【艦これ2018初秋イベント】E2(甲:輸送)「西方作戦海域方面 マラッカ海峡北」の攻略・編成

艦これ2018初秋イベントE2甲(輸送)「西方作戦海域方面 マラッカ海峡北方」のボス旗艦「重巡夏姫」

2018初秋イベント「抜錨!連合艦隊、西へ!」の第二海域E2は、輸送ゲージと戦力ゲージのダブルゲージ仕様ということで、まずはTP装備を積んだ輸送部隊で「重巡夏姫」を撃破する輸送第一ゲージを攻略しました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

海域情報

艦これ2018初秋イベントE2甲「西方作戦海域方面 マラッカ海峡北方」の輸送作戦バナー

難易度★9
海域名西方作戦海域方面 マラッカ海峡北方
作戦内容海峡奪還作戦
突破条件輸送第一ゲージ:ボス艦隊にA勝利以上してTPゲージを減らし、0にすればゲージ破壊、戦力第二ゲージが出現。
編成条件通常艦隊で編成、艦種制限なし。
出撃制限出撃した艦娘に「海峡派遣部隊」の識別札が付き、E1・E3・E4の難易度「甲・乙」と、E5「甲」に出撃不可。
報酬(甲)

「試製甲板カタパルト」×1、「12.7cm連装砲B型改四(戦時改修)+高射装置」×1、「零式水上偵察機11型乙(熟練)」×1、「洋上補給」×3、給糧艦「間宮」×3、給糧艦「伊良湖」×3

報酬(乙)「試製甲板カタパルト」×1、「零式水上偵察機11型乙(熟練)」×1、「洋上補給」×2、給糧艦「間宮」×2、給糧艦「伊良湖」×2
報酬(丙)「零式水上偵察機11型乙」×1、「洋上補給」×2、給糧艦「間宮」×2、給糧艦「伊良湖」×2
報酬(丁)「洋上補給」×1、給糧艦「間宮」×1、給糧艦「伊良湖」×1
備考TP「甲:300、乙:200」(?)
開放トリガー 

艦これ2018初秋イベントE2甲(輸送)「西方作戦海域方面 マラッカ海峡北方」の報酬

難易度「乙」以上で、火力+2オプション付きの高性能水偵「零式水上偵察機11型乙(熟練)」と「試製甲板カタパルト」が貰えるので、「乙」を基準に難易度選択するのも良いかもしれませんね。

作戦概要

艦これ2018初秋イベントE2甲「西方作戦海域方面 マラッカ海峡北方」の作戦概要

提督、作戦後方兵站線に出没する敵艦の掃蕩に成功しました!艦隊による西方打通作戦を展開することが可能です。マラッカ海峡を封鎖している敵艦隊を撃破、善戦に戦略物資を輸送し、戦線を西方に押し上げましょう!水上輸送部隊、抜錨!
艦隊出撃橋頭堡を前進し、プーケットに依る深海集積地を撃滅、西方打通作戦を開始せよ!

E2は「輸送ゲージ→戦力ゲージ」のゲージ2本立てマップで、基地航空隊を1部隊運用可能となっている。

E1作戦で兵站線を確保したということで、お次は輸送作戦で、マラッカ海峡を封鎖している(バカンスを楽しんでいる)「重巡夏姫」を撃破。

戦力ゲージ攻略では、プーケットに依る(休暇を楽しむ)「集積地棲姫 バカンスmode」を撃滅せよ!、とのこと。

「岸波」掘り戦略について

E2とE3で掘り艦となっている新艦娘の夕雲型駆逐艦「岸波(きしなみ)」は、E2の戦力ボス・輸送ボスでドロップする模様(輸送ボス側は甲のみ濃厚?)。

E2は輸送ゲージ破壊後にスタート地点が追加されて輸送ボスマスを全2戦ルートで楽に周回できるようなので、岸波掘りのために丙/丁掘りをする必要はあまり高くなさそうだった(ドロップ率次第ですが…)。

【艦これ2018初秋イベント】E2(甲:輸送)での「岸波」掘り周回編成をテスト!
2018初秋イベント「抜錨!連合艦隊、西へ!」の第二海域E2甲の海域突破後に、同海域の輸送ボスIマスで新艦娘「岸波」掘り周回を試してみました。全2戦ルートでサクッと短時間周回できて、戦闘難易度と資源消費も控えめ。さらに「岸波」以外にも「ザラ、ポーラ、三隈、大淀、朝霜、沖波、大東」などのレア艦を狙えるようです!

マップ・ルート

輸送ゲージ攻略では、マップ右端からスタートして全3戦ルートを進行する。

事実上のルート分岐は、[A→B/C]だけとなっているシンプルな構成。

艦これ2018初秋イベントE2甲(輸送)「西方作戦海域方面 マラッカ海峡北方」の輸送マップ

艦隊を適度に軽量化してお仕置きマス的なBマスを回避したルート[A-C-D-F-G-I]を進行するのが基本となる。

ポイントルート分岐条件/補足
AB低速戦艦・航空戦艦入りでB?(※ガングートは例外?)
「(戦艦系+正規空母系)2隻以上」や「軽空母2隻以上」もB?
C
FE能動分岐
G
GHG:揚陸地点。分岐で索敵エフェクト有り
マップ索敵値不足でH逸れ、充分ならI?
I
史実艦として「ペナン沖海戦」関連の「羽黒、神風」あたりも考えられそうだが、記事投稿時点では特別な効果は確認されていない模様。

輸送物資量(TP)

TPゲージはボス艦隊に「A勝利以上」することで減少。B勝利は事実上の敗北。

A勝利だとS勝利の約0.7倍のTPとなるため、積極的にS勝利を狙うのも手になる。

参考輸送物資量(TP) | 艦これ検証Wiki | FANDOM powered by Wikia

上記の他に「鬼怒改二」には、追加の「TP+8」がある模様(大発を内蔵している的な特殊能力分)。

敵艦隊情報

敵編成

場所強編成陣形制空値経験値補足
B戦艦ル級flagship*2、軽巡ホ級flagship、軽巡ツ級、駆逐ロ級後期型*2単縦   
C軽巡ホ級flagship、駆逐イ級後期型*3、駆逐イ級単縦/複縦/梯形   
D軽巡ツ級elite、駆逐ロ級後期型*4、潜水カ級flagship単縦/複縦   
I重巡夏姫、重巡リ級flagship*2、軽巡ヘ級flagship、駆逐ロ級後期型*2単縦 280 

道中はBマスを回避すれば概ね楽ちん。

ただし、2戦目Dマスの単縦陣or複縦陣「潜水カ級flagship」対策をしておかないと被害が出やすい。

制空値

敵航空戦力は出てこないため、艦戦・水戦・艦攻・艦爆・水爆が1機でもあれば制空権確保。

重巡夏姫

難易度甲の輸送ボス「重巡夏姫」は、甲modeの[耐久490、火力186、雷装100、対空86、装甲189]。

「装甲189」の硬さは、輸送ゲージ攻略では必ずしも撃沈する必要がないため特に問題にならないが、岸波掘りをする際は夜戦高火力の重巡などを活用するのも良いかも。

編成・装備例



続くE2後半の戦力ゲージ攻略でも「特二式内火艇」と「大発動系」を積める駆逐・軽巡が有効なので、保有戦力の中から1~2隻をチョイスして投入。

  • [高速戦艦1+軽空1+重巡/航巡1+軽巡1+駆逐2]

とりあえず上記の型を使用してサブ艦を中心に編成、Bマスを回避するルートを進行した。

[高速戦艦1+軽空1+航巡1+駆逐2]

TP装備として[大発系×7、ドラム缶×1]、道中・ボス戦安定のために[艦攻×2、艦爆×1、先制対潜×1]も仕込んだ。

艦これ2018初秋イベントE2甲(輸送)「西方作戦海域方面 マラッカ海峡北方」のテスト編成1

警戒陣を使用して道中突破するため、1~3番艦に軽巡・駆逐を配置した。

ボス前分岐での索敵チェック対策に彩雲や水偵もある程度積んでおくと良いかも。

この構成でS勝利TPは「85」、ボスS勝利4回でゲージ破壊が可能。
低速軽空母でもルート制御には悪影響がないらしいので、高速軽空母をキープしておくのもいいかもしれません。
上記編成の「霧島」「最上」は、E3で史実艦扱いかもしれないので、複数所持でない場合は要注意。

その他のイベ海域の史実艦などについては概要記事からどうぞ。

【艦これ2018初秋イベント】E0「抜錨!連合艦隊、西へ!」の基本情報(暫定版)
いよいよ始まった艦これ2018初秋イベント「抜錨!連合艦隊、西へ!」。ということで、まずは攻略の方針などを定めるためのイベント関連情報をサラッと把握していきたいと思います!

支援艦隊編成

輸送ゲージ攻略では特に必要性を感じなかったので使わなかった。

基地航空隊の運用

E2では基地航空隊を1部隊運用可能で、空襲は発生しない。

戦闘行動半径

艦これ2018初秋イベントE2甲の戦闘行動半径

輸送ボスIマス到達に必要な戦闘行動半径は「5」。

輸送ゲージ破壊後はマップ中央のスタート地点が追加されるので、輸送ボス周回が2戦ルート化して楽になる。

航空隊の編成

艦これ2018初秋イベントE2甲(輸送)「西方作戦海域方面 マラッカ海峡北方」の基地航空隊運用

ボス艦隊には「重巡夏姫」と「重巡リ級flagship」の偵察機くらいしか制空戦力がないので、基本は[陸攻×4]で火力支援に特化させた。

出撃コストを抑えるなら[艦攻×4]という手もあるのかな?

戦闘

初戦Cマス

初戦Cマスは、旗艦「軽巡ホ級flagship」で単縦/複縦/梯形陣のやさしい水雷戦隊。

艦これ2018初秋イベントE2甲(輸送)「西方作戦海域方面 マラッカ海峡北方」のCマス戦闘

警戒陣で味方の軽巡・駆逐を守ってあげれば安定突破しやすい。

ハズレBマス

重めの編成を組んだ場合に通るBマスは、旗艦「戦艦ル級flagship」で随伴にも「戦艦ル級flagship」×1隻がいる単縦陣の艦隊。

艦これ2018初秋イベントE2甲「西方作戦海域方面 マラッカ海峡北方」のBマス戦闘

警戒陣で回避しやすくなっているとはいえ、フラル2隻を相手にするのは辛いので、なるべく回避するのが無難。

地味に「軽巡ツ級」もいるので、艦攻・艦爆も撃墜されるのが痛いです。

2戦目Dマス

ボス前となる2戦目Dマスは、旗艦「軽巡ツ級elite」で単縦陣or複縦陣の水雷戦隊。

艦これ2018初秋イベントE2甲(輸送)「西方作戦海域方面 マラッカ海峡北方」のDマス戦闘

随伴に「潜水カ級flagship」が必ず含まれるようなので開幕雷撃対策の対潜先制爆雷攻撃を組み込んでおきたい。

警戒陣1~3番艦の対潜攻撃補正だと「ソナー+爆雷投射機or爆雷」の2種シナジー構成で概ねフラカを大破~撃沈できる。4~6番艦に配置すると対潜火力は大きく低下するので気を付けたい。

自艦隊に高速戦艦がいると砲撃戦が二巡するので、警戒陣でもちょっと怖い雷撃戦前に敵を全滅させられそうでした。

ボスIマス

ボスは、旗艦「重巡夏姫」に「重巡リ級flagship」×2隻などが随伴する単縦陣の重巡戦隊。

艦これ2018初秋イベントE2甲(輸送)「西方作戦海域方面 マラッカ海峡北方」のボスIマス戦闘

基地航空隊の[陸攻×4]で随伴艦を2~3隻くらい撃沈できることが多いため、A勝利以上は安泰。

砲撃戦でも噛合せがよければ、戦艦の弾着観測射撃や軽空の戦爆連合カットインで昼戦S勝利も狙えそうだった。

ただ、「重巡夏姫」は「装甲189」と結構硬いので、夜戦要員も用意しておきたいところ。

ボス戦では、輸送要員(軽巡・駆逐)を戦力化せずA勝利狙いなら警戒陣で被害軽減、ちょっとでもS勝利確率を上げたいなら単縦陣な感じでしょうか。

資材(資源)消費

艦これ2018初秋イベントE2甲(輸送)「西方作戦海域方面 マラッカ海峡北方」での補給

3戦(+ボス夜戦)をした本隊の補給は「燃料150、弾薬200、ボーキサイト30~70」くらいになっていた。

ここに基地航空隊の出撃コストや補充が加わるので、一周当たり「燃料200+、弾薬200+、ボーキ50+」は掛かりそう。

ボス「重巡夏姫」の攻撃で1隻は中大破艦が出ていたので、バケツ消費も1周1個以上といったところ。

レアドロップ

ボスIマスのS勝利(限定?)で狙える主なレア艦娘は以下、

岸波(※甲のみ?)、大淀、Zara、Pola、朝霜、三隈

新艦娘の「岸波」と、通常海域でのドロップなし&建造不可のポーラが大きいかも!

プレイ動画

【艦これ2018初秋イベント】E2(甲:輸送)「西方作戦海域方面 マラッカ海峡北方」

まとめ

自分的攻略難易度:☆☆☆☆

  • 出撃:5回(ボスS3、A1、撤退1)
  • 消費:バケツ7

E2輸送ゲージ攻略自体は控えめに調整されているようで、甲でもサクサク攻略できて簡単でした。

しかし、E3以降に投入する戦力温存のためにも、続く戦力第二ゲージ用の戦力としても兼ねられる艦娘の取捨選択は、戦略的に中々難しいものでした。

イベント序盤の手探り感は楽しいですが、最悪詰んでしまうのも怖いので、じっくり慎重に攻略していきたいところです(と言いつつ突撃したくなります)。

ということで、戦力第二ゲージの攻略記事に続きます。

【艦これ2018初秋イベント】E2(甲:戦力)「西方作戦海域方面 マラッカ海峡北」の攻略・編成
2018初秋イベント「抜錨!連合艦隊、西へ!」の第二海域E2の後半第二ゲージ(戦力)を難易度「甲」で攻略しました!前半の輸送ゲージ攻略よりも難易度が上がっているため、油断できない戦いになりそうです!

コメント