【レビュー】Logicool M590 | 無線・静音・多ボタン・マルチデバイス・USB/Bluetooth接続の中価格マウス

4.5

ロジクールM590

4.5

Logicool(ロジクール)の多機能な静音ワイヤレスマウス「M590」の使用感想・レビュー・紹介記事です。

「無線・静音・多ボタン・マルチデバイス・USB/Bluetooth接続」などの機能に加えて、2台のデバイス(パソコン/タブレット/スマホ)を切替ながら操作することもできて、お気に入りのメインマウスになりました!

【最終更新:2020年5月】
1年半以上使用してみての経過報告を「使用感」の章に追記しました(目次から飛べます)。大きな故障・不具合はなく健在ですが、消耗が目立つ箇所も出てきました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

基本情報

Logicool(ロジクール)「M590」は、主に以下のような特徴を持つマウス。

  • ワイヤレス
  • 静音クリック
  • 7ボタン(チルト含む)
  • マルチデバイス機能
  • USBレシーバー&Bluetoothの両接続対応
  • 概ね3000円台

目玉機能は、2台のデバイスに同時/切替接続できる「マルチデバイス機能」。PC/タブレット/スマホなど、2台のデバイスへの接続をボタン一つで簡単に切り替えながら使うことができる。

また、Logicoolの専用ソフト「Logicool Options」を使えば、マウスカーソルを画面端に移動することで2台のデバイスのディスプレイ間をシームレスに移動して切り替え、ファイルのコピー/貼り付けなどもできる「Logicool FLOW」機能も使える(※デバイス同士のLAN接続が必要)。

主な仕様

製品名M590 MULTI-DEVICE SILENT Mouse(サイレント マウス)
型番M590GT、M590MG、M590RU(※末尾は本体カラーの略称)
品番4943765046165(GT) / 4943765046172(MG) / 4943765046189(RU)
発売日2017年6月22日
本体サイズ高さ103mm×幅64mm×奥行き40mm
本体重量(電池含む)101g
対応システムBluetooth:Windows8/10以降、MacOS X 10.10以降、Chrome OS、Android 5.0以降
Unifyingレシーバー:Windows8/10以降、MacOS X 10.10以降、Chrome OS
カラー(全3色)GT:グラファイト トーナル(黒っぽい) / (MG)ミッドグレイ トーナル(灰色っぽい) / RU:ルビー(赤っぽい)
センサー方式アドバンス オプティカル トラッキング
解像度dpi1,000
総ボタン数 7(チルト機能込み)
スクロールホイール
使用電池(電源)単三形乾電池×1本(本体装着済みで付属)
電池寿命最大24ヶ月(※使用環境により異なる)
操作距離約10m(※使用環境により異なる)
無線方式アドバンス2.4GHzテクノロジー(Unifying対応)、Bluetooth
保証2年間無償保証
パッケージ内容本体、単三電池×1、USBレシーバー(Unifying)、クイックスタートガイド、保証書、保証規定
メーカーサイトLogicool M590 Silent Wireless Mouse
ネット通販での価格は概ね「3000円~4000円」となっているようです。
2018年9月に購入した際に1番安かった「ビックカメラ.com」での「M590GT」の価格は「2,829円(送料/税込)」でした。

値動きがあるので「Amazon、ヨドバシカメラ、ビックカメラ」あたりで最安価格をチェックするのがおすすめです。
上記リンクのショップサイト名ボタンから、各サイトのM590を検索できます。

以前記事にしたELECOM(エレコム)「M-BL21DBS」を使用していたが、使い始めて8ヶ月目あたりからマウスホイールのチャタリングが発生してしまい、保証も切れていたので買い替えた。

「M-BL21DBS」も低価格でなかなか良い感じのマウスだったのでリピートとしても良かったのですが、マルチデバイス機能が面白そうだったので久しぶりにロジクールのマウスに手を出してみました。

梱包・外装チェック

梱包オープン

ダンボールを開けたところ

ビックカメラの通販で2018年9月に購入。カラーは「GT:グラファイト トーナル(黒っぽい)」。

(別用途で使う電池も一緒に買ったけど)M590のパッケージが割りと大きめなので、ダンボールのサイズもそれなりに。

M590のパッケージ

M590のパッケージ

M590のパッケージは、吊り下げ式の商品陳列ケースに使われる上に穴の空いたよくあるタイプ。

セット内容

M590のセット内容

(写真を撮り忘れていたので後付写真になるが)セット内容は「本体、単三電池×1(装着済み)、UnifyingUSBレシーバー(本体に格納済み)、保証書(パッケージ貼り付け)、保証規定書、クイックスタートガイド(簡易的な型紙のマニュアル)」の6点。

購入時はマウス本体の電池ユニットに絶縁紙が挟み込まれています。

保証書について

M590の保証書

保証書はパッケージのプラスチックに貼り付けてあるシールタイプなので、間違って捨てないように注意したい。

この保証書シールが上手く剥がせそうになかったので、パッケージのプラスチックごとハサミで切り取って保管しました。保証が2年と長いので無くさないようにしたいですね。

本体チェック

本体左側

M590の左側

M590の本体サイズは「高さ103mm×幅64mm×奥行き40mm」、電池込みの重さは「約101g」。

本体左側にはサイドボタン×2が配置されていて、右手親指が当たる部分は少し凹んで湾曲した曲線的作りになっている。

左サイドのデザイン&ボタン位置の関係で、左手ではかなり使いにくいと思うので、右手用マウスといった趣きです。

本体右側

M590の右側

本体の右側面は握りの凹みがない流線型になっている。本体の側面周りは、左右ボタンの上面カバーとは少し違ってサラサラした触感。

ホイールの下にある丸いボタンが「デバイス切替/ペアリング設定」ボタンになっていて、デバイスの切替時は「1」「2」と表示された部分のランプが点滅/点灯する。

本体裏側

M590の裏側

本体の裏面/底面には、センサー、本体のON/OFF電源スイッチと、電池を出し入れするためのカバーがある。

電池カバーはスライド式で押し引きするだけで簡単に着脱可能。電池収納部のすぐ隣にはUSBレシーバーを格納することもできる。

Unifyingレシーバー

レシーバー

付属のUSBドングル「Unifyingレシーバー」は、「高さ14.9mm × 幅14.3mm × 奥行き6.5mm」、重量は1.63g。パソコンに接続する際の出っ張りは約1cm。

ペアリング&各種設定

ペアリングの方法

USBレシーバー(Unifyingレシーバー)とBluetoothのどちらでも接続できるので組み合わせは3パターン。

  • USBレシーバー×2台
  • Bluetooth×2台
  • USBレシーバー×1台/Bluetooth×1台

USBレシーバーのペアリング設定

USBレシーバー(Unifyingレシーバー)のペアリング設定は、購入時に付属しているレシーバーに関してはペアリング済みなのでそのまま使用可能。

もう一つ別のUnifyingレシーバーを使って接続する際は、専用ユーティリティー「Logicool Uniyfing Sowftware」で設定が可能。

Bluetoothのペアリング設定

Bluetoothのペアリング設定は、デバイス側のBluetoothをオンにして、M590の切替ボタンを「3秒長押し」するだけ。

切替ボタンは、短く押すことで接続デバイスを設定した「1」と「2」が切り替わる仕組みなので、どちらか好きな方に割り当てればOK。

ボタン割当と「Logicool Flow」

各ボタンの機能割当と、2台のパソコン間のディスプレイをマウスが自在に行き来できるようになる「Logicool Flow」の設定は、専用のユーティリティー「Logicool Options」で可能。

「Logicool Options」では、各種ボタンのカスタマイズ設定や「Logicool Flow」のセッティングが可能。

ソフトは常駐するタイプだが、メモリ消費やCPUへの負荷も大したことないようで、特に重くなったりはしなかった。

メインPCでWindowsを使っていますが、サブPCでは「Linux(Ubuntu、Puppylinuxなど)を使用しているため、LogicoolFlowは未使用。
ちなみに、Unifyingレシーバーでの接続だと「Lubuntu 18.10」や「Pupply linux(Tahrpup 6.0.5)」でも問題なく認識・使用できました。

使用感

約2ヶ月半使ってみてのざっくりとした使用感は以下のようになった。

ボタン関係

  • 左右ボタン
    • 静音(「ヘコヘコ」「ペコペコ」のような静かな音)で、ボタンの打感はやや浅い感じ(軽く押すことで反応)。
  • 中央ボタン(ホイール)
    • ホイールクリックは静音。ホイールの回転はかなり軽くて、低速だと静音だが素早く回すと少しカラカラ/クリクリ音有り。
  • 中央ボタン(チルト)
    • 左右スクロールができるチルトボタンは静音ではなく、「カチカチ、コチコチ」という感じの音がする。
  • 切替ボタン
    • こちらも静音ではなくカチカチ音有り。
  • サイドボタン
    • これらも静音ではなくカチカチする。左側面に凹みがあるので誤って押すことはなかった。
静音なのは左右ボタンとホイールクリックの3箇所で、それ以外は普通にカチカチ音がします。
使用頻度の高い左右クリックとホイールはしっかり静音で良い感じです。
マウスホイールの回転が本当に軽くて、ちょっと指が触れただけで誤スクロールしたりするので慣れが必要かもしれません。

操作感

  • 握り心地
    • サイズ的にやや小さめのマウスとなるが、両サイドのフィット感が良好で握りやすい。
  • 滑り具合
    • マウスパッドを使うと丁度良い感じだが、つるつるの机とかだとやや滑りやすい印象。
  • トラッキング(反応)
    • USBレシーバー&Blutooth接続共に反応良好で、特に違和感などなくキビキビ反応。
  • デバイス切替
    • USB同士での切替だとほぼタイムラグなしで快適だが、Bluetoothへの切替時は若干(0.5秒くらい)遅れることもあった(デバイス側のスペックも関係あるかも?)
  • 自動スリープ復帰
    • スリープ復帰直後1~2秒はカーソルの反応がやや鈍い事があるが、毎回ではないためデバイス側や設定ソフトの関係?
マウスホイールが軽すぎる事を除くと、全体的に快適な操作感/使用感なロジクールクォリティで満足でした(≧∇≦)/

追記:1年半以上使ってみて

「2018年9月~2020年5月」の1年8ヶ月くらい、ほぼ毎日使ってみての経過報告です。

記事を更新している2020年5月時点では、基本的な機能・ボタンに大きな故障・不具合は発生していない。

マウスを使っているとよくある「各種ボタンの不具合・反応低下」や「チャタリング(1回で2回以上押したことになる)」も起きていない。マウスホイールが逆方向に反応したり・反応が鈍くなったりなんていうのもありがちだけど、今のところ問題なし。

1年半以上ほぼ毎日使ってきた事から考えると、基本の作りはしっかりしていると言えそう。しかし、これといった不具合はないものの、経年劣化による損耗は各所に出てきた。

ボタンのマット加工が剥げる

M590の正面

左ボタン(向かって右側)がテカってきた(撮影技術的にわかりにくい(ノ∀`)アチャー)

最も使用機会の多い「左ボタン(左クリック)」のマット加工(つや消しサラサラのやつ)が摩耗して剥がれ、”テカリ”が出てきた。

実用上は特に問題ないのだけど、指の位置を変える際のサラサラな肌触り(指ざわり)がなくなって少し気になる。

底面のソール損耗で滑りが悪くなる

M590の裏面のソール

ソールの傷・すり減りが目立ってきた(※画像は分かりやすいように外して見たところ)

もう一つの損耗箇所は本体底面・裏面のソール(足の部分)。M590のソールは、底面の前方に円形が2箇所、後方に半楕円形が1箇所。傷や磨り減りでマウスの滑りが少し悪くなってきたような気がする。

底面ソールの消耗は光学式マウスの宿命!本格的に滑りが悪くなってきたらソールの付け替えに挑戦してみる予定。ソールは単に糊付けされているだけなので取替可能(高さ・サイズなどが合うものを見つける必要があるけど)。

当初は軽すぎると思っていたホイールは、1年半以上も使っているとすっかり慣れて使いやすくなってしまいました(≧∇≦)b
手に馴染んだので、保証期間を過ぎて故障したら2個目をリピート購入する予定です。
消耗品のマウスはDIYで延命しつつ2年くらいもってくれれば上々だと思います。1年以内に壊れるものも珍しくないですもんね。頑張れM590!

まとめ

4.5

サブPCがLinuxで「Logicool Flow」は未使用ですが、単純に無線の静音マウスとして使いやすい上に、2台のデバイスを一つのマウスで扱えるというのが意外にもすごく便利で、自分的には大当たりな買物でした。

ただ、難点はやはりマウスホイールの”軽さ”。Amazonなどのレビューでも結構指摘されていますが、本当にちょっと軽く触れただけで回るのでスクロールしやすくはありますが、「間違ってスクロールしやすい」とも言えるため、慣れが必要な印象です。

2ヶ月程度使っていると慣れて誤操作は少なくなりましたが、マウスホイールの上下スクロール機能で繊細な操作が必要な作業・ゲームなどには向かないかもしれないので注意です。

【追記】マウスホイールの軽さは1年以上使って慣れてしまうと、逆に「軽くて使いやすい」といった感じになり悪くない印象です。
しかし、「慣れが必要」というのは導入のしやすさにおいて減点でしょう。

「クリック音が静音」以外にこだわりもないので消耗品のマウスはもっと安いものを買うことも多いですが、3000円~4000円のほどほどな価格帯で「静音・多ボタン・マルチデバイス・USB/Bluetooth接続」と多機能な製品を探している人にはおすすめできるマウスだと思います!

左右ボタンが静音クリックでない以外はほぼ同仕様でちょっと安い「M585」も選択肢になると思います。

USB×2での接続/予備に使える単品のUnifyingレシーバー。

コメント

タイトルとURLをコピーしました