【艦これ】2018鎮守府秋刀魚祭りイベントの概要

艦これ2018鎮守府秋刀魚祭りの任務大淀さん

秋の定番ミニイベント「鎮守府秋刀魚祭り」が2018年10月10日から開催!ということで、イベント関連の情報をざっくりとチェック!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「鎮守府秋刀魚祭り」の概要

「鎮守府秋刀魚祭り」は、一部の通常海域でドロップする収集アイテム「秋刀魚」を集めて資材に交換するアイテム収集イベント。

付随する要素として、イベント期間限定の任務や海防艦ドロップなども追加される。

イベント開催期間は「2018年10月10(水)~26日(金)」予定とのこと。

鎮守府海域近海、そして北方海域などの秋刀魚漁場において、漁場警備、秋刀魚漁支援を実施することで、新鮮な旬の【秋刀魚】を獲得可能です。
今年も秋刀魚漁場を深海棲艦(?)の魔の手から守ることで「秋刀魚」が手に入るということらしいです。秋の味覚&海繋がりでサンマなんでしょうね。

「秋刀魚」ドロップについて

ドロップポイント

収集アイテム「秋刀魚」は、鎮守府海域・北方海域・中部海域でドロップ。

  • 鎮守府海域
    • 1-1:B、ボスC
    • 1-2:C、ボスE
    • 1-3:ボスJ
    • 1-4:H、J、ボスL
    • 1-5:H、I、ボスJ
    • 1-6:D、I、J
  • 北方海域
    • 3-1:ボスG
    • 3-2:J、K、ボスL
    • 3-3:G、K、ボスM
    • 3-4:M、N、ボスP
    • 3-5:G、ボスK
  • 中部海域
    • 6-1:J、I、ボスK
    • 6-5:D、F、I、J、ボスM
イベント終了3日前の10月23日から「1-2、1-3、1-4」に秋刀魚ドロップ追加。
難易度の高いなど一部のポイントではA勝利でもドロップ判定があるが、基本的にはS勝利の方がドロップ率が高いと思われる。

ドロップ制限

また、例年通り秋刀魚のドロップ率(数)には制限が設けられている模様。

秋刀魚漁の漁場となる作戦海域であまり集中的に【秋刀魚】を乱獲すると、同海域の漁業資源が激減し、【秋刀魚】が獲れにくい状態になる場合があります。
・集中的な乱獲はしない
・漁場や海域全体を少し休ませて漁業資源の保護を考慮する
等の対策が有効です。

おそらく特定の海域で一定数以上の秋刀魚を獲得すると、ドロップ率などが低下すると思われる。

ドロップ制限の管理は、海域方面や海域内のポイント別ではなく、海域単位で行われているぽいので、獲れにくくなったら時間をおくと制限が緩和されるのかもしれない(リセットのタイミングなどは不明)。

特効装備・艦種

「秋刀魚」のドロップ率を上げてくれる装備・艦種は例年通りなら以下のようになっていると思われる。

  • 魚群を集める強い光源:探照灯、96式150cm探照灯
  • 探信装備:三式水中探信儀、ASDIC系(アクティブソナーのみ)
  • 航空機材:二座以上の水上機(水上爆撃機/水上偵察機)、ソードフィッシュ系、二式大艇、三式指揮連絡機(対潜)、カ号観測機
  • 暗闇でも魚群を捉える熟練の方々:熟練見張員、夜間作戦航空要員
  • 漁場に強い艦種:海防艦?
  • 海の中にどかーん!:爆雷系(爆雷と爆雷投射機の両方?)
  • お弁当:戦闘糧食系(効果は他より控えめ?)
爆雷系の装備は「漁場も痛むし…できれば避けたいです!」という告知もあるので、ドロップ率は上がるが制限に関するペナルティが発生するかも?或いは単なるフレーバーテキストだったり?

アイテム交換に関して

艦これ2018鎮守府秋刀魚祭りの調理(アイテム交換)

「秋刀魚」は、「刺し身、塩焼き、蒲焼」から調理(選択)することで、各種の資材・アイテムなどに交換可能。

「秋刀魚」は、イベント終了時に消滅するので、忘れずにイベント中に交換しましょう。

「刺身」に交換

艦これ2018鎮守府秋刀魚祭りの刺身

「刺身」は、秋刀魚3尾で「弾薬×300、鋼材×150」。

「塩焼」に交換

艦これ2018鎮守府秋刀魚祭りの塩焼き

「塩焼」は、秋刀魚5尾で「改修資材×1、開発資材×3」。

[秋刀魚5=ネジ1]なので、秋刀魚漁支援に励みたいところです!

「蒲焼」に交換

艦これ2018鎮守府秋刀魚祭りの蒲焼

「蒲焼」は、秋刀魚7尾で「秋刀魚の缶詰×1、高速修復材×3」。

2018年の食べ物イベントでは予想外に「秋刀魚の缶詰」を使える機会があったので、記念品の意味も込めて1個くらい貰っておくのもいいかもしれません。

イベント任務について

艦これ2018鎮守府秋刀魚祭りの任務バナー

今回もやはりイベント期間限定の「秋刀魚漁任務群」が実装。3種類の任務が用意されていて、それぞれ「3尾、10尾、30尾」の秋刀魚を集める(所持している)ことで達成できる。

任務の達成条件は共通して「秋刀魚の所持数(※任務受託時の所持数で判定)」となっているので、全任務達成の「30尾」まではアイテム交換を待つのが無難。

最後の任務をクリアすると高性能な小型電探「GFCS Mk.37」や、記念の2018年版「大漁旗(家具)」をゲットできる。

イベント任務攻略記事はこちら
【艦これ2018鎮守府秋刀魚祭り】イベント任務攻略で「GFCS Mk.37」&「一八式大漁旗」をゲット!
2018秋刀魚イベントの漁場海域巡りと期間限定任務群の攻略を終えたので、イベント報酬と海域周回の結果&感想などをまとめました。

海防艦ドロップに関して

秋刀魚イベント中は海防艦「択捉、松輪、福江」が秋刀魚ドロップ海域で期間限定ドロップすると思われる。

  • 択捉:1-6-B/J/D(Sのみ?)、6-1-ボスK(S/A両方)
  • 松輪:6-1-ボスK(Sのみ?)、6-5-ボスM(S/A両方)
  • 福江:3-4-ボスP(S/A両方)、6-5-ボスM(S/A両方)
1-6-B/D/J/KマスS勝利で「磯風」のドロップチャンスも追加されているようです。
1-6、3-4、6-1、6-5で海防艦チャンスがあるようです。

まとめ

2018初秋イベントが終わったばかりで資材(資源)が減っているというのもあるため、とりあえずは秋刀魚イベ任務の「30尾」を目安に掘っていくと良さそうです。

余裕があるならば積極的に周回してネジ集めや、海防艦での「運・対潜・耐久値」の強化にも努めたいところです。

コメント