スポンサーリンク

【艦これ第二期】EO6-5「KW環礁沖海域」攻略用の編成・装備

艦これ第二期EO6-5に出撃時のネルソン

艦これ第二期の海域リニューアルに伴い一部戦闘ポイントの燃料・弾薬消費が軽減されたことで、攻略戦術の幅が広がったEO海域6-5「KW環礁沖海域」用の編成・装備構成をまとめました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

海域情報

艦これ第二期EO6-5「KW環礁沖海域」の海域バナー

難易度★7
海域方面中部海域
海域名KW環礁沖海域(#6-5)
作戦名空母機動部隊迎撃戦
作戦内容中部海域最前線に有力な敵機動部隊が襲来した!同戦域に展開する基地航空隊と協同し、敵艦隊を迎撃、これを撃滅せよ!
突破条件ボス艦隊旗艦「空母棲姫」を6回撃沈でゲージ破壊
報酬勲章×1、戦果ボーナス+250
備考月に一度ゲージ攻略が可能な拡張作戦「Extra Operation(EO)」。
月末の23時59分までを攻略タイムリミットとし、リミット後に再ログインでゲージリセット(※リミット後にゲージを破壊すると報酬が貰えないので注意)。

マップ・ルート

2018年8月の艦これ第二期に実施された海域リニューアルの対象に6-5は含まれていなかった。

だが、道中に含まれる特殊な戦闘ポイント”潜水マス/夜戦マス”で消費する燃料・弾薬量は変更(軽減)されたため、新たな攻略ルート・戦術などが実用的になった模様。

進行ルート

艦これ第二期EO6-5のマップ・ルート1

主な進行ルートは4種類。従来の「1」スタート上側ルート以外は、ボスマス到達時の弾薬残量が50%以上となり、ボス戦で与ダメージ低下ペナルティが発生しなくなった。

  • 上上5戦:[1-A-C-D-G-M]
  • 上中央6戦:[1-A-C-E-H-G-M]
  • 下上5戦:[2-B-C-D-G-M]
  • 上下5戦:[2-B-F-I-J-M]
2ヶ月分くらい試してみた感じ、編成・装備要件などに差はあれど、どのルートも実用的に使えそうでした。

ルート分岐情報

ポイントルート分岐条件/補足
始点1「空母系か雷巡入り」or「戦艦系4以上」or「軽巡0」で上側「1」スタート
その他の編成だと下側「2」スタート
2
BC「戦艦系3以上」or「駆逐1以下」でC
「駆逐2以上」でF
F
CD「駆逐0」or「(戦艦系+空母系)4以上」でE
「(戦艦系+空母系+重巡+航巡+雷巡)4以下」でD
「(重巡+航巡)1以下」&「雷巡1以下」でD
その他はE
E
EH「駆逐」と「軽空」を含むとH?
その他はI
I
GK※索敵エフェクト有り
マップ索敵値一定以上でM、不足でK
M
IHEからの進行だとH固定?
Fからの進行だとJ固定?
J
JL※索敵エフェクト有り
マップ索敵値一定以上でM、不足でL
M
G/H:空襲戦マス(消費:燃料8%、弾薬4%)
B/E:対潜戦マス(消費:燃料8%、弾薬0%)
J:夜戦マス(消費:燃料10%、弾薬10%)
分岐条件は第一期と変わらないようですが、潜水マスと夜戦マスでの資源消費が減ったので戦術の幅が広がりました。

敵艦隊情報

場所強編成陣形制空値経験値補足
A軽巡ヘ級flagship*2、軽巡ホ級flagship*2、駆逐ハ級後期型*2単縦 180 
B潜水カ級flagship*2、潜水カ級elite*3梯形/単横 160対潜戦
C空母ヲ級改flagship(赤)、戦艦タ級flagship、軽巡ツ級elite/重巡ネ級elite*2、駆逐ハ級後期型*2輪形132300 
D軽母ヌ級flagship*2、重巡ネ級elite、軽巡ツ級elite、駆逐ハ級後期型*2単縦/複縦/輪形46270 
E潜水ソ級flagship*2、潜水ソ級elite*4梯形/単横 250対潜戦
F重巡リ級改flagship、雷巡チ級flagship*2、軽巡ヘ級flagship、駆逐ロ級後期型*2単縦/複縦/梯形 160 
G空母棲姫、空母ヲ級flagship(赤)*2、軽巡ツ級elite、駆逐二級後期型*2輪形312250空襲戦
H空母棲姫、空母ヲ級flagship(赤)、軽巡ツ級elite、駆逐ニ級後期型*3輪形209200空襲戦
I軽母ヌ級flagship*2、軽巡ヘ級flagship、軽巡ツ級elite、駆逐ハ級後期型*2単縦/複縦/輪形46260 
J軽母ヌ級flagship、軽巡ヘ級flagship、軽巡ツ級、駆逐ロ級後期型、駆逐イ級後期型*2単縦/複縦/輪形23200夜戦マス
M(第一)空母棲姫、空母ヲ級flagship(赤)*2、軽巡ツ級elite、駆逐ニ級後期型*2第三警戒312550ボス
M(第二)軽巡ヘ級flagship、重巡リ級flagship*2、駆逐ハ級後期型、駆逐ロ級後期型*2   ボス
6-5の敵編成は、攻略ゲージの進捗具合により、ランダム要素を含みながら徐々に強化されていく。
ざっくり「弱→中→強→最終」のように変化し、ゲージ破壊後の編成はランダム(?)となる模様。

制空値の調整

制空値の調整は、ゲージ進捗状況や基地航空隊との連携も絡んでくるので選択肢は色々あるが、基本的にはボス戦で航空優勢以上を取れるように調整するのが基本。

場所制空権確保航空優勢航空均衡航空劣勢補足
C3961988945 
G(弱)627314140140空襲戦
G(強/最終)936468209105空襲戦
H(弱)3091556935空襲戦
H(強/最終)618~627309~314138~14069~70空襲戦
I138693116 
M(弱)627314140140ボス
M(強/最終)936468209105ボス

上側ルートならCマス確保水準の「400+」、下側ルートだと350~400あたりが目安になる。

参考制空権計算機 – 艦これ計算機

ボス旗艦「空母棲姫」

艦これ第二期6-5ボス空母棲姫

ボス旗艦は”白艦載機”を積んだ「空母棲姫」。基本スペックは[耐久350、火力365、対空130、装甲150]となる。

空母系の特徴を持ち「中破/大破」か「艦攻/艦爆全滅」で昼砲撃戦不可。夜戦では中破でも夜間航空攻撃を仕掛けてくる。

航空戦において、艦攻・陸攻による特効ダメージがあり、運が良ければ開幕で中破~撃沈することも可能。

「空母棲姫」としては一番易しいタイプなので、戦艦・巡洋艦・駆逐艦の夜戦連撃でも有効打を狙いやすいです。

編成・装備例



上上ルート編成

従来通りの上5戦ルート[1-A-C-D-G-M]を進行する[戦艦系1+空母系2+(重巡/航巡/軽巡)1+雷巡1+駆逐1]の編成。

道中戦は敵の空母(航空攻撃)が主体になるので、対空カットイン/対空噴進弾幕などの防空体制にも力を入れておきたい。

夜戦空母入り武蔵改二入り進行ルート

ボス戦での決定力補強のために夜間航空攻撃modeの「Saratoga Mk.II」を組み込んだ構成。制空値「410~」で調整(基地劣勢×4)。

伊勢改二や航巡を入れると制空値に余裕が出るので、空母戦爆連合CIなどを使いやすくなる。

艦これ第二期EO6-5の上上ルート編成1

昼夜戦共に強い武蔵改二、開幕雷撃を増やすための阿武隈改二を組み込んだ構成。制空値などは夜戦空母入り編成とほぼ同じ。

艦これ第二期EO6-5の上上ルート編成2

ルートは上5戦[1-A-C-D-G-M]。ボスマス到達時点での燃料・弾薬残量は[燃料32%、弾薬36%]。

初戦のAマスを除いたC/D/Gマスどこでも事故るので、時々道中に基地航空隊を送りたくなる。

艦これ第二期EO6-5のマップ上スタート上ルート

ボス戦での制空が比較的容易で雷巡を入れられる。対空噴進弾幕や対空装備・カットインが揃っているなら道中突破しやすい。
ボス戦で弾薬残量による与ダメージ低下が発生し、主力の空母系の艦載機が枯れて棒立ちになることもある。
慣れているので使いやすい編成ですが、第二期の実用的な6-5攻略ルートの中では唯一ボス戦で弾薬残量ペナルティがある点に注意でしょうか。

上中央ルート編成

上側「1」からスタートして中央を抜ける全6戦ルート[1-A-C-E-H-G-M]用の[戦艦系1+正規空母系2+軽空1+軽巡1+駆逐1]編成。

フラソなどがいる強力なE潜水マスと、空襲戦マス×2戦を突破するために、対潜&対空が重要になる。

テスト編成1進行ルート

空母系が主力となりボス戦で艦載機が全滅すると不味いため、道中H/G空襲戦マスで確実に航空優勢を取るべく制空値「518~」に調整(基地劣勢×4)。

E潜水マス対策に先制対潜×2、対「空母棲姫」用のボス夜戦要員×3、などを組み込んだ。

艦これ第二期EO6-5の上中央ルート編成1

ルートは上6戦[1-A-C-E-H-G-M]。ボスマス到達時の燃料・弾薬残量は[燃料36%、弾薬52%]。

本隊制空値を「500+」まで盛る場合は、「航空劣勢×2」の基地航空隊1部隊でもボス航空優勢を狙えるので、道中に1部隊を回すのも手になりそう。

艦これ第二期EO6-5のマップ上スタート中央ルート

戦艦系1+空母系3で昼戦火力が高く、ボス戦での与ダメージ低下もない。基地航空隊を道中に回しやすい。
ソ級軍団のE潜水マス対策、2度の空襲戦突破、ボス夜戦火力の確保などに結構な戦力が必要になるため敷居が高い。
制空・艦載機の生存性・先制対潜なども考えると「神鷹改二」も使えそうなので、早いところ育成したいところです。

下上ルート編成

下側「2」からスタートして上方向へと進む5戦ルート[2-B-C-D-G-M]での[戦艦系3+(重巡/航巡/水母/揚陸)1+軽巡1+駆逐1]編成。

空母系を組み込めないため装備構成は厳しくなるが、消費の少ない潜水マス経由でボス戦での決定力は割りと高そうだった。

ネルソン入り編成進行ルート

道中突破C/Dマス用にネルソンタッチを組み込んだ[戦艦2+航戦1+航巡1+軽巡1+駆逐1]の構成。

艦戦キャリアー化した伊勢改二と武蔵改二&航巡で制空値「405~」に調整(基地劣勢×4)。

制空値が厳しい場合は、重巡/航巡の枠にあきつ丸を入れる。もしくは、基地航空隊の制空構成を[均衡×2、劣勢×4]にすれば、スタート時制空値「360~」でも概ねボス優勢。

艦これ第二期EO6-5の下上ルート編成1

ルートは下スタートの全5戦[2-B-C-D-G-M]。ボスマス到達時点での燃料・弾薬残量は[燃料44%、弾薬56%]。

先制火力に乏しく、制空のために余裕のないカツカツ装備構成となるので、ネルソンタッチは割りと有用な雰囲気だった。

艦これ第二期EO6-5の下スタート上ルート

ボス戦での与ダメ低下がなく、燃料消費も一番少ないルートなので回避にも多少は期待が持てる。
制空が厳しく、あきつ丸を入れる場合は道中での事故率が上がる。
戦艦系3隻を組み込めるので、ネルソンタッチも活用すれば道中突破&ボス戦火力もなかなかな感じでした。

下下ルート編成

下側「2」からスタートして全5戦ルート[2-B-F-I-J-M]を進行する[戦艦系2+(重巡/航巡/水母/揚陸)1+軽巡1+駆逐2]の編成。

道中での制空条件は易しいが、ボス前J夜戦マスを抜けるためにある程度の対策が必要になりそうだった。

戦艦弾着編成ネルソンタッチ編成ボス均衡編成進行ルート

戦艦系2隻に徹甲弾弾着を組み込んだ[戦艦1+航戦1+航巡1+軽巡1+駆逐2]の構成。

夜戦要員×5隻に、制空値「325~」でボス航空優勢狙い(基地均衡×2、劣勢×2)。

艦これ第二期EO6-5の下下ルート編成2

J夜戦マス突破用にネルソンタッチを組み込んだ[戦艦1+航戦1+軽巡1+駆逐2+揚陸1]構成。

夜戦要員×5隻に、制空値「315~」で調整してボス航空優勢狙い(基地均衡×2、劣勢×2)。

艦これ第二期EO6-5の下下ルート編成1

道中戦の安定を重視、ボス戦では敢えて優勢・弾着を捨てた[戦艦1+航戦1+航巡1+軽巡1+駆逐2]の構成。

制空値「164~」で道中は制空権確保、ボス戦では「基地劣勢×4」で航空均衡狙い。弾着しない代わりに阿武隈のちょい強めな開幕雷撃を含む夜戦要員×6隻体制。

艦これ第二期EO6-5の下下ルート編成3

ルートは下側5戦[2-B-F-I-J-M]。ボスマス到達時の燃料・弾薬残量は[燃料42%、弾薬50%]。

艦これ第二期EO6-5の下スタート下ルート

道中戦が上ルートに比べると比較的楽。地味に厄介なJ夜戦マスもネルソンタッチが発動すれば抜けやすい。
ボス戦での制空のために基地航空隊の陸攻を削るか、火力要員にならない本隊制空要員を抱えなければいけない。
道中は比較的楽なので、場合によってはボス戦で優勢を取らず、夜戦に懸けるというのも面白そうでした。

基地航空隊の運用

6-5では、基地航空隊を(最大)3部隊運用可能で、出撃は2部隊まで。

戦闘行動半径

艦これ第二期6-5マップ基地航空隊の戦闘行動半径

主なポイント到達に必要な戦闘行動半径は上記画像のとおり。

ボスMマスでは「5」が必要となるので、一部の陸戦や局戦は届かないので注意。

航空隊の編成

ボス戦での制空&火力支援のために基本的には2部隊をボスに集中させて運用することが多いが、1部隊を道中に割くのも有効。

劣勢×4構成

艦これ第二期EO6-5の基地航空隊編成1

  • 第一:[64戦隊+対空2陸攻1+三四型2]ボスM集中(劣勢×2)
  • 第二:[陸戦1+陸攻3]ボスM集中(劣勢×2)
  • 第三:[局戦4]防空
前哨戦のボス弱編成(フラヲ×1)が相手だと、上記構成の場合は航空均衡×2になることもある。

均衡×2、劣勢×2構成

艦これ第二期EO6-5の基地航空隊編成2

  • 第一:[54戦隊+64戦隊+三四型2]ボスM集中(均衡×2)
  • 第二:[陸戦1+陸攻3]ボスM集中(劣勢×2)
  • 第三:[局戦4]防空
第一航空隊の「三四型陸攻×2」に黄色帯以上の熟練度が付いていれば、フラヲ×2隻入りのボス編成にも均衡×2を取れる。
陸攻は「空母棲姫」に特効があり、制空支援でのボス敵機全滅も狙えるため、決定力を重視するならボスマスに2部隊を送り込みたいところです。

道中戦

進行ルート別にざっくり敵の編成をチェック!

上上ルート

艦これ第二期EO6-5の上上ルート道中戦

今まで通りの上ルート敵編成。

C/D/Gマスのどこでも本当に事故りやすいので悩ましいところだが、敵の主力は空母系&航空攻撃なので、ガチガチの対空modeである程度は対応が可能。

上中央ルート

艦これ第二期EO6-5の上中央ルート道中戦

印象的なのは3戦目のE潜水マス。最終形態だと「潜水ソ級flagship」×2、「潜水ソ級elite」×4で梯形陣or単横陣となるため先制対潜が2~3毎くらい欲しくなる。

4戦目のH空襲戦マスは、最終形態で「空母棲姫」入りの編成となるようなので、対空噴進弾幕が突破の肝になる。

下上ルート

艦これ第二期EO6-5の下上ルート道中戦

初戦がそれなりの潜水艦マスになるだけで、それ以外は上上ルートと同じ。

下下ルート

艦これ第二期EO6-5の下下ルート道中戦

秋刀魚イベントでも随分と周回した下下ルートは、敵の編成(陣形)パターンでアタリハズレ(単縦/複縦/輪形/梯形など)が大きいので運要素が少し強めかもしれない。

ボス前のJ夜戦マスでは、夜戦連撃してくる3隻目の「軽巡ツ級」を先に撃沈できるかどうかが突破の肝なので、ネルソンタッチがあると心強い。

どのルートも一長一短な感じなので、絶妙な難易度バランスかもしれませんね。

ボス戦

前哨戦

ボスは、旗艦「空母棲姫」に「空母ヲ級flagship(赤)」×1~2などが随伴する第三警戒航行序列(輪形陣)の連合艦隊編成。

「空母棲姫」のスペックは[耐久350、火力365、対空130、装甲150]。空母系の特徴を持ち、中破or艦攻・艦爆全滅で昼砲撃戦不可。夜戦では中破でも夜間航空攻撃を仕掛けてくる。

艦これ第二期EO6-5の前哨戦ボス昼戦

道中での損傷と、基地航空隊の戦果次第で難易度が大きく変わるのが特徴。運が良ければ、陸攻特効で「空母棲姫」に3桁ダメージを出して開幕撃沈することも可能。

敵空母系の艦載機を枯らすことができれば、ほとんど一方的に攻撃できるようになるので、対空装備や基地航空隊の制空支援が重要。

ボス戦でのネルソンタッチは、都合の良いタイミング(敵第一艦隊との砲撃戦or夜戦)で発動してくれるか怪しい&複縦陣での昼戦火力低下もあるので、道中で発動しなかったら状況次第で試す程度に運用してみました。

最終形態

ゲージ破壊直前の最終形態に移行すると、確定で「フラヲ(赤)」×2隻入りとなり、他の随伴艦もやや強化されるが、旗艦「空母棲姫」は変化なし。

艦これ第二期EO6-5のボス最終形態編成

6-5は最終形態になっても大して難易度は上がらないので、前哨戦からの戦術を変える必要は特になさそう。

戦艦系の徹甲弾弾着や、空母系の戦爆連合カットインでも100+の有効打を狙えるので、昼戦でゲージ破壊に成功することも珍しくない。

ボス夜戦

「空母棲姫(耐久350、装甲150)」に対する小破以下・弾薬残量ペナルティ無しでの主な夜戦ダメージ(1発あたり)はざっくり以下のようになる。

  • 重巡/航巡の夜戦連撃:[通常:35~125、クリティカル:145~240]
  • 駆逐/ネルソン:[通常:15~105、クリティカル:120~210]
  • 武蔵改二:[通常:70~160、クリティカル:200~290]
  • 伊勢改二(想定火力145):[通常:割合(約15%)~80、クリティカル:80~170]

主力駆逐艦・重巡/航巡・ネルソンなら夜戦連撃合計で約100~150、武蔵改二なら約230。

昼戦要員や制空要員にもなってくれて使いやすい伊勢改二は夜戦だとちょっとパワーダウンで50前後くらいになりそう。また、サラトガなどの夜襲CIなら熟練クリティカルで200~300くらいのダメージを狙える。

上上ルートの弾薬残量36%状態だと、夜戦ダメージはペナ無しに比べて約3割くらい下がる。

艦これ第二期EO6-5のボス夜戦

弾薬残量での与ダメ低下ペナルティがない状態だと、巡洋艦や主力駆逐艦での夜戦連撃でも有効打を狙いやすいので良い感じでした。

ボス戦ダイジェスト動画

【艦これ第二期】EO6-5「KW環礁沖海域」ボス戦ダイジェスト(18年10月)

まとめ

第二期の6-5は、潜水/夜戦マスの消費変更と新艦娘/改装などの実装で、意外と攻略時の戦術幅が広がり面白くなっていました。

新たに開拓されたルートの編成・装備構成には改良の余地が色々とありそうなので、ぼちぼち試していきたいと思います。

コメント