スポンサーリンク

Windows10の無償(無料)アップグレードについてのメモ

Windows10の無償アップグレードの通知が来ていたので忘れないようにメモ。

Windows10 無料アップグレードの手順

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Windows10の無償(無料)アップグレード

PCを起動すると見慣れないアイコンがタスクバーに表示されていて、Windwos10の無償(無料)アップグレードについての通知だった。

Windows10アップグレード タスクバーの通知

これは「Windows7SP1、Windows8.1Update、WindowsPhone8.1」のユーザーを対象に、2015年7月29日にリリースされるWindowsOSの最新バージョン「10」を、提供開始から1年間の期間限定で無償アップグレードさせてくれる、というものらしい。

WindowsUpdateの様にネットでダウンロードし、インストールする形みたい。予約しておくとリリース日の2015年7月29日にダウンロードできるようになる、とのこと。

使用中のWindowsのエディションによってアップグレード後のエディションに違いがあり、自分が使っている「Windows7HomePremium」だと「Windows 10 Home」になるんだそう。

Microsoft Windows 10のページ

システム要件 仕様

動作環境はWindows7とほとんど変わらないみたいだけど、実際どうなんだろう?一応動きはするけれど、処理が重くて快適ではない可能性もあるしなあ。その辺の使用感は、実際に試してみないことには何とも言えないか。

●参考:Windows 7 のシステム要件 – Windows ヘルプ

仕様この記載事項はプレリリース バージョンの Windows 10 に関するものであり、変更される可能性があります。システム要件プロセッサ: 1 ギガヘルツ (GHz) 以上のプロセッサまたは SoCメモリ: 32 ビット版では 1 GB、64 ビット版では 2 GBハード ディスクの空き領域: 32 ビット版 OS では 16 GB、64 ビット版 OS では 20 GBグラフィックス カード: DirectX 9 以上 (WDDM 1.0 ドライバー)ディスプレイ (画面解像度): 1,024 x 600引用元:Windows 10 の仕様 – マイクロソフト

Get Windows 10 アプリと予約の取り消し

アップグレードに絡むアプリの名前は「Get Windows 10 アプリ」と言うらしく、Windows10関連の情報表示、予約の管理、PCのデバイス・アプリが10で動作するかのチェック、等の機能に加えて、メールアドレスを登録して関連するニュースやヒントを受け取る事も可能。

「Get Windows 10 アプリ」 メニュー

とりあえず、試しにアップグレードを予約してみたところ、「Windows10はこのPCで動作します」とお墨付きを得たが、やっぱり怖いので予約取り消し!ウィンドウの左下あたりにある「予約の取り消し」の部分をクリック。

Get Windows 10 アプリ」 アップグレード予約、確認の表示

「本当に取り消してよろしいですか?」と確認画面が表示されるので、「予約の取り消し」ボタンをポチッとクリック。

Get Windows 10 アプリ」 予約の取り消し

これで予約の取り消しが完了。予約を取り消しても、再度予約できるので特に問題無さそうだった。

Get Windows 10 アプリ」 予約の取り消し完了

「GWX.exe」のタスクマネージャーとプロパティの画像

「Get Windows 10 アプリ」の実行ファイル「GWX.exe」。メモリはそんなに消費しないみたいだなあ。大体300KB~2MBくらいな感じだった。これずっと表示・起動しているのか分からないけれど、負荷の心配は大して無さそうかな?

「Get Windows 10 アプリ」 タスクマネージャー

「GWX.exe」は「Get・Windows・X(ローマ数字の10)」みたいな感じか!

「Get Windows 10 アプリ」 GWX.exeのプロパティ

当面は様子見する予定

恐らく、使用中のWindowsに上書きするような感じでインストールされると思うので、何かトラブルに見舞われた場合、再インストールやら何やらで色々と面倒くさそう。ちょっとした所で躓いて四苦八苦する…、そんな予感がしてならない!

使用中のソフト・アプリ・ゲームやPC周辺機器が正常に動かない可能性もあるだろうし、細かい部分での様々な再設定や、新しいOSに慣れるのにも時間が掛かるだろうしなあ。

ただ、Windows7のメインストリームサポートは2015年1月で終わっているし、延長サポートも2020年1月14日までなので、Windows10が快適に使えそうだったら無償アップグレード期間中に移行したほうが良さそうな気がする。

2015年7月29日のリリースから1年の間、無償でアップグレードできるということで、2016年の7月頃までには情報を集めたり、試したりしてみて判断したいところです。

関連記事

Windows10へのアップグレード抑止&タスクトレイアイコンを非表示

スポンサーリンク
スポンサーリンク
雑記
donpappaをフォローする
スポンサーリンク
となはざな

コメント