スポンサーリンク

【艦これ第二期】2-4クォータリー任務「沖ノ島海域迎撃戦」攻略用の編成・装備

艦これ第二期任務「沖ノ島沖迎撃戦」で2-4出撃時の熊野

ネジ5個と間宮1個が報酬になっている美味しいクォータリー任務「沖ノ島海域迎撃戦」を、第二期でリニューアルされた2-4「沖ノ島海域」で攻略しました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

任務情報

艦これ第二期任務「沖ノ島沖迎撃戦」の任務バナー

任務名沖ノ島海域迎撃戦
任務種別季節毎の3ヶ月に一度受けられる定期任務。3・6・9・12月の1日午前5時にリセット
任務内容有力な艦隊を沖ノ島海域前面に反復投入、侵攻する敵機動部隊を迎撃、これを撃滅せよ!
任務海域南西諸島海域2-4「沖ノ島海域」
編成条件特になし
達成条件ボス艦隊にS勝利2回
基本報酬燃料・弾薬・鋼材800、改修資材×5、給糧艦「間宮」×1
開放トリガー単発出撃任務:「第六戦隊」出撃せよ!
マンスリー任務:「空母機動部隊」西へ!
ネジ5個に加えて間宮も貰えるボーナス任務なので季節毎に是非とも攻略したいところです。

マップ・ルート

記事投稿時点では第二期でリニューアルされた2-4のルート制御には不明な点が多いが、ルート逸れを防ぎながらボス戦で安定S勝利を狙える下側4戦ルート[B-(C)-G-H-I-K-L-P]あたりが無難な選択肢になりそうだった。

艦これ第二期2-4「沖ノ島海域」のマップ

艦種構成などによってはランダム分岐も発生するようなので固定できるかは不明だが、「戦艦系+空母系2隻以下」&「軽巡1+駆逐2」&「低速艦なし(?)」などの条件を満たしていれば、概ねハズレ終点マス行きは回避できそうだった。

C:燃料うずしお、G:開発資材×1
第二期の海域攻略記事はこちら
【艦これ第二期】2-4「沖ノ島海域」を攻略!
艦これ第二期でリニューアルされた2-4「沖ノ島海域」を再攻略しました!クォータリー任務の出撃海域にもなっているのでちょっと注目な海域です!

編成・装備例



4戦ルート[B-(C)-G-H-I-K-L-P]と3戦ルート[B-G-H-L-P]を進行するための暫定的な編成型は以下のとおり。

  • うずしお回避:[軽空2+巡洋艦1+軽巡1+駆逐2]
  • うずしお経由:[正規空母系2+巡洋艦1+軽巡1+駆逐2]
  • 最短3戦ルート:[重巡/航巡1+軽巡1+駆逐3]
低速艦を組み込んだ場合の分岐変化などは不明
最短ルート編成は縛りが強いので、道中突破とボス戦での安定S勝利を考えると4戦ルートの方が楽な印象です。

制空値の調整

制空値調整の基準は、L/Mマスの「空母ヲ級flagship」×2隻入り編成となる。

場所制空権確保航空優勢航空均衡航空劣勢補足
L/M(強)168843819 
F(強)144723317 

ボス艦隊には航空戦力無しで簡単に制空権確保が取れるので、自艦隊編成次第で制空権確保・航空優勢狙いのどちらでも有りな感じ。

L/Mマス共に2~3戦目となるので、確保狙いなら「175~」、優勢狙いで「90~」程度あれば大丈夫そう。

軽空2隻入り編成

うずしおを回避しての下4戦ルート[B-G-H-I-K-L-P]を狙う[軽空2+巡洋艦1+軽巡1+駆逐2]編成。

全マス制空権確保狙いで制空値「180+」に調整。「艦攻×3、艦爆×2、水爆×0~2、開幕雷撃×1~2」の先制火力を仕込んでみた。

艦これ第二期任務「沖ノ島沖迎撃戦」用の編成2

軽空母

基本性能や射程などに優れる「瑞鳳、鈴谷、熊野、千歳、千代田」などの高速軽空母を投入(低速軽空でのルート制御は?)。

装備は射程を[長]に延長して砲撃戦で先攻する[艦攻+艦爆+艦戦+彩雲]などのFBA戦爆連合カットインmode構成。

ボス戦でT字不利を引くとS勝利に支障がでそうなので、航空戦での触接も兼ねて彩雲もバッチリ搭載。

巡洋艦

巡洋艦枠には、戦力補強のために「重巡/航巡/雷巡」などを組み込んだ。

砲撃戦や防御力重視なら重巡、バランスなら航巡、開幕火力なら雷巡といった感じ。

軽巡洋艦

基本的には開幕雷撃が可能な阿武隈改二を[甲標的+魚雷×2]の開幕雷撃特化で投入。

航巡と合わせて制空補助を行い、空母系の艦攻などを増やすなら由良改二なども使いやすそう。

駆逐艦

ボス戦でのS勝利保険として夜戦要員にもなってもらうために、主力の高夜戦火力艦に[主砲×2+電探]などの夜戦連撃構成。

ボス前Lマスのフラヲ×2隻の航空攻撃も地味に怖いので、主に対空カットインを組み込んでいた。

正規空母系入り編成

C燃料うずしおマスを経由することになるが正規空母系で戦力補強が可能な4戦ルート[B-C-G-H-I-K-L-P]狙いの[正規空母系2+巡洋艦1+軽巡1+駆逐2]の編成。

正空枠には、中破しても砲撃戦が可能な装甲空母や、ボス夜戦要員にもしやすい白サラトガなどが有用そう。

艦これ第二期任務「沖ノ島沖迎撃戦」用の編成1

基本的な装備構成などは軽空編成と同じだが、通常戦1戦後にうずしおを踏むので電探を×3~4程度積んだ。

第二期でうずしおの仕様が変わったらしく(?)、電探4個以上でも軽減効果があるようです。
ただ、効果は数が増えるほど小さくなるようなので、とりあえずは従来どおりの電探3個(隻)を目安に積んでおけば良さそうです。
40%減少うずしおの場合(仮)「電探0:-40%、電探1:-30%、電探2:-24%、電探3:-20%、電探4:-18%、電探5:-17%、電探6:-16%」。

最短ルート編成

最短3戦ルート[B-G-H-L-P]を進行する[重巡/航巡1+軽巡1+駆逐4]編成。

航巡・軽巡の水上爆撃機と水戦で何とかLマス航空優勢水準の制空値を組み込んだ。

艦これ第二期任務「沖ノ島沖迎撃戦」用の編成3

最短3戦ルートなのは魅力的ですが、ボス戦が旧水上反撃任務みたいな戦いになるので、S勝利を逃すこともありそうでした。

道中戦

初戦Bマス

初戦Bマスは、「重巡リ級elite/(無印も?)」×3隻などが出てくる単縦陣or複縦陣の巡洋艦隊。

艦これ第二期任務「沖ノ島沖迎撃戦」でのBマス戦闘

エリリの「火力69」は味方駆逐艦には脅威になるので地味に厄介。少しでも先制火力を組み込み、開幕で敵の頭数を減らして被害を抑えたい。

2戦目Iマス

下ルート2戦目のIマスは、旗艦「軽巡ヘ級flagship/(elite)」に「駆逐イ/ロ級後期型」などが随伴する単縦陣or複縦陣の水雷戦隊。

艦これ第二期任務「沖ノ島沖迎撃戦」でのIマス戦闘

特になんてことはないが、雷撃戦での被害も予想されるので、味方の軽巡・駆逐にもそれなりの砲撃戦火力を持たせて敵処理をぬかりなくこなしたい。

ボス前Lマス

ボス前のLマスは、旗艦「空母ヲ級flagship」に「空母ヲ級flagship/elite」×1隻が随伴する輪形陣の機動部隊。

艦これ第二期任務「沖ノ島沖迎撃戦」でのLマス戦闘

敵の砲撃戦能力は対して高くないので、しっかり対空しておけば突破はしやすそうだった。

道中で主力の軽空母が中破したりするとボス戦がしんどくなります(;´д`)トホホ…

ボス戦

ボス昼戦

ボス艦隊は、「戦艦ル級flagship/elite」×3隻を主力とする単縦陣の水上打撃部隊。

艦これ第二期任務「沖ノ島沖迎撃戦」でののボスPマス昼戦

開幕先制攻撃で3~4隻くらいに中破~撃沈の有効打を与えることができれば、空母系の戦爆連合CIなどでフラルも沈めやすく、昼戦でのS勝利も珍しくなさそうだった。

ボス夜戦

敵主力の「戦艦ル級flagship」に対しての夜戦ダメージは、小破以下の主力夜戦要員なら夜戦連撃でほぼ撃沈水準。中破していると、重巡/航巡の夜戦連撃合計で「約100」、駆逐だと「約80」あたりになる。

艦これ第二期任務「沖ノ島沖迎撃戦」のボスPマス夜戦

自艦隊の旗艦配置は、昼戦重視なら空母系、夜戦重視なら巡洋艦・駆逐艦になりそう。

昼戦での噛合せが悪いと夜戦にもつれ込むことも珍しくなさそうだが、砲撃戦二巡目の初手でル級を撃沈できるチャンスを逃すのももったいないので少し迷うところ。

道中での被害具合も影響しますが、ボス戦でのS勝利は概ね安定しそうでした。

まとめ

自分的攻略難易度:★★★☆☆

第一期の旧2-4マップは羅針盤ルート逸れが激しくて、任務達成に手こずらされることもありましたが、第二期リニューアルマップではボスルート固定も可能ぽい(?)ので、総合的な難易度は下がった印象です。

ルート制御などに関してはまだ不明な点が多いので、他にも有効な編成があると思いますが、とりあえずは大型艦を2隻に抑えた中量級編成でも大きな支障なく任務消化できそうでした。

任務攻略難易度から考えると破格の報酬なので、デイリー南西諸島任務の消化も兼ねてサクッと攻略してみると良いかもしれませんね。

コメント