【艦これ2020冬イベント】『桃の節句!沖に立つ波』を終えての感想

艦これ2020年の冬イベント『桃の節句!沖に立つ波』を終えての感想記事です。

のんびりと攻略しましたが今回のイベントも甲クリアに成功、菱餅任務も全て消化できました。参加した提督の皆さん、お疲れ様でした!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

イベント概要

艦これ「桃の節句!沖に立つ波」の海域バナー

  • 開催期間:2020年3月3日(火)~2020年3月27日(金)
    • 「友軍艦隊」実装:3月13日
    • 「沖波改二」実装:3月19日
  • 作戦海域:1マップ
    • 戦力ゲージ×2、輸送ゲージ×1
  • 識別札:なし
  • 新艦娘:なし

2020冬イベは「アイテム収集&イベマップ×1」を複合したミニイベントな感じで、従来の”四季イベント(期間限定海域)”とは違った雰囲気だった。

四季イベントでは恒例の最終海域での海域突破報酬艦もなかった。

艦これ2020冬イベント『桃の節句!沖に立つ波』の記事一覧
艦これ2020年冬イベント『桃の節句!沖に立つ波』に関連する記事の一覧ページです。

作戦海域について

イベマップ数は、初となる1海域!全体的な難易度は低めになっていた。

19秋イベでとことん懲りたので、今回のイベントでは端から友軍待ちでの攻略を前提としてのんびりプレイした。

  • 第一ゲージ:輸送作戦
    • 「通常艦隊/輸送護衛部隊」どっちも選択肢になってて良かった
  • 第二ゲージ:対地戦闘
    • ルートによって大別されるざっくり2種類の攻略戦術
    • ただし、Eマスの「重巡ネ級改」はつまらん!
  • ルート開放ギミック
    • 事実上必須で相変わらず面白くない
  • 第三ゲージ:対機動部隊迎撃戦
    • 「空母機動/水上打撃」どっちも選択肢になってて良かった
    • ゲージ削り前哨戦での”虚無削り”はなかった
    • 明石改/秋津洲改の泊地修理ルートが有利過ぎる点は緩和されていた
    • 友軍無しの甲ラスダンは変わらず「タッチ&夜戦スナイプ」お祈り運ゲー
    • 友軍艦隊と沖波改二(強特効)による期間中2回の難易度調整
    • 友軍艦隊は昼戦の劣勢をひっくり返せる強さだった
    • 洋上補給と緊急泊地修理の有用性バランスは悪くなかった
    • 各難易度の報酬バランスは取れていたと思う
      • 以後の戦術への影響が大きい装備報酬が無かった
      • 甲勲章は形骸化
    • 甲はゲージ破壊後も空襲発生(ランダム発生で緩和はされる)

ボスラスダン 長門・陸奥タッチ

友軍艦隊のアーク・ロイヤル

1マップだったので従来イベントとは毛色が違いますが、マップ自体はわりとよく出来ていたと思います。
ただ、後出し友軍艦隊での難易度調整は相変わらず好きになれません。使わないのはバカバカしいけど、使って攻略しても達成感は希薄。
あと、各種要素を詰め込みすぎていて甲攻略では派手な重量連合艦隊編成を事実上組めない事が続いているのもいまいち。お祭り感に欠ける!

「桃の節句」任務について

期間限定【桃の節句】任務群は、「菱餅獲得/菱餅消費」を組み合わせたウィークリー任務&単発任務で構成されていた。

この任務群は全体的に楽しさ・面白さに欠けていてつまらなかった。収集系イベントはこういうのが多い印象(;´∀`)

ウィークリー任務の単発化(4週分で1・2・3・4と番号でも振っておけば、プレイヤーが好きなタイミングで攻略できる)、任務報酬の用途についてもう少し公式ヒント(目安のようなものでも)が告知されていれば良かったと思う。

【艦これ2020冬イベント】「桃の節句」関連任務のまとめ
艦これ2020冬イベント「桃の節句」期間限定任務の内容をまとめた攻略記事です。 イベ任務報酬で「試製甲板カタパルト」「ネ式エンジン」「新型航空機設計図」など、新航空戦力を予感させる資材・アイテムなどを入手できます!

イベ任務は、個人的に目玉報酬となるものが無かったのも残念でした。
報酬全般は、追加されるであろう噴式機(ジェット機)用の布石資材や、カタパルトなどが不足している提督さんへの補填に重点がおかれていた印象です。

資材・資源消費

備蓄資材量は「イベント開始時→終了時」

イベント海域・任務での全体消費はわからなくなったが、「イベント開始→終了時」の備蓄資材はざっくり以下のようになった。

  • 燃料:24万→22万
  • 弾薬:22万→23万
  • 鋼材:25万→18万
  • ボーキ:25万→19万
  • バケツ:2400→2400
  • 開発資材:2900→2200

4資源消費は、イベ任務の影響で鋼材・ボーキが珍しく凹みました。
開発資材も結構もっていかれましたなあ。

攻略突破率と選択難易度割合

出撃に対する攻略突破率(最終結果)
  • 第一ゲージ:約90%
  • 第二ゲージ:約95%
  • ルートギミック:約90%
  • 第三ゲージ:約95%
  • 全クリア/完走率:約70%
  • 公式ツイート
選択難易度割合(全作戦の攻略に成功した提督)

難易度「甲」でクリアした提督の割合は、完走率の約70%も加味するとイベント参加提督の約28%になる計算。

1マップ&難易度控えめで甲・乙に挑戦しやすかったのと、イベントをスルーした提督さんの事も含めると、積極的に甲攻略を目指すプレイヤーは少数派なんでしょう。
この結果を見ると、運営さんが戦略・戦術SLGとしてはつまらない調整を行うのもなんだか納得できてしまいます。需要を考えると合理的だし、まあそうなるな…。

まとめ

『桃の節句!沖に立つ波』は「あくまでもミニイベント」って事なのか、従来の四季イベントに比べると特段面白くはなかったです。

特に「桃の節句」任務群は面倒くさい印象しか残ってないです。「改修素材の艦娘集めがダルい」「情報が無さすぎて報酬選択でモヤッとする」「任務の開放条件がいじわる」あたりでしょうか(;´∀`)

マップの作りに関しては結構面白かったと思います(後出し友軍艦隊による期間中の難易度再調整システムは相変わらず好きじゃないですが)。

自分にとっての艦これイベント攻略は達成感が希薄になってきたので、その分プレイ時間や手間をなるべく減らして、お気楽エンジョイプレイの方向に調整していく予定です。

”友軍待ち”でも「楽しさ・面白さ・報酬」と「時間・手間」のバランスが取れなくなってきたら、乙・丙での攻略も視野に入れていきたいです。斜陽じゃよう!

今回の任務報酬で獲得できた「噴式機(ジェット機)」関連に絡むアップデートがそのうち来るでしょうから楽しみに待ちたいと思います!

イベントに参加した提督のみなさんお疲れ様でした<(`・ω・´)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
艦これ イベント
この記事をシェアする
どんぱっぱをフォローする
スポンサーリンク
となはざな
コメントの通知/購読設定
受け取る通知
guest
5 Comments
古い順
新しい順 評価順
Inline Feedbacks
View all comments
タイトルとURLをコピーしました