【艦これ】2019春イベントを終えての感想

艦これ2019春イベント【発動!友軍救援「第二次ハワイ作戦」】をプレイしての結果・感想などをまとめた記事です。

今回のイベントも何とか全海域「甲」難易度でのクリア&新艦娘のコンプリートに成功!(記事投稿時点ではあと少し期間が残っていますが)イベントに参加された提督の皆さんお疲れ様でした!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

イベント海域について

2019春イベント【発動!友軍救援「第二次ハワイ作戦」】の開催期間は、「2019年5月21日~6月25日」までの5週間。

全5海域(前段3、後段2)で出撃制限のお札は6種類。「中規模」イベントということだったが、各海域の作戦内容・開催期間からすると、事実上は「中~大規模」といった感じの内容になっていた。

19春イベの概要記事、イベント前の戦力記録はこちら。

【艦これ2019春イベント】『発動!友軍救援「第二次ハワイ作戦」』の概要
艦これ2019春イベント『発動!友軍救援「第二次ハワイ作戦」』の海域情報・新艦娘・その他の情報をまとめていく予定の概要記事です。
【艦これ2019春イベ】イベント開始直前の艦隊戦力&備蓄資材メモ
2019春イベント【発動!友軍救援「第二次ハワイ作戦」】開始直前の自艦隊戦力・備蓄資材などの記録記事です。前回の2019冬イベ終了から4ヶ月くらい経っての久しぶりの四季イベント(期間限定海域)ということで楽しみですな~。
以下は全て難易度「甲」でプレイしての感想。

E1「艦隊集結地哨戒!単冠湾泊地」

E1ボス「軽巡ツ級flagship」

E1は軽量な通常艦隊で哨戒・警戒・対潜などを行うマップとなっていた。第一海域ということで恒例の準備運動・肩慣らし的な難易度になっており「甲」でも簡単に突破できた。

基本性能がフラグシップ戦艦以上の新敵「軽巡ツ級flagship」がお目見え。ボス艦としては特に強くないけれど、後半海域は厄介な敵随伴艦として登場。今後のイベントでも手こずらされる予感!

海域攻略後の掘り周回では高確率で海防艦を掘ることができたので、なかなか美味しかった。

【艦これ2019春イベント】E1甲「艦隊集結地哨戒!単冠湾泊地」の攻略編成・装備
艦これ2019春イベントの第一作戦海域(E1)甲の海域情報・艦隊編成・装備構成などをまとめた攻略記事です。ボス旗艦は新敵「軽巡ツ級flagship」!軽巡クラスとは思えぬハイスペックに、ツ級系ならではの対空能力もありそうな厄介な敵が実装されました。
【艦これ2019春イベント】E1甲で「占守、国後、択捉、秋月」海防艦掘り周回!
艦これ2019春イベントE1甲での掘り周回の艦隊編成・装備構成などをまとめた攻略記事です。イベント海域のお楽しみの一つでもあるレア艦掘り周回を開始!E1では駆逐艦・海防艦を中心としたレアドロップがあり、「秋月、国後、占守、択捉」などの比較的高確率で狙えるようです!

E2「防備拡充!南西諸島防衛作戦」

E2ボス「空母棲姫」

E2は、通常艦隊で輸送&戦力ゲージを攻略するダブルゲージマップだった。E1の難しさから考えると大幅に難易度が上昇、戦力第二ゲージは苦しい戦いになった。

イベント期間の序盤、友軍艦隊が追加される前に攻略したのもあってか、E2としては破格の難しさで苦戦した。

特に道中空襲戦マスが最大の難所となっていたので、補強増設スロットの「対空機銃」と対空噴進弾幕を発動可能な「12cm30連装噴進砲改二」の有無などによって攻略難易度の差が大きく出そうな海域でもあった。

特効艦でもある「大和」を序盤のE2で投入して良いものかと戦略的にも悩ましく、補強増設スロットをサブ艦にも開けたい誘惑に駆られるジリジリとした戦いだった。

【艦これ2019春イベント】E2甲(輸送第一ゲージ)「防備拡充!南西諸島防衛作戦」の攻略編成・装備
2019春イベント第二海域E2甲(輸送第一ゲージ)の海域情報・艦隊編成・装備構成などをまとめた攻略記事です。南西方面の防備を固めるべくE-2では物資輸送と迎撃戦を展開!ということで、まずは1本目の輸送作戦で戦艦棲姫を攻略、あわよくば掘り新艦娘「石垣」も狙っていく!
【艦これ2019春イベント】E2甲(戦力第二ゲージ)「防備拡充!南西諸島防衛作戦」の攻略編成・装備
艦これ2019春イベントE2甲の戦力第二ゲージの海域情報・艦隊編成・装備構成などをまとめた攻略記事です。道中怒涛の空襲戦マスを潜り抜けて「空母棲姫」率いるボス艦隊の撃破を目指します!

E3「敵戦力牽制!第二次AL作戦」

E3ボス「北方棲妹」

E3は連合艦隊編成での戦力ダブルゲージマップ。本番の第二ゲージには新姫クラス「北方棲妹」が登場し、陸上型を主力とする敵連合艦隊との戦闘になった。

19春イベで多用された「水母/補給艦」によるルート制御が可能で、遠征要員の千歳・千代田にも出番が回ってきたり面白い海域だった。

掘り周回では輸送護衛部隊での低燃費周回などの方法もあったようで、第二ゲージボスのルートはシンプルだったけど結構奥が深かった。

レア駆逐艦のタシュケントを掘ることもできたがドロップ率はあまり高くなかったので2隻目を確保したところで3隻目は断念。

【艦これ2019春イベント】E3甲(第一ゲージ)「敵戦力牽制!第二次AL作戦」の攻略編成・装備
艦これ2019春イベント第三海域(E3甲:戦力第一ゲージ)の海域情報・艦隊編成・装備構成などをまとめた攻略記事です。1本目のゲージ攻略では、青オーラ付きの強化版「重巡棲姫」の撃破を目指して突撃します。イベント海域のお楽しみ、連合艦隊編成マップはやっぱり楽しいです(≧∇≦)/
【艦これ2019春イベント】E3甲(第二ゲージ)「敵戦力牽制!第二次AL作戦」の攻略編成・装備
艦これ2019春イベントの第三海域(E3甲第二ゲージ)の海域情報・艦隊編成・装備構成などをまとめた攻略記事です。2本目の戦力ゲージ攻略では、第五艦隊やソ連艦などを用いて新姫クラス「北方棲妹」率いる陸上型中心のボス連合艦隊の撃滅を目指します!
【艦これ2019春イベント】E3甲「タシュケント、ガングート」掘り周回用の編成・装備
艦これ2019春イベントE3甲第二ゲージボスマスでのゲージ破壊後「タシュケント、ガングート」掘り周回用の艦隊編成・装備構成などをまとめた攻略記事です。2隻目以降のタシュケントを掘るために周回開始!6月12日の友軍艦隊増援部隊でS勝利を掘りやすくなりチャンスが増えました!

E4「第二次ハワイ作戦」

E4ボス「中枢棲姫」

E4は連合艦隊編成による戦力ゲージ1本のマップ。出撃制限のお札が2種類あり、ギミックも含めると事実上ダブルゲージくらいのボリュームになっていた。

ボスはお久しぶりの「中枢棲姫」で、E3と同じく陸上型が主体のボス艦隊となっていた。対地要員の振り分けと対地装備の微妙な不足で手こずった。

大発戦車やカミ車の改修が甘かったのもあって、対地要員が中破/大破した際に「集積地棲姫」を一撃で撃破できないこともあったのは困りものだった。強化せねば!

友軍艦隊追加前に攻略した際は、「高速+編成でボス戦C敗北を繰り返す」or「高速編成で道中ボコボコにされながらボス戦でもコテンパンにされる」の二択による空母機動部隊でのゲージ削りギミックが兎に角つまらなくて辛かった。

「第二次ハワイ作戦」→「真珠湾攻撃&赤城改二」→「連合艦隊マップ」ということで、赤城さんを組み込んでの南雲機動部隊で大暴れ出来るのかなと期待していただけに残念。

せっかくイベント(お祭り)で連合艦隊を組んで出撃しているのに、空母機動部隊編成が敵の撃破を前提としない”噛ませ犬”的なゲージ削り役に割り当てられているのが純粋に楽しくなかった。

また、掘り新艦娘の目玉艦「フレッチャー」のドロップに関しても調整不足感が感じられて悪印象だった。

ゲージ破壊後というか全海域攻略後は、E5の様にE4でもお札付きの艦娘を出撃させられるなどのケアがあればもう少し掘り周回を楽しめたかも。

【艦これ2019春イベント】E4甲(ギミック解除1)「第二次ハワイ作戦」の攻略編成・装備
艦これ2019春イベントの第四海域(E4甲:ギミック解除1)「第二次ハワイ作戦」の海域情報・艦隊編成・装備構成などをまとめた攻略記事です。E4では2つの連合艦隊編成「空母機動部隊」と「水上打撃部隊」を使って攻略。まずは、前進出撃地点を追加するギミックを解除してボス本番攻略の下準備を進めます。
【艦これ2019春イベント】E4甲(ゲージ攻略)「第二次ハワイ作戦」の攻略編成・装備
艦これ2019春イベントの第四海域(E4甲:ゲージ攻略)「第二次ハワイ作戦」の海域情報・艦隊編成・装備構成などをまとめた攻略記事です。空母機動部隊での厳しいゲージ削りを終えてギミックを解除した後に、水上打撃部隊でのボス「中枢棲姫」の撃破を目指します!
【艦これ2019春イベント】E4甲「Fletcher(フレッチャー)」掘り周回用の編成・装備
艦これ2019春イベントE4甲でのゲージ破壊後「Fletcher(フレッチャー)」掘り周回用の艦隊編成・装備構成などをまとめた攻略記事です。6月6日に追加された「友軍艦隊」と連携してS勝利を重視した掘り周回に挑戦してみました!

E5「波濤の先にーー」

E5「太平洋深海棲姫」

最終海域のE5は、連合艦隊編成による戦力ダブルゲージマップ。本番の第二ゲージ攻略は運要素が非常に強くて難易度が高かった。

第二ゲージ攻略は難易度「甲」だと「空母機動部隊」での攻略がかなり不利な作りになっていて、事実上「水上打撃部隊」一択だったのが少し勿体無い気もしたけど、ボス戦はスリリングで結構楽しめた。

ただ、友軍艦隊を2週間弱くらい待っての本攻略となったので、中だるみ感が強く、ゲージ破壊に成功した際の達成感や爽快感は希薄だった。

友軍艦隊が来ることをイベント期間の最序盤に運営さんから宣言されてしまったので、自艦隊の地力での攻略を目指して”達成感・爽快感”を優先するか、友軍艦隊を利用して資材ダメージを最小限に抑えながら”利口”に攻略するか、という二択を迫られたような感じでモヤモヤ感も強かった。

海域攻略後のレア掘りに関しても、レア艦の「アイオワ、サラトガ、イントレピッド」に2隻目まで(?)の制限が掛かっていたようなので自分は全然掘れなかった(;´д`)トホホ…

【艦これ2019春イベント】E5甲(第一ゲージ)「波濤の先にーー」の攻略編成・装備
艦これ2019春イベントの最終海域となる第五海域(E5甲:第一ゲージ)の海域情報・艦隊編成・装備構成などをまとめた攻略記事です。ボス旗艦「深海海月姫」の撃破を目指して連合艦隊で出撃、最終決戦E5第二ゲージ攻略の下準備を進めます!
【艦これ2019春イベント】E5甲(ギミック解除)「波濤の先にーー」の攻略編成・装備
艦これ2019春イベント第五海域(E5甲ギミック)の海域情報・艦隊編成・装備構成などをまとめた攻略記事です。お決まりの基地&空襲戦マスでの制空(航空優勢)と、第二ゲージボス前の難関ポイントとなっているV/Xマスを攻略してショートカットルートを開通させます。
【艦これ2019春イベント】E5甲(第二ゲージ)「波濤の先にーー」の攻略編成・装備
艦これ2019春イベント第五海域(E5甲第二ゲージ)の海域情報・艦隊編成・装備構成などをまとめた攻略記事です。水上打撃部隊編成で最終ボス「太平洋深海棲姫」を撃破して、イベント海域作戦の完遂を目指します!
【艦これ2019春イベント】E5甲Cマス対潜戦レベリング周回用の編成・装備
艦これ2019春イベントE5甲でのCマス対潜戦を利用した低燃費レベリング周回用の艦隊編成・装備構成・周回方法などをまとめた攻略記事です。ゲージ破壊後は他海域のお札が付いている艦娘も出撃可能となるので、弾薬消費の重い艦娘や新艦娘・駆逐艦・牧場艦などの初期育成や経験値稼ぎに活用できそうでした。

ギミックについて

E4ギミック「水母水姫」

今回のイベントでも難易度「甲」では、海域攻略に事実上必須の作業として「ギミック」が存在していて、やはり楽しくも面白くもなかった。

前段作戦のE1・E2・E3では控えめだったけれど、後段作戦のE4・E5ではかさ増し感の強い手間の掛かるギミックが多かった。

必須作業としてのギミックは、追加の資材消費やゲージ本攻略以外の予備戦力が必要となったりするので、それ自体がプレイヤーを篩いに掛ける要素をもっていて難易度調整に関わっているのは分かるのだけど、薄いカルピスを飲んでいるようで実に味気なくつまらない。

プレイヤーとしては「ギミック(=仕掛け)」は、やっぱりゲームを楽しくする「選択肢」になっていて欲しいと思う。

海域攻略の大勢には影響しないが多少攻略しやすくなるような「装甲破砕ギミック」などを設けて、プレイヤー(提督)の采配を問う方が艦隊運営シミュレーションゲームとしては面白いはず。

攻略に必須ではないが中ボス的なそこそこ強い敵艦隊に追加の戦力・資材・プレイ時間を投入して勝利するとボスの装甲がちょっと下がる「装甲破砕ギミック」とかなら、ギミックを解除する・しないが「選択肢」になったりする。

既に単純な海域数やゲージ数では「作戦規模」を測れなくなっているので、ギミックで水増しするくらいならシンプルなマップを1つ・2つ増やしてくれる方が楽しめる気もします。

友軍艦隊について

友軍艦隊パネル

  • イベント期間
    • 2019年5月21日~6月25日
    • 後段作戦開放:5月25日
  • 友軍艦隊の実装・追加日
    • E2:5月31日(強い)
    • E3:6月6日に第二ゲージに先遣隊(弱い)
      • 6月12日に第一ゲージに追加、第二ゲージに増援(強い)
    • E4:6月6日に先遣隊(まあまあ強い)
      • 6月12日に増援(強い)
    • E5:6月12日に友軍追加(強い)

2019春イベントでは、イベント開始から3日後の5月24日~25日に掛けて行われた後段作戦開放のためのオンメンテ中に公式ツイートで「イベント期間中盤以降に友軍艦隊が出撃」との告知が行われた。

また、新仕様として母港トップ画面の「支援要請パネル」で友軍艦隊(NPC)の各種制御が行えるようになった。

E5の強力友軍

6月6日にE3に来援するようになった先遣友軍艦隊を除くと、その他の友軍艦隊は強力で、海域攻略や掘り周回でのS勝利も随分楽になり、本隊編成も強友軍を呼びやすくするために変更する必要が出てくるという感じの「友軍ゲー」だった。

この友軍艦隊を「救済措置」とすると聞こえは良いかもしれないが、実のところプレイヤーに予め提示された「甲・乙・丙・丁」四段階の難易度選択でゲームバランス(海域難易度・報酬)が上手く調整できていないことの裏返しでもあるので、もうちょっと無理のない調整ができなかったのかなと思うところ。

イベント期間の中盤以降から海域攻略の難易度が友軍艦隊によって下げられる予定であることを最序盤に告知されてしまうと、イベント海域の攻略における最大の戦略要素が運営さんとの心理戦・駆け引きになってしまうので、さすがにこれは止めて欲しい!

しかも、「イベント期間、友軍艦隊の投入日、友軍艦隊の強さ」について具体的に告知されるタイミングが遅く、それまでは曖昧な表現が多く使われるため、毎回戦略の練り直しを迫られるようでアンフェア感も強かった。

難易度選択

プレイヤー視点からちょっと引いて想像してみると、「艦隊これくしょん -艦これ-」は2013年のサービス開始から6年が経過しているので、息の長いネトゲにありがちなゲームバランスの維持・調整が難しくなってきているのかなと思ったり。

サービス期間が長くなるとプレイヤー間の差が大きくなり、多様性も広がるので、イベント完走や快適プレイのために導入されている難易度選択システムだけでは、対応が難しくなってきている雰囲気も感じられる。

古参・中堅提督たちがこれまで育成・獲得してきた艦隊戦力・報酬装備などに対する強み・優位性を維持しつつ、新任・復帰提督にもしっかりチャンスがあるようにするというのは、なかなか難しいのかもしれない。

基本的な艦隊戦力は整っているのだけど、過去イベントでのみ入手機会のあった”キー”となるようなレア艦娘・装備をもっていないために高難易度に挑み辛くなっている提督さんにとっては、今回のような強力な友軍艦隊は「初めて/久しぶり」の甲クリアを強く後押ししてくれる効果もありそうだから、一概に悪いものとは言えないのかもなあ。

イベ完走率・報酬装備の獲得率など色々ありそうですけど、何だか運営さんも「甲勲章の呪い(甲勲章を取る・維持することに必至になりすぎてイベントを楽しめなくなる ※運営視点だと取らせる)」にかかっているような気がしたりもします。

新艦娘・新装備について

新艦娘・新装備については別記事に書きました。

【艦これ2019春イベント】新実装された艦娘・装備の性能・運用について
艦これ2019春イベントで実装・追加された新艦娘・新装備の性能・運用などについてまとめた記事です。多数実装された烈風シリーズ、赤城改二、コロラドタッチなど色々と実装されたことで、通常海域・次期イベント海域では新たな戦術なども使えそうで楽しみです!

資源・資材消費

 攻略全体での資材消費

  • 消費資源:燃料17万+、弾薬15万+、鋼材12万+、ボーキサイト10万+
  • 資材・アイテム:バケツ700+、間宮9、伊良湖30、応急修理女神2、高速建造剤300+

E5の友軍待ちで10日以上待っていた間の回復分を差し引いて、全海域の甲攻略&新艦娘コンプリートに要した資源・資材はざっくり以上のようになった。

イベント期間の中盤以降から上手いこと先行組の情報&友軍艦隊を活用すれば、4資源各10万以下、バケツも500以下で攻略することも可能そうだった。

運営さんが言うところの「中規模」でこのくらいの消費だと、次の「大規模」ではどのくらいの消費になるのか(゚A゚;)ゴクリ

攻略突破率と最多選択難易度

  • 各海域の攻略突破率
    • E1:約90%
    • E2:約90%
    • E3:約95%
    • E4:95%以上
    • E5:95%以上

各作戦海域における出撃に対する攻略突破率(該当海域に一度でも出撃した提督が海域攻略に成功した確率)は上記のようになったとのこと。

イベント海域を完走できた提督の割合は「約70%」。難易度が急上昇したE2の攻略突破率が低くなっているのが印象的。

  • 最多選択難易度
    • E1:甲が圧倒的
    • E2:甲が圧倒的
    • E3:甲が最多
    • E4:丙>甲
      • 甲・丙が伯仲し、最終的に丙が最多
    • E5:丙>甲>乙=丁
      • 乙・丁は各約一割ずつ

各海域別の最多選択難易度は上記のようになった模様。海域突破報酬の「烈風系」装備による影響が大きいと思われる。

比較的攻略難易度の低い前段作戦では「甲」が多く選ばれ、後段作戦では海域難易度と突破報酬を天秤に掛けて「甲」or「丙」を選ぶ提督さんが多かったようですな。

プレイヤー層は「甲」or「丙」みたいに二極化していて、数としてはカジュアルな「丙」の方が多くなっているようです。

まとめ

  • 艦隊編成・装備構成など戦術的面白さは健在
  • 「潜水新棲姫」が基本出てこない
  • 艦これ運営さんとの心理戦
  • 後出しの友軍艦隊
  • 必須作業のつまらないギミック
  • 南雲機動部隊が活躍しない

賛否両論色々あった2016春イベントでさえも自分は結構好きで楽しめたのに、今回の2019春イベントは意外なほどに不満を多く感じてちょっと不思議でした。

ともあれ、目標としていた全海域の甲攻略&新艦娘のコンプリートには何とか成功して嬉しいところです!

しかし、今回のイベントに対する率直な評価は「50/100点」くらいで残念な印象が強いです。

後出しの友軍艦隊でイベント期間の序盤・中盤あたりから海域難易度が歪められるというのが、どうしてもしっくりこなくてスッキリしませんでした。

シンプルに最初から友軍艦隊が全ての海域に実装されていて、イベント期間の最終盤にちょっと増強されるみたいなバランスだったら普通に良いイベントになったんじゃないかと思います。

結局のところ、海域攻略も掘り周回も友軍艦隊ありきで作ってる感じだったので、後出しせずに最初から実装しててくれれば良かったのに(ノ∀`)アチャー

E4ボス前哨戦でのゲージ削り

これまでの艦これプレイ経験の中でも抜群につまらなかったE4での友軍艦隊なしの空母機動ゲージ削り。正に苦行だった!

次のイベントでも今回と同じ様な形で友軍艦隊が後付の難易度調整に使われる可能性は高いと思うので、利口な攻略法は「友軍待ち」なのかもしれません。

と考えていると、運営さんが裏をかいて友軍実装前の攻略に何かしらのインセンティブを付与したり、友軍艦隊が予想以上に弱かったり、残り期間僅かな最終盤で投入されたりなど、厳しい調整も考えられるので…、やっぱり運営さんとの駆け引き・心理戦ですな!

艦これの(期間限定海域)四季イベントは、艦隊(艦娘・装備)を育成・強化していくうえでの「目標・指針」となるものなので、次こそはもうちょい全体的にバランスの取れた難易度調整に期待したいところです!

ということで、艦これ2019春イベント【発動!友軍救援「第二次ハワイ作戦」】お疲れ様でした!

コメント

  1. 匿名 より:

    とてもつらい
    ただひたすら とてもつらい
    ギミックも何かしら史実に絡めた要素があれば燃えるのにただのストレス要因・作業に成り下がっているのがもったいない

  2. ホワイト より:

    E4機動削りはきつかったですね…水上に切り替わって出撃2回で終わったのも含めてあれ何だったの感が強かったです(友軍後にゲージ破壊)
    その後のフレッチャー掘りはわりとバランス取れてるというか友軍絡めて色んな編成が見れたのは良かったんですが、こっちはこっちでS5%A1%のドロップ率が印象をめちゃくちゃ下げてて残念でしたし

    • donpappa donpappa より:

      イベントお疲れ様でした!

      E4はゲージと一緒に心も削られる戦いでしたな~。
      確かに友軍追加後のバランスはそう悪くない感じでしたが、フレッチャーのドロップ率にはもう少し配慮が欲しかった気もしますね。

  3. kamimasa より:

    今回のイベントは最近始めたリア友(1月着任)の人と一緒にやりましたが
    友人は丙で前段クリアで後段は装備も足りないということで断念しました。

    自分は全甲でクリアできましたが装備が無い新人提督には結構厳しい内容になっていたと思います。
    クリアできないことはないと思いますが対地装備が陸攻が厳しく友軍頼みでしたね。

    E1はいつも通りということで割愛します。
    E2はマスが近すぎて押し間違いがあったみたい(自分は一度もなかったw)ですが空襲マスが多めという新しい試みなマップで少し新鮮でした。墳進砲のありなしでかなり難易度が変わったと思います。
    E3は熟練提督ならさほどしんどくはない程度の難易度だと思います。
    後段のE4はやはり削りギミックの一言に尽きるのではないでしょうかw
    7割はさすがに長すぎるので3回倒すor5割削るあたりがよかったんじゃないかなぁと思っています。
    E5は友軍のありなしでかなり変わってきますが最初、赤城さんを入れていましたが友軍に入っていたので抜く人が大多数でせっかく特攻艦なのになんかもったいない感じはしました。
    道中もボス手前でエリレ2隻ということでほぼ運頼み。

    総評としては、報酬がすごく良かったので今後基地航空の防空ガチャはなくなりそうだなーというのと今回、史実艦何隻というのがなくなって電探何個とかになりそうで選ぶ幅は広がるけどなんだかなぁという感じでした。

    長々とすいませんでした。あと、二隻目のタシュケントが出ませんでした!

    • donpappa donpappa より:

      イベントお疲れ様でした!

      新任提督さんには基地航空隊や対地用の装備が大きなハードルになることもあるようですね。
      特効艦については、道中・ボス戦で中破・大破する可能性のある本隊特効艦より、小破以下で夜戦に来てくれる友軍の方が頼りになるっていうのもありましたな~。
      2隻目のタシュケントは次の機会にゲットできるといいですね、メンテ日の早朝掘りでラストチャンスも!?

  4. リンガの民 より:

    となはざなさんの攻略毎回参考にさせていただいております、ありがとうございます。

    友軍のオンオフ機能実装されたことですし、次回は最初からフルの友軍が来てくれると良いですね。
    報酬に関してはほぼ満点なんですが他のところで大幅な減点のあるイベントだなあと思いました。
    ですが新規加入した仲間たちも含めて次回のイベントへ向けてまた元気に艦これやっていきたいですね。
    19春イベお疲れ様でした!

    • donpappa donpappa より:

      イベントお疲れ様でした!

      個人的に今回のイベントは友軍艦隊を軸としたバランス調整にモヤッとするところが多かったのですが、それぞれのプレイスタイルによるところもあるでしょうね。
      新戦力「コロラド、ガリバルディ、フレッチャー、赤城改二」&新「烈風系」の装備などを活用した新しい戦術を通常海域・任務や次のイベント攻略で運用するのが楽しみです!

  5. 匿名 より:

    イベントお疲れ様でした!
    今回もこちらにお世話になってE5まで何とか丙まで下げつつも攻略を完遂できました…!

    今回イベもE2の機銃増設の重要性だったりE3編成だったりと面白い部分もかなり多かったのですが、友軍前提の難易度なのがなんとも苦い感じでしたね…
    私は友軍が来るまでE2甲を全くクリアできず(噴進砲改二は3つ)、友軍が着てからは一瞬でクリア出来てしまったのでこれまでの考察と試行錯誤がパーになったのが嬉し悲しでした。
    E4はあまりにも辛い削りに耐えかねて難易度を下げました…

    自分の中で感じた今回の不満は
    ★友軍ゲー前提の難易度(友軍無しだと歴代イベでトップクラスの運ゲー+超難易度)
    ・友軍の来援日を待たなくてはならず、友軍が強力過ぎるためそれまでの攻略で得た考察を大きく変更しなくてはならない
    ・if作戦故?の史実艦ではなく電探艦種によるルート制御、辛い必須ギミックによる爽快感の欠如
    ・自分の第二艦隊より友軍の方が明らかに活躍している
    ・ゲーム外での友軍「待ち」が必勝法な中だるみ
    ・赤城さんに活躍して欲しかった

    良かった点は
    ・E2の機銃の重要性、E3の編成の多様性を理解してこそボスに辿り付けるといった攻略法
    ・烈風祭りに合わせた烈風報酬祭りのライブ感
    ・特殊攻撃と艦隊そのものの堅牢さとのトレードオフ
    ・ながむつタッチを初めて必須とする機会に恵まれた。初見だったのもあってか顔がにやけるほど格好が良かった
    ・初めて酒匂をお迎えしました。ヤッター!
    ・ガリバルディが予想以上にかわいい

    私の方ではこんな感じでした…。
    基地ゲーは結構楽しかったのですが、友軍待ちゲーは辛いですね。
    あと、ながむつタッチが出ると毎回テンションがギューン!と上がるだけに、やっぱり強い子は友軍じゃなくて自軍に編成して活躍させてあげたいなと。
    良い部分もそこそこ見られた季節イベだけに、友軍関連と辛いギミックの見直しを次回イベでは期待したいですね。
    末筆にはなりますが、今回もめっちゃお世話になりました。ありがとうございますー!

    • donpappa donpappa より:

      イベントお疲れ様でした&完走おめでとうございます!

      自分も友軍艦隊や運要素の強さに関して色々と不満を感じましたが、イベント海域ならではの楽しさ・面白さもありましたね。
      平時は使えない連合艦隊編成でのタッチもイベント海域の醍醐味で楽しかったです。不発するとがっかり感が強いですけど、発動するとテンションが上がりますね!

      次のイベントでは提督の采配が活きやすく、後出しのないフェアなゲームバランスに期待したいです。お疲れ様でした!