Windows10のPCでAndroidスマートフォンのSMSを受信する方法

Windows10のパソコンでAndroidスマートフォンのSMSを受信する方法をまとめた備忘録&紹介記事です。

先日、使う機会が増えてきたYahoo!アカウントのログインセキュリティを「シークレットID」+「通常パスワード」+「ワンタイムパスワード(メール)」の2段階認証で強化しました。

そこで『Yahoo!プレミアム』の無料体験を試してみることにしたのですが、登録の過程で『Yahoo!ウォレット』の利用にはログイン方法を「SMS認証」に切り替える必要があることが発覚!

そこで、ログイン方法を渋々SMS認証に切り替えることにしました。でも、なるべくPC操作だけでログイン作業を完結させたい!

ということで、使用しているWindowsPCとAndroidスマホを同期(ペアリング)して、SMS通知をパソコンでも確認できるようにしました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

同期(ペアリング)方法

Windows10とAndroidを同期できるアプリは色々あるようだが、今回は「Googleのメッセージアプリ」と「Microsoftのスマホ同期アプリ」を試してみた。

Google『メッセージ』アプリ

Google Messages

Android端末にはプリインストールされていることもある「メッセージアプリ」と「そのWeb版(ブラウザ版)」を利用する方法。
PC側のWeb版に表示されるQRコードを、スマホのメッセージアプリで読み取って、PCのブラウザ単位でペアリングが可能。

スマホからPCへSMSを転送する形となるため、リアルタイムで通知を受け取るためには、スマホ・PC共にネットワーク接続している必要あり。
また、PC側のブラウザを起動してWeb版メッセージアプリにログインしている必要もある。

PC版メッセージでSMS受信成功
Webブラウザでの表示
プッシュ通知
プッシュ通知も可能(Firefox)

Microsoft『スマホ同期アプリ』

Microsoftのスマホ同期アプリ

Windows10用『スマホ同期アプリ』とAndroid用『スマホ同期管理アプリ』を利用する方法。
PC側に表示されるQRコードを、Android側のアプリで読み取ることで、Windows10とAndroidスマホをペアリング可能。

こちらもスマホからPCへSMSを転送する形となるため、リアルタイムで通知を受け取るためには、スマホ・PC共にネットワーク接続している必要あり。

スマホ同期アプリでSMS受信成功
WindowsPCのスマホ同期アプリでの表示
windows10の通知
プッシュ通知の他、アクションセンターにも表示可能

Googleのメッセージアプリの方は、SMSやチャットなど比較的シンプルな機能です。
Windowsのスマホ同期アプリは、SMS・写真・通話をパソコンとスマホでガッツリ同期することもできる多機能なものです。

Google『メッセージ』アプリの設定

設定の流れ
  1. Web版メッセージアプリのサイトにアクセスしてQRコードを表示する
  2. スマホのメッセージアプリでQRコードを読み取る
  3. 設定完了

PC・スマホ共にGoogleのアカウントにログインする必要がある

Web版のメッセージアプリ

QRコードの表示

まずはWindowsPCでWeb版メッセージアプリのサイトにアクセス、QRコードを生成する。

『このパソコンの情報を保持する』はONにしておく。OFFだと毎回ペア設定(QRコード読み取り)の手間が発生する。

このページは開いたまま、スマホでの作業に移る。

Androidのメッセージアプリ

メッセージアプリを開く

Androidのメッセージアプリ
このアイコン!
デバイスのペア設定
デバイスのペア設定を開く

Androidスマホのメッセージアプリを開いて、右上の「︙」メニューから「デバイスのペア設定」を選択。

デバイスのペア設定

QRコードをスキャンする
QRコードスキャナをタップ
Firefoxとペア設定完了
ペア設定済みのデバイスが表示される

「QR コードスキャナ」のボタンをタップして、カメラでQRコードを読み込めばOK!

ペア設定済みのデバイスに、ウェブブラウザとオンラインの履歴、ペア設定解除のリンクが表示される。

再びWeb版のメッセージアプリ

PC版メッセージでSMS受信成功
Web版のメッセージアプリ表示
プッシュ通知
プッシュ通知

ペア設定したスマホのメッセージアプリと同様の内容がWeb版の方にも表示される。設定完了!

これは、スマホからWi-Fiやモバイルデータ通信を使って送信されているものなので、スマホ側がネットワーク未接続(オフライン)だと同期に失敗する。

プッシュ通知はブラウザ毎の通知設定で制御可能。

Microsoft『スマホ同期アプリ』の設定

設定の流れ
  1. WindowsPCの『スマホ同期アプリ』を起動、QRコードを表示する
  2. Androidスマホの『スマホ同期管理アプリ』でQRコードを読み取る
  3. 設定完了

PC・スマホ共にマイクロソフトのアカウントにサインインする必要がある

PCのスマホ同期アプリ

スマホ同期アプリを起動

設定の電話からアクセス
スマートフォンの追加をクリック
設定を開始する
スマホ同期アプリの設定を開始!

Windows10の『スマホ同期アプリ』には、「設定→電話→スマートフォンの追加」からアクセス。もしくは、検索ボックスで「スマホ同期」などのキーワードで検索。

アプリを起動したら「開始」ボタンから設定を始める。

QRコードを生成

QRコードでペアリング
チェックを入れてQRコードでペアリング
QRコードの読み取り
QRコードを生成してスマホアプリ側で読み取る

マイクロソフトのアカウントにサインインが済んでいれば「デバイスのペアリング」に自動で進む。

まずは「”スマホ同期管理アプリ – Windowsにリンク” アプリの準備ができている」にチェックを入れる。

次に「QRコードでペアリング」をクリックすると、QRコードが表示されたウィンドウが現れる。

ここまでやったら、QRコードが表示されているウィンドウをそのままにして、スマホでの作業に移る。

Androidのスマホ同期管理アプリ

インストール

スマホ同期アプリ
スマホ同期管理アプリをインストール
スマートフォンとPCをリンクする
スマートフォンとPCをリンクするを選択

Androidスマホ側の作業では、まず『スマホ同期管理アプリ – Windowsにリンク』をインストールする。

インストールしたら起動してマイクロソフトのアカウントにサインイン。「スマートフォンとPCをリンクする」を選択。

QRコードの読み取り

QRコード表示の確認
続行ボタンをタップ
写真と動画の撮影許可
撮影許可してQRコードをスキャン

PCのQRコード表示に関する確認が表示されるが、既に表示済みなので無視して「続行」を選択。

QRコードを読み取るためにアプリに写真と動画の撮影を許可。PCに表示したQRコードを読み取る。

ペアリングとアクセス許可

ペアリング中の表示
ペアリング中
アプリのアクセス許可
アクセス許可を出していく

QRコードを読み取った後は、アプリに各アクセス許可を設定していく。

4種類のアクセス許可

ファイルアクセスの許可
写真・メディア・ファイルへのアクセス許可
バックグラウンドでの常時実行許可
バッググラウンドでの常時実行許可

許可設定では以下4種類の全てで「許可」を選択。

  • 写真・メディア・ファイルへのアクセス
  • SMSメッセージの送信と表示
  • 電話の発信と管理
  • バッググラウンドでの常時実行

スマホ側の設定完了

スマートフォンの設定完了
完了をタップ
リンクの確立
必要なら右上の歯車アイコンから各種設定を変更可

許可設定が終わったら同期のためのスマホ側設定は完了。

再びPCのスマホ同期アプリ

PC側の設定完了

設定完了
「そのまま進む」をクリック
スマホ同期アプリの使用開始
タスクバーにアプリをピン留めしておくと便利かも

スマホ側でペアリングとアクセス許可が完了すると、PC側でも設定が完了するので「そのまま進む」をクリック。

ようこそ画面が表示されるので、お好みで「タスクバーにアプリをピン留めする」にチェックを入れて、「開始」ボタンをクリック。

同期完了

スマホ同期アプリでSMS受信成功
スマホ同期アプリにスマホのSMSが表示される
windows10の通知
プッシュ通知

同期設定したことにより、WindowsPCのスマホ同期アプリの「メッセージ」タブにスマホのSMSが表示されるようになる。

SMSをプッシュ通知で表示したり、アクションセンターに受信履歴を表示することが可能。

プッシュ通知が煩わしい場合や、任意にアプリを開いて確認するだけで充分な場合。
「設定→システム→通知とアクション」にある「送信元ごとの通知の受信設定」で、スマホ同期アプリをオフにすることで通知を停止できる。

使う機能を選択

スマホ同期アプリの機能設定

スマホ同期アプリは、初期設定だとスマホの写真とかも自動で同期してしまうので、不要な機能はオフにしておいた方がいいかもしれない。

スマホ同期アプリの「左下にある歯車アイコン」→「設定画面」→「機能」からアクセス。

まとめ

GoogleのメッセージアプリとMicrosoftのスマホ同期アプリは、SMSでのOTP受信目的で利用する分には大差ないかと思います。

Googleのメッセージアプリを使った方法は、Windows以外のOSでも使えて、必要な時だけブラウザ経由で確認できることもあり、より手軽な印象です。

逆に、スマホのSMSや通話機能をWindowsPCとガッツリ連携させて使いたい場合には、Microsoftのスマホ同期アプリが便利だと思います。

コメントの通知/購読設定
受け取る通知
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
タイトルとURLをコピーしました