【艦これ第二期】7-2「タウイタウイ泊地沖」を攻略!

艦これ第二期7-2「タウイタウイ泊地沖」に出撃時のジャーヴィス

2018年11月16日のアップデートで新実装された南西海域の第二作戦海域(#7-2)「タウイタウイ泊地沖」を攻略!

通常海域では初となるダブルゲージ仕様のマップで、毎月ゲージがリセットされて復活するという新しいタイプのマップになっているようです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

海域情報

艦これ第二期7-2南西海域「タウイタウイ泊地沖」バナー

難易度★8
海域方面南西海域
海域名タウイタウイ泊地沖(#7-2)
作戦名セレベス海戦闘哨戒
作戦内容我が機動部隊の出撃拠点であるタウイタウイ泊地沖に敵戦力の跳梁が確認されている。哨戒を厳として、これらを制圧せよ!
突破条件第一と第二の両ゲージ破壊で海域クリア。
第一ゲージはボス旗艦を3回撃沈、第二ゲージはボス旗艦を4回撃沈することで破壊。
提督経験値道中:180、ボス:第一360/第二2360
備考ゲージは毎月リセット(復活)。7-3以降の海域進出のためには毎月撃破する必要あり。
実装2018年11月16日

マップ・ルート

7-2は、第一ゲージと第二ゲージでボスマスが2箇所あり、第一ゲージ破壊後に第二ゲージボスへのルート・ポイントが解放される。

第一ゲージでは対潜哨戒、第二ゲージは敵機動部隊を撃破する内容となっている。

第一ゲージ破壊後も第一ゲージのボスGマスに進行・周回が可能。

第一ゲージ

マップ構造はシンプルで、主に3戦ルート[C-E-G]を進行する形となる。

道中Bマスのみ通常戦闘マスで、C/Eマスは消費の軽い潜水(対潜)マスとなっているため、低燃費周回が可能。

艦これ第二期7-2「タウイタウイ泊地沖」第一ゲージのマップ

基本的に4~5隻の編成で「軽巡、駆逐、海防艦、軽空母(護衛空母)」などを組み込んで対潜戦闘を行うため、周回コストも軽い。

第一ゲージボスGマスでは、B勝利以上しても艦娘ドロップが確定ではないようです(ガシャン有り)。

第二ゲージ

記事投稿時点での第二ゲージ攻略の主なルートは4戦ルート[(A)-B-C-D-I-M]。

弾薬消費のない潜水マス×1戦が含まれるため、ボスマス到達時の弾薬残量による与ダメージ低下は発生しない。

艦これ第二期7-2「タウイタウイ泊地沖」第二ゲージのマップ

ボス艦隊には[白/準赤/赤]艦載機を積んだ「空母ヲ級改flagship」「軽母ヌ級(改)flagship/elite」などが出現するので、制空&対空が重要になる。

マップ実装日の2018年11月16日から期間限定で海防艦のドロップチャンスあり(Gマス:S松輪、Mマス:S松輪、S/A佐渡?)。

分岐条件

ポイントルート分岐条件/補足
始点A「(駆逐+海防)1以下」でA?
「6隻編成」+「正規空母系2隻以上」でA?
「6隻編成」or「戦艦系入り」or「正規空母系入り」でB?
「軽巡2隻以上」でB?
「5隻編成」+「海防3以上」でC?
「4隻以下編成」+「(駆逐+海防)3以上」でC?
B
C
CD

正規空母系入りでD?
「(駆逐+海防)4以上」でE?
「海防3以上」でE?
「5隻以上の編成」+「海防3未満or(駆逐+海防)4未満」でD?
「(駆逐+海防)3以上」でE?

E
DH「(戦艦系+空母系)4以上」でH?
「(戦艦系+空母系)3以下」+「低速艦なし」でI?
「(戦艦系+空母系)3以上」+「低速艦あり」でH?
I
EF5隻以上の編成だと索敵エフェクト有り?(4隻編成だと無し?)
G
IJ※索敵エフェクト有り
補給艦入りでJ?
L
M
A 燃料うずしお(30%)
K 燃料マス

参考南西海域 – 艦隊これくしょん -艦これ- 攻略 Wiki*

敵艦隊情報

場所強編成陣形制空値経験値補足
B軽巡ヘ級flagship、軽巡ホ級flagship、軽巡ツ級elite、駆逐ロ級後期型*3単縦/梯形 200 
C潜水カ級elite*2、潜水カ級*3梯形/単横 170潜水マス
E潜水カ級elite*3梯形/単横 160潜水マス
G(最終?)潜水ソ級flagship、潜水カ級elite*2、輸送ワ級elite、駆逐ロ級後期型*2梯形 370第一ボス
G(破壊後?)潜水ソ級flagship、潜水カ級elite*2、駆逐ロ級後期型*2梯形 340第一ボス
H空母ヲ級改flagship(赤)、軽母ヌ級改flagship(赤)、軽母ヌ級elite、軽巡ツ級elite、駆逐ロ級後期型*2輪形 210空襲戦
I(最終?)重巡リ級flagship、軽巡ヘ級flagship、軽巡ホ級flagship、駆逐ロ級後期型*3単縦 220 
J     
M(最終?)空母ヲ級改flagship(赤)、軽母ヌ級改flagship(赤)、重巡ネ級elite、軽巡ツ級elite、駆逐ロ級後期型*2輪形239520第二ボス

第一ゲージの主な敵編成

艦これ第二期7-2「タウイタウイ泊地沖」第一ゲージの主な敵編成

C/E潜水マスは、3~5隻の「潜水カ級elite/無印」で梯形陣/単横陣の潜水艦隊。

第一ボスGマスは、「潜水ソ級flagship/elite」に「潜水カ級elite/無印」×2隻などが随伴する潜水艦&水上艦の混成艦隊。陣形は梯形陣。

ゲージ破壊後のボス艦隊からは「輸送ワ級elite」がいなくなる模様。
第一ゲージボスの攻略・周回においてはBマスは基本踏まないので特に考えなくても良さそうです。

第二ゲージの主な敵編成

艦これ第二期7-2「タウイタウイ泊地沖」第二ゲージの主な敵編成

第二ゲージ攻略の道中戦は、特に強くない水雷戦隊×2戦と潜水マス×1戦(単縦陣のフラリやエリツは砲撃も地味に怖いが)で易しい。

ボス艦隊は、最終形態(ゲージ破壊直前)だと「空母ヲ級改flagship(赤)」「軽母ヌ級改elite(赤)」のようだが、ゲージ破壊後だと「フラヲ改(白)」「軽母ヌ級elite(白)」に弱体化する模様(?)。

BマスとボスMマスで「軽巡ツ級elite/無印」と戦うため、艦載機の被撃墜が増えてボーキ消費がかさみやすく、搭載数20台以下スロットの艦攻・艦爆・水爆は全滅リスクもそれなりに。

現実的な攻略編成だとBマス回避は難しいようなので、H空襲戦マスのみ避ける4戦ルートが基本になりそうです。

制空値の調整

第一ゲージ攻略では敵航空戦力が出てこないため、艦攻・艦爆(噴爆)・水爆・艦戦・水戦が1スロでもあれば制空権確保。

第二ゲージ攻略では、ボスMマスの最終形態(?)を想定すると以下のようになる。

  • 制空権確保:717
  • 航空優勢:359
  • 航空均衡:160
  • 航空劣勢:80

制空権確保は厳しいので、目安は航空優勢ボーダーの「359」になる。出撃時の制空値は「375~」あたりあれば概ね優勢を狙える。

被撃墜で制空値が下がりやすい爆戦系や水爆系で制空値をかせぐ場合は「390~」あたり欲しいかも。

ゲージ破壊後のボスMマス編成が”白艦載機”固定の場合は以下のように。

  • 制空権確保:531
  • 航空優勢:266
  • 航空均衡:119
  • 航空劣勢:60
ゲージ破壊後に期間限定の海防艦掘り周回をする際は、制空値「300~」あたりで優勢を取れるかもしれません。

第一ゲージ(Gマス)用の編成・装備例



  • 4隻編成:[(軽空/軽巡/駆逐/海防)1+(駆逐+海防)3]
  • 5隻編成:[(軽空+軽巡+駆逐+海防)2+海防3](※軽巡は1隻まで)

最短3戦ルート[C-E-G]進行用の編成は4隻or5隻で上記のようになる模様。

ボス艦隊が混成編成となるため、S勝利を狙うのなら対潜&対水上艦のバランスに優れる複縦陣などを選択するのも有効ぽい。

4隻編成

[軽巡1+駆逐3]の4隻編成。[軽空1+駆逐3]も良い感じだった。

対潜先制爆雷攻撃×4隻体制で道中&ボスの敵潜水艦に対応。

艦これ第二期7-2「タウイタウイ泊地沖」第一ゲージ用テスト編成1

5隻編成

[軽空2+海防3]の5隻編成。軽空枠には先制対潜が可能な護衛空母を投入。

海防艦3隻を抱えた編成だとボス戦での対水上艦火力が厳しいので、護衛空母や攻撃型軽空母などを組み込んで戦力補強すると安定しそうだった。

艦これ第二期7-2「タウイタウイ泊地沖」第一ゲージ用テスト編成2

第二ゲージ(Mマス)用の編成・装備例



  • [戦艦系1+空母1+軽空1+巡洋艦1+駆逐2](低速艦なし)
  • [戦艦系2+空母1+巡洋艦1+駆逐2](低速艦なし)

A燃料うずしおマスを回避する最短ルート[B-C-D-I-M]編成では、とりあえず上記のような型だとバランスが良さそうだった。

バランス編成

[戦艦1+空母1+軽空1+航巡1+駆逐2]の編成。制空値390~でボス優勢狙い。

戦艦系と空母系のカットイン砲撃で攻め、秋月型の対空カットインでボス戦での敵機全滅も狙うバランス重視の構成。

艦これ第二期7-2「タウイタウイ泊地沖」第二ゲージ用編成1

ゲージ破壊後なら制空値を300あたりまで落としても大丈夫そうです。

ネルソンタッチ編成

[戦艦2+空母1+重巡1+駆逐2]の編成。制空値380~でボス優勢狙い。

ボーキサイト消費を抑えるために空母を艦戦キャリアー化、ボス戦では砲撃2~3番目でのネルソンタッチでフラヲ改の中破~撃沈を狙う構成。

艦これ第二期7-2「タウイタウイ泊地沖」第二ゲージ用編成2

開幕雷撃編成

[空母1+雷巡3+駆逐2]のテスト編成。制空値178~でボス均衡狙い。

道中雷撃戦での被害も予想されるが、ボス戦での砲撃戦を敢えて一巡化して被害軽減を狙った構成。

艦これ第二期7-2「タウイタウイ泊地沖」第二ゲージ用編成3

とりあえず渦潮を踏まない編成を中心に試してみましたが、渦潮を経由するなら[駆逐2]の縛りがなくなるので、もっと色々組めそうでした。

戦闘について

第一ゲージでの戦闘

最短ルートだと道中は温い潜水マスなので、先制対潜艦×4~5隻体制なら難なく突破可能。

艦これ第二期7-2「タウイタウイ泊地沖」ボスGマス戦闘

ボス戦は「潜水艦×3、水上艦×2~3」の編成となるため、味方対潜要員が充分なら複縦陣でも対潜火力は概ね事足りそうだった。

敵の対空砲火による固定撃墜は「0」なので、艦載機熟練度の回復&軽巡・駆逐・軽空などの初期レベリングにも使える気配です。

第二ゲージの戦闘

道中の敵水雷戦隊との2戦で微妙に事故ることもあったが、道中戦は概ね楽勝。

艦これ第二期7-2「タウイタウイ泊地沖」第二ゲージボスMマス戦闘

ボス戦は、「白/準赤/赤」艦載機を積んだ「空母ヲ級改flagship」の航空攻撃&砲撃が怖いので、防空態勢を整えて被害を抑えたい。

ゲージ攻略や周回においてS勝利自体は簡単なので、如何にしてバケツ/資源(特にボーキ)消費を抑えられるかが味噌になりそうです。

まとめ

7-2は、「ダブルゲージ&ゲージリセット」という新しい要素も目立つマップですが、基本的な難易度は”中盤海域の中ほど”といった感じで、特に難しくはないようでした。

攻略・周回用の編成・装備についてはまだまだ改良の余地がありますが、新クォータリー任務「泊地周辺海域の安全確保を徹底せよ!」の消化や毎月のゲージ破壊は問題なくこなせそうな雰囲気です。

コメント