【レビュー】低価格の海外パッケージmicroSDカード「SanDisk Ultraシリーズ」

海外パッケージ版の安いmicroSDカード「SanDisk Ultraシリーズ」の使用感想・レビュー記事です。

(2019年7月の購入時点で)32GBが600円ちょい、64GBが1000円前後で買える低価格が魅力のmicroSDカードでした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

SanDisk「Ultraシリーズ」について

今回購入したのはSanDisk「Ultraシリーズ」の「型番:SDSQUNS-032G-GN3MN」。容量は32GBでCLASS10/UHS-1対応のmicroSDHCカード。

海外向けパッケージの並行輸入品で、購入時の2019年7月時点では型落ちしており、容量32GBだとネット通販で大体600円強(送料込)の価格になっている。

  • メーカー:SanDisk(サンディスク)
  • 型番:SDSQUNS-032G-GN3MN
  • 容量:32GB
  • 規格:microSDHC
  • スピードクラス:CLASS10、UHS-I
  • 最大読込速度:80MB/s
  • 発売年:2017年
  • 包装:海外パッケージ
  • 付属品:なし

用途はタブレットPCのストレージを拡張して、データを保存するのがメイン。

この手のSDカード系は偽物が怖いため、これまでハズレを引かされたことがない「風見鶏(楽天市場店)」で購入。

低価格のSDメモリカードはドライブレコーダー・防犯カメラなど頻繁・大量にデータを書き込む用途だと寿命が短くなり信頼性も下がるため、高耐久性のMLCフラッシュ製品の方がおすすめです。

開封&アイテム確認

メール便の封筒

イラスト付きのいつもの封筒

注文から4日でメール便にて到着。

封筒と中身

糊付けされている封筒の下部を開く形で開けられる。

封筒の中には注文の品と納品書。

この封筒はハサミやカッター不要で開けることができて、内側に緩衝材の”プチプチ”も付いている。

「SDSQUNS-032G-GN3MN」の包装

「SDSQUNS-032G-GN3MN」の包装

パッケージ表記はほぼ英語、裏側の表示にて「Made in China」を確認。ヨーロッパ・アジア向けのリテール品となっているようだった。

開封は、裏面の切り取り線に沿って型紙を切ることで、二重になっている型紙の口を開けるタイプ。

内側の包装

プラスチックのトレーに入っていてフィルムで封じられている。

開封するとトレーの中にmicroSDカード本体が入っている。

SDカードスロット用の変換アダプターは付属していない。

動作の確認

転送速度テスト

デバイスへの基本的な接続/認識を確認後に、ベンチマークソフト「CrystalDiskMark」を使って転送速度チェック。

読み込み速度はカタログスペックのMAXに近い数字が出ていて、その他も最低保証値以上は出ているので悪くはなさそうだった。

CrystalDiskMark
各種ストレージ (HDD, SSD, USBメモリなど) の速度を測定するベンチマークソフトです。 通常版 S...

エラーチェック

エラー・容量偽装のチェックは時間が掛かって面倒くさいため、容量一杯30GBくらいの大きめ動画ファイルを書き込んでの簡易チェックで正常動作を確認した。

「check flash」などのソフトを使ってしっかり調べるのも良いかもしれない。

HOME PAGE OF MISHA CHERKES

まとめ

Fire7タブレットのストレージ拡張用に買って、特に問題なく使用出来ているので良い買い物でした。

microSDカードの価格推移を見ると、2018年頃から徐々に値下がりして、32GBだと1000円以下、64GBでも1000円前後で手に入るようになりました。

価格.com - メーカー問わず microSDHCメモリーカード 32GB 価格推移グラフ
メーカー問わず microSDHCメモリーカード 32GBの最安値と平均価格の推移がグラフで見られます。気になる製品の買い時をチェックしましょう。

フラッシュメモリは、使い方によっては意外と寿命が短いこともあり、消耗品として割り切って使うため、低価格で買えるのは助かります。

もう少し容量が欲しい場合は64GBでも1000円ちょいなので買いやすいです。

その他、東芝(TOSHIBA)の海外リテール品もコスパが良くて人気なようです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
家電・デジもの
この記事をシェアする
donpappaをフォローする
スポンサーリンク
となはざな

コメント