【艦これ第二期】5-3「サブ島沖海域」を攻略!

艦これ第二期5-3「サブ島沖海域」に出撃時の加古改二

艦これ第二期でリニューアルされた南方海域の第三海域5-3「サブ島沖海域」を再攻略しました!道中の主要なポイントが夜戦マスという特殊なマップですが、燃料・弾薬消費の軽減化などによってやや攻略しやすくなっているようでした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

海域情報

艦これ第二期5-3「サブ島沖海域」の海域バナー

難易度★9
海域方面南方海域
海域名サブ島沖海域(#5-3)
作戦名第一次サーモン沖海戦
作戦内容鉄底海峡に突入、敵泊地に我が水上打撃部隊による夜戦突撃を敢行、敵後方の輸送艦を叩け!
突破条件ボス艦隊旗艦を5回撃沈でゲージ破壊、海域クリア

マップ・ルート

艦これ第二期5-3「サブ島沖海域」のマップ

新5-3マップの構造はリニューアルでやや変化したが、道中の夜戦マスなどは健在で、従来と同じように「夜戦マップ」となっていた。

その他で大きいのは、夜戦マス消費がイベント時と同じ「燃料/弾薬:10%」になったのと、ボスマスに潜水艦が出てこなくなった点。

主な進行ルートは、全3戦の[D-G-I-O-K-E-Q]。最短ルートの場合は道中が夜戦マス×2戦のみとなるため、ボス戦において燃料・弾薬残量による回避・与ダメージ低下のどちらも発生しない。

ポイントルート分岐条件/補足
始点C

空母系/潜水艦/低速艦が含まれるとC/Dランダム?

D
GI 
J
IJ

空母系や低速艦を含むとJ?
「(重巡+航巡)6隻」「軽巡6」でJ/Oランダム?

O
JL 
N
OP

※能動分岐

K
KE

「(戦艦系+空母系)0」+「軽巡1+駆逐3」でH?

H
EB

「(戦艦系+空母系)0」+軽巡入りでQ?
「(低速戦艦+航戦+空母系)0」+「高速戦艦1以下」+「軽巡1+駆逐2」でQ?

Q
BA

 

F
  

※I/J/K/N/P:夜戦マス、L:燃料うずしお、H:鋼材マス、F:弾薬マス

旧5-3の分岐条件の部分的に継承されているようだが(低速艦で不利なルート、空母系は原則逸れる)、ボス前分岐の固定は「駆逐2隻以上」ではなく「軽巡1+駆逐2」(?)あたりが有効そうな雰囲気だった。

また、5-3が任務海域になっているクォータリー任務【新編成「三川艦隊」、鉄底海峡に突入せよ!】の比較的重い編成で最短ルートを進める事からも、モチーフになっている史実の海戦「第一次ソロモン海戦」の史実艦によるルート制御が可能という可能性も?

第一次ソロモン海戦の史実艦

「鳥海、青葉、衣笠、加古、古鷹、天龍、夕張」

参考第一次ソロモン海戦 – Wikipedia

5-2の史実艦によるルート制御の例もありますし、敢えて遠回りのPマス(輸送艦隊)に能動分岐で進めるという点も怪しいかもしれませんね。

敵艦隊情報

艦これ第二期5-3「サブ島沖海域」のボス旗艦「南方棲戦姫」

場所強編成陣形制空値経験値補足
C軽巡ヘ級flagship、軽巡ツ級elite、駆逐ロ級後期型*4単縦/複縦 220 
I重巡リ級flagship*3、軽巡ホ級elite、駆逐ロ級後期型*1単縦/複縦 220 
J軽巡ヘ級flagship、重巡ネ級elite*2、軽巡ツ級elite、駆逐ハ級後期型*2単縦/複縦/梯形 320 
K戦艦タ級flagship*2、軽巡ツ級、駆逐ロ級後期型*3単縦/複縦 220 
N雷巡チ級flagship*2、雷巡チ級flagship、軽巡ツ級elite、駆逐ハ級後期型*2単縦/梯形 410 
P輸送ワ級flagship*3、輸送ワ級elite、駆逐ロ級後期型*2複縦 550 
Q南方棲戦姫、軽母ヌ級flagship*2、軽巡ツ級elite、駆逐ハ級後期型*2複縦93550 

ボス艦隊は、旗艦「南方棲戦姫」率いる通常戦。「軽母ヌ級flagship」×2隻が随伴する高制空パターンだとそこそこの制空値が必要になるので注意したい。

道中の夜戦マスでは、敵の回避できなければ基本的に一発で中破or大破する感じなので、前衛支援艦隊による支援射撃も有効。

制空値ボーダー

ボスマスの「フラヌ」×2隻入りの制空値を基準とした制空ボーダーは以下のとおり。

  • 制空権確保:279
  • 航空優勢:140
  • 航空均衡:63
  • 航空劣勢:32

フラヌ無しのパターンでは少し制空値が大凡半分になる。

  • 制空権確保:141
  • 航空優勢:71
  • 航空均衡:32
  • 航空劣勢:16

おそらく1/3で高制空パターン、2/3で低制空パターンとなりそうなので、制空がしんどい場合は2/3で優勢の「71」を目安にするのも手になりそう。

ボス旗艦「南方棲戦姫」

ボス旗艦「南方棲戦姫」の基本スペックは、[耐久350、火力200、雷装100、対空80、装甲120]。

耐久値はそこそこあるのだけど、装甲は120と大したことないため、夜戦に持ち込めば撃破は容易。

ただ、砲撃戦火力が高く、夜戦でも連撃を放ってくるので、味方主力艦が先に潰されると不味い展開もありそうだった。

編成・装備例

従来の5-3攻略編成の改良型に加えて、クォータリー任務【新編成「三川艦隊」、鉄底海峡に突入せよ!】の、いずれも最短3戦ルート編成を試してみた。

  • 軽量:[(重巡+航巡)2+軽巡1+駆逐3]
  • 中量:[高速戦艦1+(重巡+航巡)2+軽巡1+駆逐2]
  • 三川:[重巡3+航巡2+軽巡1](史実艦4隻入り)

概ね上記の編成で最短ルートを進行できそうだった(ボス前で逸れることはあるかも?)。

関連任務記事はこちら
【艦これ第二期】5-1/5-3/5-4クォータリー任務『新編成「三川艦隊」、鉄底海峡に突入せよ!』の攻略編成・装備
「戦果+200」&「勲章orネジ5」が報酬になっている5-1/5-3/5-4を周回するクォータリー任務『新編成「三川艦隊」、鉄底海峡に突入せよ!』攻略用の編成・装備をまとめました。

軽量/中量級

[高速戦艦1+航巡2+軽巡1+駆逐2]で編成。制空値は「142~」で、ボス1/3優勢、2/3確保狙い。

艦これ第二期5-3「サブ島沖海域」の最短ルート編成

高速戦艦

夜戦火力の高いビスマルクに[主砲×2+夜偵+徹甲弾]の昼夜連撃&徹甲弾カットイン構成。

高速化した航戦だと遠回りルートになる?
戦艦が1隻いるとボス戦での安定感が増します

航巡

鈴谷と熊野に「主砲×2+水戦+水上爆撃機」で昼夜連撃&制空。

ボス戦で運が悪いと「軽巡ツ級elite」の対空砲火に捕まって水上爆撃機が全滅し、弾着観測射撃ができなくなる可能性有り。

軽巡

由良改二に「甲標的+水戦+主砲+増設副砲」で夜戦連撃&制空補助&開幕雷撃。

軽巡枠の選択肢はかなり広そうだった。「火力の神通、開幕雷撃の阿武隈、何でも屋の由良、制空補助の多摩、4スロの大淀&夕張」など。

駆逐

道中・ボス戦ともに中破しても充分な火力を出せる高火力の主力駆逐艦を投入。[主砲×2+照明弾]で夜戦連撃&夜戦支援。

ちょっと変わり種として[主砲×2+熟練見張員+水上電探]で夜戦回避シナジー構成のタシュケントも面白そうだった。

照明弾の発動率は、「1スロ(1隻)で約70%」、「2スロ(2隻)で約90%」。手軽さなら1隻に、発動率重視なら2隻に積むも有り。

新編成「三川艦隊」、鉄底海峡に突入せよ!

史実艦に補正があるのか[重巡3+航巡2+軽巡1]でも最短3戦ルートを進めるぽいQ三川編成。

Q三川任務の編成条件は、「鳥海、青葉、衣笠、加古、古鷹、天龍、夕張」から4隻+自由枠2隻。

艦これ第二期5-3「サブ島沖海域」のQ三川編成

基本は通常攻略編成と同じように、「昼夜連撃装備」、「制空用の水戦・水爆」、「夜戦支援の夜偵&照明弾」という構成。

制空値も「141」以上にしてボス戦で1/3優勢、2/3確保狙い。

「重巡4+航巡2」では遠回りの5~6戦ルートになるようなので注意。

支援艦隊編成

ボス戦ではあまり必要性を感じなかったが、道中では大破事故が多発したため、支援射撃modeの前衛支援艦隊[駆逐2+空母1+戦艦3]を投入。

艦これ第二期5-3「サブ島沖海域」の支援射撃編成

駆逐はステータス補正付きの[主砲×2+水上電探]、空母は[艦爆×2+電探×2]、戦艦組は[主砲×2+電探×2]でやや命中重視の装備構成にした。

支援射撃の火力キャップは「150」とのことで、空母は反航戦キャップ「約190」、戦艦は同航戦でのキャップ「約150」付近を意識して火力を調整しました。

戦闘

初戦Iマス

初戦のI夜戦マスは、単縦陣/複縦陣で「重巡リ級flagship/elite」×3隻の重巡戦隊。

艦これ第二期5-3「サブ島沖海域」のIマス戦闘

リ級の連撃を回避できなければ中大破がほぼ確定のため、支援射撃でドーンと先手を打つと有利な展開に!

遠回りJ/N/Pマス

遠回りルートで戦う、いずれも夜戦マスのJ/N/Pマス艦隊。

艦これ第二期5-3「サブ島沖海域」のJNP敵編成

4~5戦ルートで踏むこともあるJ/Nマスにも、夜戦連撃や夜戦カットインを放ってくる敵が配置されていて危険。

能動分岐で進めるPマスには「輸送ワ級」系が3~4隻いて、経験値が「500~550」と高めに設定されている模様。

Pマスは、意図的に経由することでボス前分岐を制御したり、或いは単なるレベリングスポットだったりするのですかね?

ボス前Kマス

ボス前のK夜戦マスには、「戦艦タ級flagship」など夜戦連撃や夜戦カットイン艦×3隻が配置されている。

艦これ第二期5-3「サブ島沖海域」のKマス戦闘

支援の不発や、攻撃目標の噛合せが悪い際は、お祈りするしかないため厳しい。

探照灯はリスクが高まる面もあるので一長一短だが、特にデメリットのない照明弾はなるべく積んでいきたいところ。

「駆逐イ級後期型」など夜戦単発攻撃しかしてこない敵も意外と攻撃を当ててくることがあるので油断大敵ですな(;´∀`)

ボス戦

ボスQマスは、「南方棲戦姫」を旗艦とする単縦陣or複縦陣の艦隊。道中の夜戦マスとは違い「通常戦」となる。

艦これ第二期5-3「サブ島沖海域」のボスQマス航空戦

「軽母ヌ級flagship」×2隻がいる場合は、制空ボーダーが上がるので弾着観測射撃をする場合は制空値「141」以上が必要。

艦これ第二期5-3「サブ島沖海域」のボスQマス雷撃戦

最短ルートで進行した場合は、燃料・弾薬残量による回避・ダメージペナルティが一切発生しないため、自艦隊編成が重巡以下の軽中量級クラス主体でも善戦できそうだった。

昼戦の弾着観測射撃と雷撃戦でボス随伴艦を処理して、夜戦で「南方棲戦姫」に止めを刺すというのが定番の流れだった。

心配なのはT字不利を引いて任務で必要なS勝利を逃すくらいでしょうかね。

まとめ

リニューアルされた5-3は、新仕様の低消費夜戦マスと最短3戦ルートを進行できるとういうことで、難易度はリニュ前よりやや下がった印象でした。

道中の夜戦マスは相変わらず大破撤退が発生しやすいようですが、支援艦隊を送ってしまえば随分と楽になるため、運要素のセルフコントロールも可能でした。

旧5-3での潜水艦入りボス編成がなくなったというのも、装備構成が楽になって嬉しいところです。

史実艦を用いれば更に有利な編成などもありそうなため、新編成の登場に期待したいところです!

コメント

  1. 鹿屋の提督 より:

    攻略お疲れ様です、5-3はボスにタ級がいなくなったので、到達さえすれば余裕になってありがたかったです

    6-5まで終えましたが、やはり全海域見ても6-4が相変わらず一番きつかったです

    …5-5? 色々ルート制御が変わってそうですし、来月以降に気が向いたらで…

    • donpappa donpappa より:

      攻略お疲れ様です!

      支援艦隊が使えるのもあって5-3は意外と控えめな難易度でしたね。
      代わりに5-4と5-5の難易度が上がっているようで苦戦しますな~。
      任務関連でも必要になるので中部海域後半も早めに開放しておきたいですね。