本・読書感想

【読書感想/紹介】『the four GAFA 四騎士が創り変えた世界』 著:スコット・ギャロウェイ

スコット・ギャロウェイのビジネス書『the four GAFA 四騎士が創り変えた世界』の読書感想・紹介・レビュー記事です。 過去20年で大きく成長したテック企業4社『Google』『Apple』『Facebook』『Amazon』を、批判的かつ刺激的に分析・考察しています。
0
本・読書感想

【読書感想/紹介】『名画で読み解く ハプスブルク家 12の物語』 著:中野京子

中野京子の書籍『名画で読み解く ハプスブルク家 12の物語』の読書感想・紹介・レビュー記事です。 中世~近代欧州を舞台に600年以上続いたハプスブルク家。そこで繰り広げられた血みどろの物語が、12の名画を糸口に解説されています。
0
本・読書感想

【読書感想/紹介】名作SF小説『幼年期の終わり』 著:アーサー・C・クラーク

アーサー・C・クラークの長編SF小説『幼年期の終わり』(光文社古典新訳文庫版)の読書感想・紹介・レビュー記事です。 未熟な時期を終えて新たな一歩を踏み出そうとする地球と人類。その進化と結末を壮大なスケールで描いた名作SF小説です。
2021.01.20 0
本・読書感想

【読書感想/紹介】短編集『実験的経験』 著:森博嗣

森博嗣の短編集『実験的経験 Experimental experience』の読書感想・紹介・レビュー記事です。 「タイトルに偽りなし」な本当に実験的なショートショート集です。思考が凝り固まって巡りが悪くなっている時に読めば、ちょっと頭が柔らかくなるかもしれない。そんな面白い本でした(≧∇≦)b
0
本・読書感想

【読書感想/紹介】『ZOKURANGER』 著:森博嗣

森博嗣の連作短編集『ZOKUDAM』の読書感想・紹介・レビュー記事です。 ますます不思議になったZシリーズの3作目は、妄想が炸裂する戦隊ヒーローものパロディ!
0
本・読書感想

【読書感想/紹介】長編推理小説『改訂完全版 斜め屋敷の犯罪』 著:島田荘司

島田荘司の長編推理小説『斜め屋敷の犯罪』の読書感想・紹介・レビュー記事です。 人里離れた極寒の地に斜めに傾けて作られた奇妙な館。そこで起きる密室殺人事件に探偵・御手洗潔が挑むシリーズ第二弾。
0
本・読書感想

【読書感想/紹介】名作SF小説『夏への扉』 著:ロバート・A・ハインライン

アメリカの作家「ロバート・A・ハインライン」の名作SF小説『夏への扉』のレビュー・感想・紹介記事です。 タイムトラベルSFの古典的作品で、「ドラマあり、冒険あり、ミステリーあり」と楽しく爽やかな内容になっています。
2020.12.21 2
本・読書感想

【読書感想/紹介】戦えゾクダム!準備が整ったなら…『ZOKUDAM』 著:森博嗣

森博嗣の連作短編集『ZOKUDAM』の読書感想・紹介・レビュー記事です。 Zシリーズ第二弾は、巨大人型ロボットと怪獣!…、の決戦が実現するまでの準備を楽しく緩く描いたお話。
0
本・読書感想

【読書感想/紹介】動物エッセイ『生き物の死にざま』 著:稲垣栄洋

稲垣栄洋の動物エッセイ本『生き物の死にざま』の読書感想・紹介・レビュー記事です。 29種の動物の死に様を情緒豊かに綴った独特のエッセイ。合う人にはすごく好かれそうだけど、合わない人には結構しんどそうな、そんな本でした。
0
本・読書感想

【読書感想/紹介】『ZOKU』 著:森博嗣

森博嗣の変わり種なミステリー(?)短編集『ZOKU』の読書感想・紹介・レビュー記事です。 昭和時代の子供向けアニメに出てきそうな「正義と悪の組織」の戦いを、ちょっぴり現実的で、いささか不思議で、意外に面白くて、充分に楽しく描いた、フワフワ・サクサクな読感の怪作でした。
0
本・読書感想

【読書感想/紹介】長編本格ミステリー『占星術殺人事件 改訂完全版』 著:島田荘司

島田荘司の長編本格推理小説『占星術殺人事件 改訂完全版』 の読書感想・紹介・レビュー記事です。 迷宮入りから40数年が経った猟奇的事件の謎に名探偵・御手洗潔が挑む「御手洗シリーズ」の1作目です。
0
本・読書感想

【読書感想】推理小説『神様が殺してくれる』 著:森博嗣

森博嗣の長編推理小説『神様が殺してくれる』の読書感想・レビュー・紹介記事です。 しばらく森先生のミステリー作品から遠ざかっていましたが、久しぶりに読んだ本作は「しっかり推理モノ」&「どこか神秘的なミステリ」でもあって、お気に入りの一冊になりました!
2020.11.23 0
本・読書感想

【読書感想/紹介】長編推理小説『駆け出し探偵フランシス・ベアードの冒険』著:レジナルド・ライト・カウフマン

1906年に発表されたレジナルド・ライト・カウフマンの長編推理小説『駆け出し探偵フランシス・ベアードの冒険』の読書感想・紹介・レビュー記事です。 舞台は19世紀末のニューヨーク。「ヘマして、泣いて、恋をして、毒づいて、事件を解決する」へっぽこ美女探偵フランシス・ベアードの冒険譚です。
2020.11.23 0
本・読書感想

【読書感想/紹介】本格ミステリ短編集『犯罪ホロスコープI 六人の女王の問題』著:法月綸太郎

著者と同名の探偵作家「法月綸太郎」が登場する本格ミステリ短編集『犯罪ホロスコープI 六人の女王の問題』の読書感想・紹介・レビュー記事です。 星座とギリシャ神話にまつわる事件を描いた6つの短編が収録されています。
2020.11.23 0
本・読書感想

【読書感想/紹介】『怖い絵 死と乙女篇』 著:中野京子

西洋絵画の「怖い」に焦点を当てた中野京子の美術書『怖い絵 死と乙女篇』の読書感想・紹介・レビュー記事です。 「怖い絵」シリーズの3作目となる本作には、怖さを秘めたり湛えたりな15世紀~20世紀の西洋絵画22点が取り上げられています。
0
本・読書感想

【読書感想/紹介】青春×ミステリー×サスペンス『もえない』 著:森博嗣

森博嗣の長編ミステリー『もえない』の読書感想・紹介・レビュー記事です。 亡くなったクラスメートが残した遺品と手紙の謎を探る少年の物語。「青春×ミステリー×サスペンス」な雰囲気を楽しめる一冊でした。
0
本・読書感想

【読書感想/紹介】『怖い絵 泣く女篇』 著:中野京子

「怖い」にスポットライトを当てて西洋絵画を解説した中野京子の美術書『怖い絵 泣く女篇』の読書感想・紹介・レビュー記事です。 「怖い絵」シリーズの2作目となる本作では、15世紀~20世紀の西洋絵画22点が取り上げられています。見るからに怖いものから、知ることでゾッとものまで色々楽しめました。
0
本・読書感想

【読書感想/紹介】本格ミステリ短編集『犯罪ホロスコープII 三人の女神の問題』 著:法月綸太郎

著者と同名で探偵作家の主人公「法月綸太郎」が登場する本格ミステリ短編集『犯罪ホロスコープII 三人の女神の問題』の読書感想・紹介・レビュー記事です。 黄道十二星座とギリシャ神話をモチーフとした6つの短編が収録されています。
0
この記事をシェアする
タイトルとURLをコピーしました