【レビュー】コスパ抜群!ブラウンオーラルBの互換替えブラシの使用感想

パッケージ表側

愛用している電動歯ブラシ「ブラウン オーラルB」用の互換替えブラシを使ってみての感想・レビュー記事です。

ブラウンメーカー製の純正・正規品替えブラシは1本あたり500円以上と割高なので、低価格でコスパの良い互換替えブラシを活用しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

正規品の替えブラシが高い!

電動歯ブラシ「ブラウン オーラルB」は、手磨きよりも手軽に効率よく歯を磨けるので愛用しているが、純正・正規品の替えブラシがやたらと高いのが玉に瑕。

(記事投稿時点:2019年4月では)基本の「ベーシックブラシ」ですら1本あたり500円以上もするので手を出し辛い。

そんなこんなで、海外製の安い互換品の替えブラシを使い始めたのが3年くらい前。以来、互換品の替えブラシを使い続けているので使用感想などをまとめてみました。

今回のレビュー記事で取り上げている互換ブラシは、正規品の「ベーシックブラシやわらかめ(旧:フレキシソフト)」に相当するものです。

Amazonで2019年2月に購入時の価格は12本セットで「449円(メール便で送料無料)」。1本あたりの価格は約37円!と安かった。

1本あたりの値段は、正規品だと500円以上、互換品だと100円前後くらいとなっているようです(値動きはあると思うので要チェック)。

開封の儀

梱包・パッケージ・装着時の様子などをチェック!

メール便で到着

メール便梱包

注文から5日くらいでメール便にて到着。

パッケージ

パッケージ表側

パッケージの表側

4本入り×3セットの計12本を購入。封筒の中でかさばらないようにだと思うが、セロハンテープで横に並べて留められていた。

(家族で使い分けるための)カラーリングは付属していないが、柄の底部分が「赤、青、水色、黄色」と色違いになっているので、使い分けは可能。

パッケージの種類によってはリングが付属することもあるみたいです。

パッケージ表側にはドイツ語で商品説明が書かれている。互換ブラシとしての型番は「SB-17A」。

パッケージ裏側

パッケージの裏側

パッケージの裏側には英語での簡単な説明書きとイラストが記載されている。

ブラシの毛は「US Dupont Tynex(=米国デュポン製のナイロン)」を使用しているらしい。

デュポン - Wikipedia
デュポン(株) 製品

装着時の様子

装着時の正面

「3Dエクセル Type4736」に装着時の正面

今回購入した互換ブラシも特に問題なく装着可能だった。基本的に「ブラウン オーラルB」シリーズの回転式電動歯ブラシになら対応している模様。

自分が使用している「3Dエクセル Type4736」は、何時買ったのかも思い出せないくらいに古い型(2004~2006年?)だけど普通に使えた。

装着時の裏面

「3Dエクセル Type4736」に装着時の背面

Amazonや楽天などのレビューで装着に関する不具合のコメントなども見かけるので、使用中のオーラルBの型番が対応機種に含まれているか念のために確認しておきたい。

ちゃんと使えるの?

純正・正規品でない互換ブラシを使用する際に心配なのは「正常動作」「耐久性」「ブラッシング力」の3点。

要するに「きちんと装着(セット)できて動作し」、「費用対効果的に1ヶ月~2ヶ月くらいは使えて」、「ちゃんと歯を磨けるブラシ性能があるか」ということ。

装着・動作について

装着に関しては、「オーラルB」シリーズのブラシを挿し込む部分の構造は共通しているため基本的には大丈夫だと思うが、あくまでも自分が使用した範囲でしか語れないので微妙なところ。

ブラシの可動部については、3年くらいで互換ブラシ×20本以上を使った限りでは不良品や故障に遭遇していない。

ブラシの回転も純正・正規品と同じ様に動いているので特に不具合はない感じ。

不良品が混じっていたという指摘をAmazonや楽天のレビューでちょくちょく見かけますね。ある程度の博打要素はありそうな気配です。

耐久性について

1日2回、1回約3分くらい使用する頻度だと、大体4~6週間くらいでブラシ本体の汚れが気になるので交換している。

2~3ヶ月くらいの長期使用はしていないが、少なくとも1本あたり4~6週間くらいの使用なら、ブラシの毛が派手に広がったり、回転部分の機構が壊れたりすることはなかった。

替えブラシ1本あたりの寿命は、使用頻度や磨き方によるだろうけど、ざっくり1~2ヶ月程度と考えておくといいかも。

正規品のブラシは3ヶ月が交換目安とされていますが、毎回綺麗に洗ってしっかり乾燥させても、3ヶ月使うと汚れやブラシの痛みが結構あるので、自分の使用感覚だと2ヶ月が限度な感じです。

ブラシ性能

「ベーシックブラシ」と「ベーシックブラシ やわらかめ(旧:フレキシソフト)」の互換品を約3年使った感じだと、ブラッシング性能が正規品に著しく劣ることはなさそうだった。

ブラシや可動部分の作りも特に変なところはなく、正規品と同じ様に動くため普通に磨ける。

かかりつけの歯医者さんで3ヶ月に1回のペースで受けている定期検診では、互換ブラシを使い始めてからも特に歯磨き指導で注意されていない。

総じて、極端に性能が悪いということはないと思う。

ブラシの質感や磨き心地については、自分は気になりませんが、こだわりのある人には正規品との違いが感じられるのかも?

まとめ

自分的満足度:★★★★
  • 1本あたり100円前後かそれ以下の低価格
  • 実用充分でコスパ良好
  • 正規品の方が性能・信頼性的にはベター

約3年くらい互換品の替えブラシを使っていますが、特に不具合もなく、お口の調子も悪くないため自分的にはお気に入りのアイテムです。

信頼性や厳密な性能に重点を置くなら正規品を使うのがベターだとは思いますが、コスパと実用性のバランスを取るなら互換品のブラシも有用だと思います。

互換ブラシのリスト

ブラシの種類が7種類ほどあってどれが何に対応してるのか少し分かりにくいので、以下に正規品に対応している互換ブラシをまとめています。

ベーシックブラシ互換

ブラシの硬さ普通のスタンダード「(型番:EB20)ベーシックブラシ(旧パーフェクトクリーン)」に対応。

やわらかめブラシ互換

ブラシがちょっと柔らかめ(ミディアムソフトくらい)の「(型番:EB17)ベーシックブラシ やわらかめ(旧フレキシソフト)」に対応。

ホワイトニングブラシ互換

歯の黄ばみを落とす「(型番:EB18)ホワイトニングブラシ(旧プロフェッショナルホワイト)」に対応。

歯間ワイパー付きブラシ互換

歯と歯の間をガッツリ磨ける「(型番:EB25)歯間ワイパー付きブラシ(旧フロスアクション)」に対応。

スイングブラシ互換

手磨きに近いかたちで磨ける縦に長めのブラシが付いた「(型番:EB30)スイングブラシ」に対応。

マルチアクションブラシ互換

ブラシの毛先が傾いていて歯の際を磨きやすい「(型番:EB50)マルチアクションブラシ」に対応。

デュアルクリーンブラシ互換

2019年時点だと日本の正規品ではラインナップから外れた(?)、ブラシが上下2連結の「(型番:EB417)デュアルクリーンブラシ」に対応。

本体は高品質で長寿命!

うちの「オーラルB 3Dエクセル」は、買ってから10年以上使っていますが未だに健在!なんでまだ動くのか不思議なくらいですが、そのうち充電池の寿命がくるとは思うので、次もエントリーモデルの充電式オーラルBを買う予定でいます。

ブラウンの電動歯ブラシ本体は、しっかりとした作りで長く使うことができ、信頼性も高く好きです。しかし、電動シェーバーの替え刃と似たよう感じで消耗品パーツである交換用ブラシがやけに高いのがちょっぴり残念!

正規品の替えブラシに割高感を感じている方や、電動歯ブラシは替えブラシが高いので敬遠していた方におすすめできそうなコスパ良好の互換品ブラシでした!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
家電・デジもの
この記事をシェアする
donpappaをフォローする
スポンサーリンク
となはざな

コメント