容も相まって読後感も良かったです。

この本はAmazonプライム会員だと無料読み放題の「Prime Reading」、プライム会員でなくても月額980円で100万冊以上が読み放題の「Kindle Unlimited」の対象になっています(記事更新時点)。

初回利用なら30日間の無料体験が可能です。
読み放題のラインナップは時期により変更されるため要チェックです。

コメント