【ロジクール】ワイヤレスレシーバーのファームウェアを更新する方法

ロジクール(Logicool)のワイヤレスレシーバーや一部キーボードのファームウェアを更新する方法をまとめた紹介&備忘録記事です。

デバイスのバグ修正や機能更新と同時に、無線マウスが乗っ取られる脆弱性「MouseJack」対策などのセキュリティ強化にもなります。

ファームウェアの更新をしていないLogicoolユーザーさんはいませんか?
私は1年半以上も確認を怠っていて久しぶりにUnifyingレシーバーのファームウェアを更新しました(ノ∀`)アチャー

スポンサーリンク
スポンサーリンク

公式ツールのダウンロード

ロジクールのワイヤレスレシーバー(&一部キーボード)のファームウェア更新は、公式のアップデートツールを使うことで確認・実行できるようになっている。

ということで、まずはロジクール公式のサポートサイトから「Firemware Update Tool」をダウンロード!

Windows/macOSに対応しています。
Windows版のversion1.2.169でのファイルサイズは約14MBでした。
logicoolのunifyingレシーバー2つ
Unifyingレシーバーなど「USBドングル」のファームウェアを最新版に更新できます。

Unifying Softwareのダウンロード

Unifyingレシーバーを使用している場合は、ユーティリティソフト「Unifying Software」もダウンロード・インストールしておくと便利。

マウス/キーボードのペアリング設定やファームウェアバージョンの確認などを行えます。

詳しい使い方については下記の関連記事をどうぞ。

アップデートツールの使い方

Windows版での解説になります。
一般的にファームウェアの更新は失敗するとデバイスが正常に動作しなくなるなどのリスクがあります。
更新作業中は「パソコンの電源・動作が停止しないようにする」「PCへの負荷が大きい作業を一時停止する」などの対策を取っておきましょう。

ツールの実行

初期画面

初期画面

デバイスの検索

デバイスの検出で数秒待ちます

「Firmware Update Tool」は、実行ファイル形式になっていてインストールの必要はない。

事前に必要な準備は、更新対象のデバイスをPCに接続しておくだけ。注意点は、接続しておくデバイスは「1つだけ」にすること(※同時に2つのデバイスのアップデートは行えないようです)。

ツールを実行すると簡単な説明が表示されるので「CONTINUE」ボタンをクリック。すると、自動でデバイスの検出が行われるので数秒~待機。

更新できない/不要な場合

アップグレード済み

すでに最新版の場合

接続数制限の表示

デバイスを2つ以上接続している場合

接続しているデバイスがすでに最新の場合は、その旨が表示されるのでそのまま「CLOSE」で終了。

前述したようにデバイスが2つ以上接続されている状態だと「1つだけにしてね」が表示されるので、1つだけにしてコンテニューする。

更新の実行と完了

アップデートの確認表示

アップデートの確認

アップデート成功の表示

更新成功

更新可能なデバイスが検出されるとその旨が表示されるので「UPDATE」を選択。

更新が完了すると「SUCCESSFULLY」が表示されるので「CLOSE」ボタンをクリックすればアプデ作業完了!

更新にかかる時間は数秒~数十秒程度でした。
サクッと短時間で終わります。

Unifying Softwareで確認

アップデートするのがUnifyingレシーバーの場合は、「Unifying Software」でバージョンアップを確認できます。

詳細設定にアクセス

「Unifying Software」を起動して最初の画面から詳細設定にアクセス。

バージョンアップの確認

詳細表示画面の「Unifying受信機」の右枠に表示されるファームウェアバージョンでアップデートを確認できる。

ファームウェアのバージョン表示は、同時期に更新してもUnifyingレシーバーのモデルによって少し違いがあるようだった。

【2020年7月時点】
「M235r」に付属(ちょい古い)「012.010.00032」
「M590」に付属(やや新しい)「012.011.00032」

まとめ

ファームウェアの更新は数分で簡単にできるので、ロジクールのワイヤレスマウスやキーボードを使っているユーザーさんはとりあえずチェックしてみるといいんじゃないでしょうか。

また、ロジクール公式のサポートサイトには、当記事に掲載したツール以外にも設定ソフトが用意されています。ソフトウェア的なトラブル・不具合がある場合は利用できるかもしれません。

マウス/キーボードのドライバ的な機能を提供してくれる設定ソフト「Logicool Options」や、非Unifyingのワイヤレスレシーバー間の接続を復元する「Logitech Connection Utility Software」などもあるようです。

今回ファームウェアをアプデしたUnifyingレシーバーが付属していたロジクールマウス「M590」と「M235r」のレビュー記事も良ければ見ていってください!

【レビュー】Logicool M590 | 無線・静音・多ボタン・マルチデバイス・USB/Bluetooth接続の中価格マウス
Logicool(ロジクール)の多機能な静音ワイヤレスマウス「M590」の使用感想・レビュー・紹介記事です。 「静音・多ボタン・マルチデバイス・USB/Bluetooth接続」などの機能に加えて、2台のデバイス(パソコン/タブレット/スマホ)を1台のマウスで切替ながら操作することもできて、お気に入りのメインマウスになりました!
1000円前後のワイヤレスマウス「ロジクール M235r」を使った感想
ロジクールのワイヤレスマウス「M235r」を使ってみての感想&レビューです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ソフト・アプリ
この記事をシェアする
どんぱっぱをフォローする
スポンサーリンク
となはざな
コメントの通知/購読設定
受け取る通知
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
タイトルとURLをコピーしました