【レビュー】食べもんぢから。『訳あり 生くるみ LHP 1kg』

4.0

楽天市場のショップ『食べもんぢから。』で販売されている訳あり規格の生くるみを試してみてのレビュー・感想・紹介記事です。

購入したのは、実の割れ・欠けの割合が高い”わけあり品”として割安販売されているアメリカ産の生くるみ。ショップサイトのレビューによる前評判でも結構良さげな雰囲気だったので試してみました。

くるみだけまとめて買うのは初めてでしたが、価格・品質・味など総合して満足度の高いもので良かったです。

大豆や押麦を定期的に購入している楽天市場の『食べもんぢから。』を利用しました。
これは旨かったなあ。定期購入のレギュラーに入りそうな予感です!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

商品概要

今回購入した「生くるみ」商品の大まかな特徴は以下。

  • 生のくるみ(無加工/無添加/殻無し)
  • アメリカ産
  • 半分や半分以下に割れている実が一定以上含まれる
  • 1kgの大袋入り

購入したショップ『食べもんぢから。』では、実の割れ方・欠け方による規格分けで大別して2種類の生くるみ商品が販売されている模様。

記事投稿時点では50円差しかないが、おそらく安いほうが割れている割合が多いのだと思われる(商品説明から)。両方購入してみたところ、その割合にどの程度の差があるのかは分からなかった(大差ない?)。

2021年5月に楽天市場のショップで購入時の価格は、高い方が税込「1,230円(送料込みの商品は1,580円)」、安いほうが「1,180円」だった。

名称木の実
原材料名クルミ(アメリカ)
内容量1kg
賞味期限製造から365日
加工社アサヒ食品工業株式会社

商品名に含まれる「LHP」は、実の色やサイズを示す規格らしい。LHPの場合、色がライト(L)、サイズがハーフ&ピース(HP)ということぽい?

この規格は各社や業界によって定義が違う場合もあると思うので参考程度に。

アイテムチェック

梱包

梱包
段ボール箱を開けたところ

定期的に購入している大豆や押麦とはタイミングが合わなかったので2kg(1kg×2袋)を購入。注文の翌日に宅配便で到着した。

梱包のダンボールは見慣れたショップのもの。箱を開けると注文書と商品が入っていた。

包装

包装の正面
包装の裏面

包装は透明なビニール袋。縦横30cm強と大きめで迫力がある。どっさり!

上方の両端に切り口が付いているが、密閉用のファスナーは付いてない。また、品質保持のための脱酸素剤が同封されている。

賞味期限
栄養成分表示

賞味期限は裏側に記載。

製造から365日が賞味期限となるが、うちに届いたのは残り期限約11ヶ月の比較的新しいものだった。

基本の保存方法は直射日光の当たらない冷暗所。
室温にもよるでしょうが、夏場は冷蔵庫(冷蔵室)が堅実らしいです。

2種類の商品でパッケージの表示位置に少し違いはありますが、基本的な仕様は似たものでした。
くるみは栄養豊富らしいですな。健康効果とかは期待していませんが。

実の色・サイズ

粒の大きさを500円玉と比較
お皿に盛ったくるみの実

実の色・サイズは上記画像のような感じ。

色はどちらかといえば薄い方。サイズは粒によって差があるけれど、概ね100円玉~500円玉くらい(約2.3~2.7cm)。

割れ・欠け具合

割れている実の割合
(安い方)割れている実の割合
袋の底の欠片と粉の残り具合
(安い方)袋の底に残った粒と粉

”訳あり品”ということで気になる実の割れ・欠け具合について。

「1,180円」の安い方でざっくり割合を確認してみた。条件は「残り800g程度になった大袋から、傾けて60gくらいをお皿に出し、粒の大きさ別に分ける」というもの。おおよその傾向が掴めればOK!なざっくり分類。

ポテチの袋みたいに底の方に小さい粒が集中しやすいことも加味すると、おそらく「割れ欠け無し」「少し割れ」「ハーフ(約1/2サイズ)」「ピース(ハーフ未満)」が、それぞれ大差ない割合かなといったところ。

”訳あり品”とはいえ、極端に小さな欠片ばかりだとさすがに切なくなりそうなものだが、そんなことはなかったので良かった。

意外と割れ欠けの程度が少なかったです。
安い方と高い方の差は正直良くわかりませんでした。機械選別で規格上の違いはあるんでしょうけど、そのままパクついて食べるぶんには気にならなかったです。

味・品質

お皿に盛ったくるみの実

味・品質ともに問題なく良いものだった。うまい!

2.0kg中1.4kgくらいを消化した時点では、傷んだ粒・酸化して変な臭いがする等の粒は無く、全体的に美味しかった。

自然のものなので粒ごとに大きさ・形・色は少しずつ違いがあり、味に関しても旨味や渋みにムラがあった。「こちらは旨味が強いな」と思えば「こちらは渋みが強いな」といった違いも食べていて楽しかった。

安い方と高い方の味の違いは無いように思えた。というか、同じくらい美味しくて正直分からなかった(商品としての規格が違うだけで素材は同じ?)。

くるみだけをガッツリ食べるのも良いもんですなあ。ミックスナッツにちょろっと入ってるのを食べるのとは違って食べごたえがあります。

食べ方

くるみは生のままでも食べられるが、そのままだと酵素抑制物質の働きで消化がいまいち良くないらしいので、基本的に「焙煎(ロースト)」と「浸水(ソーク)」で食べた。

焙煎(1食30g)
  • 電子レンジ500Wで40~60秒加熱
    • 粒が重ならない皿・容器を使用
    • ローストし足りない場合は再加熱
    • やりすぎると焦げる
  • 粗熱が取れるとカリッとした食感になる
  • 旨味と渋みと香ばしさが良い感じ
  • うまい!
浸水
  • ボウルなど適当な皿・容器にくるみと水道水を入れる
    • くるみがしっかり浸かるくらいの水量があれば大体OK
  • 2時間~8時間くらい待つ(2時間でも問題なかった)
    • 水が黄色・茶色っぽくなる(酵素抑制物質が取り除かれる)
    • 変色した水を捨て、くるみを流水で軽く洗う
    • くるみが全体的に白っぽくなる
    • コリッとした食感になり、渋みが弱くなる
    • おいしい!

加熱・浸水後は冷蔵庫で保存。酸化・カビなどに気をつけて2~3日以内に食べきる。
冷凍する場合の保存期間の目安は約1ヶ月。

浸水開始
浸水開始
浸水から2時間経過
約2時間後 水が茶色になる

生の状態のくるみは、クリーミーな旨味に、しっとりとした食感、そこに渋み・苦味と若干エグさが感じられる。

焙煎すると生ピーナッツと似たような感じで、カリッとした香ばしさや食感が楽しめる。生よりかは渋みやえぐい感じが弱くなる。

浸水した場合は、食感が焙煎した場合とも少し違う「コリッ」とした感じになる。渋みは驚くほどなくなり食べやすくなる。実の色が白っぽくなるのも面白い。

参考にしたサイトによって浸水時間には違いがあったけど、2時間でも8時間でも味に大きな差はなかった。

浸水で白っぽくなった実
浸水後のくるみは色が薄くなる

料理にも色々使えそうですけど、もっぱらレンジでチンするか浸水して、そのまま食べています。生はちょっと苦手でした。
焙煎と浸水で2種類の味・食感を楽しめる点も気に入っています。
くるみの摂取目安量は1日あたり20g~30gと言われていますが、計算してみると1日40gくらい食べてました。うますぎる!!

まとめ

4.0

味が良く、品質も良好、低価格と三拍子揃っていて”当たり”な買い物でした。

くるみって割高な印象がありましたが、ピーナッツやアーモンドとも大して変わらない価格だったので、ちょくちょく買うナッツ類の新しいローテーションメンバーになってくれそうです。

マイナス点はなんでしょう。袋に密閉用のファスナーが付いていると便利だったかなと思うくらいです。

素朴な味わいもあってなのか、毎日食べていても意外に飽きませんでした。日持ちもするため、くるみが好きなら1kgドサッと買っちゃうのも良いのではないでしょうか。

この手の食品は、買う時期・タイミングによって品質にバラつきがあるものなので、また買ったときに追記したいと思います。

くるみ商品リスト

楽天市場のショップだと「税込3,980円以上」のまとめ買いで送料無料。
少量買う場合は送料込みの値段設定になっている【宅配便送料無料】の商品が便利。他の商品を同梱することが可能。
【楽天市場】食べもんぢから。 【支払・配送方法】

少し安い訳あり規格品
ちょっぴり高い通常規格品
(通常送料より安い)送料込みの価格設定になっている通常規格品

『食べもんぢから。』で何度もリピート購入している乾燥大豆とのまとめ買いでも送料無料ラインに届かせやすいです。
レビュー記事を書いているので、よろしければ合わせてご覧ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
食品・飲料
この記事をシェアする
どんぱっぱをフォローする
スポンサーリンク
となはざな
コメントの通知/購読設定
受け取る通知
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
タイトルとURLをコピーしました