【艦これ】「敵対空射撃回避航空機」と「対地攻撃艦爆」について

2019年3月のアップデートで実装/更新された「敵対空射撃回避が向上した艦載機(陸上攻撃機)」と「対地攻撃が可能な艦上爆撃機」についての記事です。

どの「艦載機(航空機)」が該当するのか忘れちゃったりするので、対象になっている「機種/部隊」と分かっている範囲での効果・仕様などをまとめました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

新航空機システムの概要

対艦/対地攻撃突入時の敵対空射撃回避」は、2019年3月22日のアップデートで実装/更新。

一部「艦載機/陸上攻撃機」の精鋭部隊などに敵対空射撃による被撃墜を軽減する能力・効果が適用された。

艦上爆撃機の対地攻撃参加システム」は、2019年3月27日のアップデート実装/更新。

従来の仕様だと艦爆を装備した空母系は砲撃戦で「陸上型(地上型)」の敵を攻撃できなかったが、一部の艦爆で可能となった。

敵対空射撃回避が向上した航空機

アプデされた艦載機の一部
艦上攻撃機
  • 九七式艦攻(村田隊)
  • 天山一二型(村田隊)
  • 九七式艦攻(友永隊)
  • 天山一二型(友永隊)
艦上爆撃機
  • 九九式艦爆(江草隊)
  • 彗星(江草隊)
  • 零戦62型(爆戦/岩井隊)
噴式戦闘爆撃機
  • 噴式景雲改
  • 橘花改
陸上攻撃機
  • 一式陸攻(野中隊)
瑞雲系
  • 瑞雲(六三四空)
  • 瑞雲一二型
  • 瑞雲一二型(六三四空)
  • 瑞雲(六三四空/熟練)
  • 瑞雲改二(六三四空)
  • 瑞雲改二(六三四空/熟練)

被撃墜の軽減効果について

敵対空射撃回避による被撃墜数の軽減/低減は、制空判定による割合迎撃には適用されず、敵の対空砲火による「割合撃墜/固定撃墜」に適用されている模様。

被撃墜の軽減効果はネームド機などの「機種/部隊」によって差があり一律ではない。

検証してくれている提督さんたちの情報からすると、対空砲火での「割合撃墜0機/固定撃墜1機」程度の弱い対空射撃が相手だと、一部のレア艦載機では被撃墜0に抑えられる可能性もありそう。

ざっくりだと機種/部隊別に「30%~50%」くらいの被撃墜率の軽減が見込める雰囲気?

特にレア度の高い「精鋭部隊/機種」や、噴式強襲と通常航空戦で二度の対空砲火を受ける「噴式爆撃機」などは軽減効果が大きいのかもしれない。

対空射撃回避システム実装後は目に見えて被撃墜(ボーキ消費)が減りました。
似たような艦隊編成・装備構成で消化することの多い定期任務・EO海域では特に実感しやすいですなあ。

対地攻撃に参加可能な艦爆

対地攻撃可能な艦爆
  • 彗星一二型(六三四空/三号爆弾搭載機)
    • [爆装+12、対空+3、対潜+2、命中+1、回避+1、行動半径5]
  • 試製南山
    • [爆装+11、対空+1、対潜+4、索敵+2、行動半径5]
  • F4U-1D
    • [火力+1、爆装+7、対空+7、対潜+1、索敵+1、回避+1、行動半径6]
  • FM-2
    • [火力+2、爆装+2、対空+6、対潜+1、命中+2、回避+2、行動半径4]
  • Ju87C改
    • [爆装+9、対潜+5、命中+1、行動半径4]
  • Ju87C改二(KMX搭載機)
    • [爆装+9、対潜+9、索敵+2、命中+2、回避+1、行動半径4]
  • Ju87C改二(KMX搭載機/熟練)
    • [爆装+10、対潜+10、索敵+2、命中+3、回避+1、行動半径4、射程(長)]

艦爆での対地攻撃(砲撃)について

艦爆を装備した空母系艦娘は、通常だと「陸上型(地上型)」の敵深海棲艦に砲撃できなくなるが、上記した一部の艦爆で可能になる。

敵随伴艦(水上艦)の処理を優先するために敢えて空母系に艦爆を積む際は、上記した対地攻撃可能な艦爆の運用に注意したい。

備考
  • 対地攻撃可能な艦爆を1スロ装備していれば、対地攻撃不可の艦爆・噴爆を装備していても対地攻撃が可能。
  • 陸上型の敵には条件を満たしていても戦爆連合カットインが発動しない。
  • 対地攻撃可能な艦爆の爆装値は、敵陸上型砲撃時のダメージ計算に含まれる。
前哨戦「北方棲姫(強)」に同航戦・単縦陣での翔鶴改二甲の砲撃

対地攻撃可能な艦爆の爆装値は陸上型を殴る時のダメージに乗る模様。

素の火力が高い正規空母/装甲空母なら「対地艦爆1スロ&同航戦」で砲撃戦火力キャップに届く砲撃が可能になった。

空母系での対陸上型砲撃は、熟練クリティカル頼みではありますが、これまでより一段階上の火力を出せるようになった感じです。
戦爆連合CI用の装備構成で3-5「北方棲姫」や4-5「港湾棲姫」を殴れるようになりましたな。

まとめ

矢継ぎ早に実装された新システムということもあってか記憶の定着がいまいちで、どの機種/部隊が「敵対空射撃回避」「対地攻撃艦爆」の対象だったのかちょくちょく忘れてしまうので、リストアップ&仕様の確認をしてみました。

空母系の装備構成は従来の要素に加えて「対地攻撃/艦載機の生存性」も考慮できるようになったので面白くなりそうです。

水上爆撃機を運用できる「航戦/航巡(重巡)/水母/潜水空母」などでは、生存性の「瑞雲(一二/六三四空)」と、航空戦火力の「晴嵐」で使い分けもできますなあ。

この辺の仕様は「後々更新される場合がある」と公式ツイートでも言及されていて、詳細な仕様も記事投稿時点でははっきりしていないため、色々と試しながらぼちぼち運用していきたいところです。

コメント