Fireタブレットの充電が極端に遅い(できない)場合の対処方法

Amazon Fireタブレットの充電が極端に遅くなったり、充電ができない場合の対処法をまとめた備忘録記事です。

2019年版のFire7タブレットを使用しているのですが、充電が遅くなる・進まなくなるトラブルに遭遇したので、忘れないように注意点も含めて記事にしました。

バッテリー残量が充電を開始しても1時間に2~3%しか増えなかったり、ある一定以上からまったく増えない症状の場合には効果があるかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

対処方法

  1. Fireから充電器とケーブルを取り外す
    • 電源アダプタ/ワイヤレススタンドなど
  2. 電源ボタンを40秒間長押しする(もしくは端末が再起動するまで)
    • 電源オプション[電源オフ/再起動]が表示されてもそのまま押しっぱなし
  3. ケーブルをアダプタと端末に接続
  4. アダプタをコンセントに差し込む
充電器とケーブルは純正品が望ましい。

Fireタブレットは、電源ボタンを40秒間長押しすると「強制再起動」します。充電がうまくできなくなった場合は、とりあえずこの再起動を試すのが基本的な対処のようです。
過去に遭遇した充電トラブルでは、この方法で正常に充電できるようになりました。

原因と対策

高温・低温で発生しやすい

充電の不具合は過去に3回(2019冬/2020夏)あったのですが、いずれも「部屋がやたらと暑い・寒い」時でした。

冬場は室温が5℃くらいの「低温下」で、夏場は室温が30~36℃くらいの「高温下+負荷の高いアプリで端末が熱くなっている状態」での充電で発生していました。

原因はFireに搭載されている「リチウムイオン電池」の温度にありそうです。

充電時の適温

  • 使用温度/充電温度:5~45℃
    • 無難:10~35℃
    • 理想:15~25℃
一言にリチウムイオン電池といっても仕様や種類は様々らしいので「ざっくり」です 😉 

バッテリーの温度に起因する充電時の不具合対策は、「充電は端末温度や室温が10~35℃の範囲内で行う」あたりが落としどころになるのかなと思います。

負荷の大きいアプリで端末が熱くなっている場合は、少し時間を空けて冷やすのもコツになりそうです。

まとめ

これまで使ってきたノートPC・スマホ・タブレットでは同じ様なトラブルに遭遇したことがなかったので、充電時の室温や端末温度はあまり気にしていませんでした。

充電の仕方も含めて、無茶な使い方をするとバッテリーの劣化にも繋がるようなので、今後は気を付けたいところです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
雑記
この記事をシェアする
どんぱっぱをフォローする
スポンサーリンク
となはざな
コメントの通知/購読設定
受け取る通知
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
タイトルとURLをコピーしました