スポンサーリンク

大人も楽しめるファンタジー&コメディアニメ「アドベンチャー・タイム」

ビーモケーキ

少年と犬が素敵で不思議な世界を大冒険するお気に入りのコメディアニメ「アドベンチャー・タイム」の紹介記事です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アドベンチャー・タイムとは

アドベンチャー・タイム引用バナー
出典:アドベンチャー・タイム | 番組詳細 | カートゥーン ネットワーク

「アドベンチャー・タイム」は、アメリカのアニメ専門チャンネル「カートゥーン・ネットワーク」で2010年から2018年まで放送されたファンタジー&コメディなアニメ。

ヒーローに憧れる少年「フィン」と、体の形や大きさを自在に変えられる能力を持つ犬の「ジェイク」が、魔法も科学も存在する摩訶不思議な”ウー大陸”を舞台に様々な冒険を繰り広げる物語。

アドベンチャー・タイムの特徴

雰囲気

アドベンチャータイムの雰囲気は、ざっくり言うとナンセンス/シュール寄りなコメディで、肩に力を入れず気楽に楽しめる作品となっている。

レーティングは「TV-PG」となっていて、日本でのイメージなら”中学生以上”くらいを視聴対象にしている感じで、子供向けというよりは大人も楽しめる作風。

ファンタジーな戦闘・暴力や、一部に強い言葉遣いもみられます。
キャラクターデザインなどパッと見のビジュアルはかなりデフォルメされて可愛らしくなっていますが、ファンタジー&コメディーのオブラートに包んで「死」や「生(性)」を遠回しに描いているエピソードもあったりするので、大人でも見応えがあります。

世界観

主人公のフィンとジェイクが住んでいる”ウー大陸”には魔法も科学も存在していて、そこに住む生き物たちも「キャンディーピープル(砂糖やお菓子でできている)」など謎の生命体から、「ロボット、ヴァンパイア、モンスター、ゴースト、動物」など様々で混沌としている。

この”ウー大陸”には、かつて大戦(マッシュルーム戦争=核戦争?)によって滅びた文明などがあったという背景もあり、主人公の少年フィンは「人の子フィン」と呼ばれたりして人類最後の生き残りのように扱われることも。

フィン以外はほぼ人外なのであまり気にならないが、物語の進行に合わせて時間が経過する(キャラクターが歳を取る)設定になっていて、フィンの成長物語的な側面も持っている。

コメディ作品だけに、冒険(戦闘)で受けた大抵のダメージなどは次のお話では綺麗に回復しているパターンが多いですが、ストーリーに関係するものは継続するので注目です。

ストーリー

基本的には、ヒーローに憧れる少年フィンと相棒の犬のジェイク(二人は兄弟のように同じ親に育てられている)が、多種多様な冒険(アドベンチャー)に挑戦する物語になっている。

その内容は、時間「過去、現在、未来」、舞台「夢、前世、地獄、宇宙、妄想、TVゲームの中、巨大生物の体の中」など幅広くて毎回楽しませてくれる。

設定が次話に引き継がれる続き物のお話となっているので順に見るのが理想的でしょうが、比較的序盤のエピソードは独立性が高いので単品で見ても面白いと思います。

無料配信エピソード

YouTubeの公式チャンネルで9つのエピソードをまとめた動画が無料配信されているので、まずは見てみるのがおすすめ!

【番組本編】アドベンチャー・タイム無料配信エピソード イッキ見!
フィンとマーセリンが仲良くなるエピソード「マーセリンはご主人さま」が一押し(≧∇≦)b

まとめ

★★★★★

アドベンチャータイムは、単なる子供向けのアニメに留まらない深くて広い独特の世界観と雰囲気が癖になるお気に入りの作品です。

1回2話構成の終わりのエピソードで唐突にオチをつけて癒し系エンディグ「Island Song」で〆る流れなどは思わず吹き出してしまいます。

管理人は各種VODサービスを利用してシーズン7の途中まで視聴していますが、アメリカでは2018年9月にシーズン10で完結したということで、早いところ配信コンテンツにラインナップされないかな~と待っているところです。

記事投稿時点の2018年10月だと、「dアニメストア、U-NEXT、アマゾンプライム、」などのVOD(動画配信サービス)でシーズン6~7までの「100話+」を見放題で視聴できるので、興味がわいた方は無料体験期間などを利用しての視聴もおすすめです!

VODサービスは時期によって配信コンテンツのラインナップが変わることもあるのでご注意を。また、VODだと基本的に日本語吹替版での配信になっているようです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
アニメ
donpappaをフォローする
スポンサーリンク
となはざな

コメント